騒音調査関連記事

Noise

ホーム > 騒音調査関連記事 > 騒音被害に遭ってしまった時に取るべき対策
公開日: 2022/03/17 最終更新日: 2022/08/24
騒音調査関連記事
 公開日: 2022/03/17 最終更新日: 2022/08/24

騒音被害に遭ってしまった時に取るべき対策

毎日の騒音をどうにかしたい!

騒音被害に苦しんでいる場合、防音材などで自衛するのも対策の一つですが、騒音トラブルを当事者同士で解決を試みることは、嫌がらせ行為のエスカレートや、感情的になることで傷害事件や殺人事件に発展するケースも、現実に起きています。

その多くは「騒音を注意・警告したことへの逆切れ」によるものであり、騒音の加害者に直接、苦情や警告をすることは、非常にリスクが高いといえます。そうした事態を避けるには、騒音の調査結果など、証拠を示した上で、管理会社や警察、自治体などに相談して間接的に警告してもらう必要があります。

騒音対策の方法は?│目次

騒音被害

専門家
騒音被害調査
2022年3月17日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、騒音被害でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

騒音被害の対策・・・自分にできる方法は?

必ず「第三者」を介すること

平和的に解決するには騒音の加害者に対して、管理会社などを通じて、苦情を伝えることが、その第一歩となります。騒音の加害者が「自分が騒音を出していることに気付いていなかった」など、相手が素直に認めてくれれば解決は難しくありません。

一方、相手が「身に覚えがない」「大きな音は出していない」など聞き入れない場合は発生している騒音を測定し、証拠を提示するなどの対応が必要になります。

話し合いで決着しない場合

両者の話し合いで解決しない場合、警察などに相談し、協力を要請することも、騒音問題解決に向けては有効です。受忍限度を越えた騒音が発生している場合は、警察に連絡すると注意してくれる場合もあります。

警察の制止を聞かずに騒音を出し続けた場合は、軽犯罪法違反となるため、警察が介入したという事実が重要です。警察から注意された後にも騒音を発生させれば、迷惑防止条例違反適用される場合もあり、警察が強い対応をする可能性が期待できます。

法的手段に訴えるには「証拠」が必須

損害賠償請求も可能に

訴訟を検討することも、騒音トラブル解決に向けては有効です。裁判をする場合、民放上の不法行為が根拠とする民事訴訟となります。

近年では差し止め請求が認められるだけでなく、損害賠償請求についても認められる判例も増えてきています。法的な手段をとる場合、客観的な被害の証拠が必須となります。

騒音被害に苦しむご依頼者に寄り添います

当事務所の嫌がらせ相談窓口では、騒音被害に苦しむご依頼者に寄り添い、騒音計などを用いた実地での張り込み調査などで、その原因や加害者の特定を通じて、警察への相談や、損害賠償請求を可能とする証拠の確保はもちろん、ご依頼者が平穏な生活を取り戻すまで、お手伝いいたします。

騒音被害解決サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。

また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、現状について相談することから始めましょう。

騒音被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、騒音被害の内容、騒音被害に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop