騒音調査関連記事

Noise

ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音被害を解決させるには専門的な調査が必要です!
公開日: 2022/03/01
騒音調査関連記事
 公開日: 2022/03/01

騒音被害を解決させるには専門的な調査が必要です!

耐えられない!騒音問題を解決したいけどどうしたらよい?

騒音が続いたことによって心のダメージはどんどん蓄積されていきます。騒音被害の解決にはどんなことが必要なのでしょうか? 半端な知識で騒音を解決することはできません。つまり、求められるのは専門的な知識を持ったプロに力を借りることです。

騒音の嫌がらせを解決したい!│目次

専門家
騒音被害相談
2022年3月1日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、騒音被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

6割以上の人が「騒音」に悩まされている

騒音を解決しよう

集合住宅では約8割

環境庁が発表した騒音・振動の状況調査報告によると、近隣からの騒音による迷惑を受けたと回答した人は全体の6割を超えており、半数以上が騒音に悩まされていることが分かります。

また、近隣騒音による迷惑を受けたと回答した人を住居の形態別では、集合住宅の在住者が約8割いることから、特に集合住宅の入居者は近隣騒音に悩まされているという実態があります。

知らぬ間に騒音を出している場合も

騒音の原因として、主なものとして、声や足音、ドアの開け閉めなどの生活音、家電やテレビからの音などです。これらは生活していくうえで欠かせないことから、気が付かずに迷惑をかけている入居者もいるのが現状です。

そのため、不特定多数の入居者が生活する集合住宅は、騒音に関するトラブルが発生しやすい傾向があります。また、、一戸建てであっても、都市部においては、隣家との距離が短く、集合住宅同様の騒音トラブルが起こりがちです。

騒音による健康被害

人によって異なる「被害」

何らかの音でも「騒音」だと感じてしまうと、その後は継続的にストレスになってしまいます。どこからが「騒音」とするかの線引きは非常に難しい問題です。

同じ音量でも、その内容や時間帯によってもストレスの度合いは違ってきます。また、人によって感じ方が違うことからも、一律の基準を設けることは簡単ではありません。

よって、近隣トラブルなどの騒音については、全国で統一された規制ルールは存在しません。

大きな病につながることも

しかしながら、普段の生活で騒音が続いてしまうと日常の平穏が破壊されてしまいます。そして、それが引き金となって、聴力や脳機能の障害、頭痛、進行してしまうと、そのストレスが自律神経失調症や精神疾患を誘引してしまうこともあります。

些細な我慢が大きな病を引き起こすことを考慮し、できるだけ早期に、対策を考えることが必要です。

騒音の原因を突き止める

その騒音が“嫌がらせ”である場合も

嫌がらせ目的で、騒音を意図的に出し、ターゲットの人物を追い詰める手法があります。この場合、加害者の特定を困難にするために、不特定多数の加害者が入れ代わり立ち代わり、騒音を出すため、個人での対応は非常に厳しいといえます。

あらゆる角度から原因究明

当事務所など、探偵・調査会社に依頼することで、騒音計による測定のみならず、張り込みや聞き込みによる調査を並行し、その騒音の原因や加害者の特定を通じて、警察や管理会社、自治体などに被害を証明できる調査報告書を作成することが可能です。

また、その騒音が嫌がらせ目的であった場合、弁護士を通じて損害賠償請求も可能となります。

騒音の嫌がらせを解決させるには

根本的な解決は専門知識が必要

騒音被害の解決は、専門知識が無ければ困難です。なぜなら、騒音の種類は一般的に知られているものよりもさらに多く、騒音の原因の特定や対処手段も音の種類ごとに解決方法が異なるからです。

騒音と嫌がらせの関係

騒音被害や嫌がらせを解決させたいけど、自分にできることがわからない。そういったお悩みに応えるべく、Q&A形式でまとめました。

Q

故意に騒音を出す理由とは

A

「おはじき」という嫌がらせの可能性があります。騒音を出すことで、ターゲットを住んでいるエリアから強引に引っ越しをさせて、引っ越し先でも騒音被害を起こして、経済的・精神的にダメージを与える手法の一つです。ターゲットをここに住まれては都合が悪いという加害者側の都合で起こしています。

Q

夜の騒音対策に効果的な防御策はありますか?

A

簡易的な対策としては、耳栓とイヤーマフはおすすめです。遠隔で音を伝える騒音被害でも、イヤーマフを付けて7割の音を遮断したと報告もあることから、静かな空間を作りたいときはイヤーマフを利用すると良いでしょう。深夜の騒音で睡眠妨害がある場合は、耳栓を付けて寝ると音を遮断されるので朝まで眠れる効果が期待できます。

もしも、自分で対策することが難しい場合は、私ども専門チームにお問い合わせください。

騒音問題の解決サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、騒音調査について知ることから始めましょう。

騒音調査相談フォーム

騒音調査について詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop