ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > ナルシスト系ストーカーとは
公開日: 2024/05/14
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2024/05/14

ナルシスト系ストーカーとは

Category: 探偵用語 Tag:

ナルシスト(narcissist)系ストーカーは、ナルシスト的な特徴を持つ個人がストーカー行為を行うタイプを指します。

このようなストーカーは自己中心的であり、自己の優越感や支配欲を満たすために他人を追いかけ、監視し、嫌がらせを行います。

彼らは自己中心的な関係を追求し、被害者を支配下に置こうとする傾向があります。

ナルシスト系ストーカーは被害者に対して心理的な苦痛や恐怖を引き起こすだけでなく、プライバシーを侵害し、社会的・職業的な妨害も行う可能性があります。

被害者は早期に警戒し、サポートを求めることが重要です。

髭を生やしたとハットを被った探偵イラスト

監修者:山内 和也2024年5月14日更新

ストーカーや嫌がらせの調査経験は15年以上。追跡や監視、証拠収集などあらゆる手法を駆使して、ご依頼者の安全と安心を保証する。どんな困難な状況にあっても、一緒に問題解決に向けて取り組んでいく覚悟に満ち溢れている。

⇒ 監修者ページ

1- ナルシスト気質の人の具体例

ナルシスト

ナルシストには大きく4つのタイプに分けられます。

  • 自画自賛の自己陶酔タイプ
  • 他人に傲慢な自己優位性タイプ
  • 自分が権利をもつために周囲を搾取するタイプ
  • 自己権威欲のために周囲にリーダーシップを発揮するタイプ

他人との差異により自己第一主義傾向がある人

多かれ少なかれ、他人を軽蔑したり他人が堕落したり、他人が評価が低くなったり恥ずかしめられたり過ちをおかすような自己尊厳の低下になることが、自らの自己愛をより深める原動力とします。

他人よりも自分の優位性が顕著であったり、他人の自分にたいする特別感が感じられない場合、他人から見ると関わりにおいて厄介な存在となります。

自己愛が満たされないと怒りや攻撃で相手に向かうようになるからです。

たとえば、学校のクラスで仲良くなった子との会話は自分のことばかり話す人はいませんでしたか?

自分中心であり、他人の欲求は自分以下とみなす傾向にあるのがナルシスト気質です。

また暇さえあれば、いつも鏡ばかり見ているのもナルシスト傾向と言われていますね。

他には、「特別な扱いを自分は受けて当然」と態度に出ている人などもナルシストとして分かりやすいでしょう。

2- 育ってきた環境によって異なるナルシスト

ナルシストとは、一見同じタイプであるものの実は育った環境によってまったく別のナルシストを形成します。

まず、生まれ育ちが周囲に愛されて何の障害もなく生きてきた場合です。生まれつきのいわゆる天然の自己尊厳心が強く、自分を愛するタイプです。

それとは逆に、生まれ育ちに周囲との軋轢などで問題があった場合です。

自己否定するような生き方をしてきた場合に、自己防衛の意味で鎧をつけるように自己プライドを高くすることにより、自己安堵感を高めようという心の反作用傾向にあるナルシストタイプもいます。

前者は、どちらかというとポジティブ思考でありますが、後者はネガティブ思考の末にナルシストになることで自己防衛をしていますので、前向きな心理作用ではないかもしれません。

過去のトラウマや悲しい出来事が強く性格形成に影響しているための自己防衛であるとみると、ナルシスト気質の人も本来あるべき姿ではないのかもしれません。

3- ナルシスト系ストーカー関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談