集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 町ぐるみなのか?組織が関与しているのか?│嫌がらせ相談
公開日: 2021/05/10
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/05/10

町ぐるみなのか?組織が関与しているのか?│嫌がらせ相談

近所で自分の風評被害があったり、住まいの地域だけでなく職場や学校でさえ、嫌がらせを受けており身に覚えのない理不尽な出来事に悩む方は少なくありません。嫌がらせにはある種の共通があります。いくつか事例を挙げますので当てはまる方は参考にしてみてください。但し、ママ友で孤立している場合、特定の人物以外は嫌がらせがなければ個人的な場合もあります。

目次|地域で受ける嫌がらせ相談

地域で遭遇する嫌がらせ「ママ友孤立」

ママ友孤立化のワケ

高齢出産のために同じママ友でも周りのママの年齢が大きく差があるために、なかなかなじめないという理由もママ友から浮いてしまうことがあります。

年齢だけではなく年齢が近いママ友でも近所の中で孤立化するケースが最近多くなっています。どのような場合に孤立化するか見ていきましょう。

  • 根も葉もない噂話をされる。
  • 無視される。
  • LINEのグループで自分だけ拒否されている。
  • 性格的に合わない部分が見えてきた。

活動に参加していると、思わぬ風評被害や言った言わぬの世界になることがあります。またひとりボス的な立場の女性がいる場合、皆が従うような状況があるところはその場では合わせつつも理由をつけて少しずつ離れるなどして距離を置いたほうが、後々面倒な付き合いに巻き込まれる必要もありません。

「子どものため」という観点から、どうしても視野が曇ってしまったり無理なお付き合いを重ねてしまいますが、大事なのは子どもの当人同士のお付き合いです。大人同士まで真剣にママ友付き合いに発展するのは自然な成り行きならともかく、無理が伴うのであれば本末転倒でしょう。

仲がいいはずなのになぜ仲間外れになるの?

仲良くなりすぎると相手の良いところと、自分とは合わないところも同時に見えてくるのでしょう。相手の良いところよりも合わないところや何気なく口にされた思いやりのない言葉を言われショックになることもあるようです。お互いに子育てや育児で疲れているところに地域活動の押し付け合いなどで軋轢が生じる場合があるそうです。

その場合には他人への思いやりや気配りは忘れずに、自分には無理と思われることや理不尽と感じることはきちんとお断りするのが最適です。

相手に振り回されそうな状態なら自分軸を平常心で保ち他でも憩いの場所や人を見つけ活動をひとつだけでなく分散しましょう。そうすれば「あの人あなたのことこういう風に言っていたけど、本当?」などと第三者の立場からヒアリングしてくれる人が出てくるはずです。

地域で遭遇する嫌がらせ「集団ストーカー」

なぜかこちらの動きを知っている人たち

ある時期から急に近所の人たちだけでなく、行く先々で人や車や自転車などでどうやら自分が移動する先でタイミングよく人がよくいるなと思うことがあります。集団ストーカーに遭遇する初期の兆候として2パターンあります。

1つ目は集団ストーカーをしていると分かりやすく被害者に伝えるために、大人数で明らかに異常な状況を工作する方法です。2つ目は集団ストーカーをしていることを被害者に知らせないようにこっそり行い、被害者の方が気づかない状態にします。

被害者が今までと何か違うおかしな状況が起きだしていることを感じたとき、集団ストーカーをしていることを突然仄めかしてきます。前者は被害者を最初から錯乱状態に追い込むためです。後者は被害者本人が気づかないいくつかの不幸を体験させ、精神的に疲弊させ、集団ストーカーをしていることを本人に告げることで恐怖をあおっています。

どちらも悪質なやり方といえるでしょう。

自宅から離れても知らない誰かがスタンバイ

集団ストーカーをされていると不可解に思うときは、近所だけではなく遠出をしてもどこへ移動しても電磁波攻撃をしてくるといった当人しか感じえないことをされているときのようです。集団ストーカーはあくまでさりげなくしてきますが、被害者が通行するタイミングでスマートフォンに何か入力している場面にしばし遭遇したりします。

また何か不審なほど数メートルおきに人がいるとか、道路の通行上に自分ひとりしかいないという状況が最近ない場合も注意してください。自宅前付近で人や車の往来が以前にもまして激しいと思うのも集団ストーカーに関係している可能性もあるかもしれません。

地域で遭遇する嫌がらせ「宗教勧誘お断り」

宗教勧誘を断わった後から様子がおかしい

よくある話の上位に挙がるのが次の例です。仲良くなった近所の人に宗教勧誘をされ何度もお断りした結果、もしくは宗教団体から脱退した場合に、近所の人などから根も葉もない噂をたてられたり、家の前にゴミが頻繁に置かれてるようになったりする話です。

また家の前の交通量が多くなり、以前にくらべて騒がしいと感じるようになったというのも集団ストーカーに遭遇している可能性があります。ポイントはひとりにしかお断りしていないはずなのに、なぜか近所や地域絡みで嫌がらせを連携して行っているように見えるということです。

調査してみない限り真相は分かりませんが、集団ストーカーが行われている場合は主犯や副犯がいて、さらにその指示に従って行動している人たちの相関関係があります。そして厄介なのは被害者当人でないと被害状況がよく分からないのです。

宗教勧誘をお断りする以前に宗教勧誘をしてきた人物と親密にしていた人や心当たりの人物がいないかどうか、記憶の整理や周囲を観察してみましょう。

嫌がらせ行為が誰なのか分からない

記憶の中を整理してみても周囲の人間関係マップがよく分からないということや、被害の程度によって頻繁にゴミが置いてあったり敷地外の人の出入りがやたらと多いだけでは誰がしたのか事実関係が分からないことがあります。

ゴミが勝手に捨ててある場合は、証拠として毎回写真撮影をしておくことをお勧めします。この段階では警察に相談しても警察が動いてくれることはほとんどありません。

警察が動いてくれるのは現行犯逮捕ができるときになります。誰がゴミを捨てていったのかなどを調査するのは公安が認定している探偵になります。ただし、探偵も当たり外れがあることは否めませんので電話できちんと腕前の程を判断してからでも遅くはありません。

地域で遭遇する嫌がらせは組織が関与している可能性

自分に及ぶ規模が広い気がする

被害によっては、近所だけではなく地域全体で自分にたいして被害範囲が広いと思う方もなかにはいらっしゃいます。逆に嫌がらせをしてくる人は、「自宅の近くの人で大体決まっているように思う」という方もいます。

とはいえ、仮に集団ストーカーに遭遇している場合には後者の方は気づかないだけで通勤や近所の散歩など含めてマークされている可能性もあります。電磁波攻撃を受けていない方は集団ストーカーに遭遇していることになかなか気づきにくい傾向があります。

その場合、被害規模は小さいもののいずれテクノロジー犯罪が始まる可能性もあるので、放っておかずに証拠収集の経験がある探偵に依頼しましょう。

多くの人が関わっているのはなぜか

近所だけではなく住居付近の地域全般や通勤通学経路、会社や学校まで人の様子がおかしいと思われることがあるかもしれません。集団ストーカーは宗教団体の信者で団体より無償で依頼や指示があり行っている者、金銭授受してバイトや本格的な仕事として請け負っている者もいます。

そのなかには探偵業もいるといわれています。さまざまな構成員がさまざまな事情であなたが行動している間、監視連絡をしているため不審な気がするのは実は気のせいではないかもしれません。

嫌がらせ集団を逮捕できる可能性はある?

集合的サイコパス 考察

あなたは思うかもしれません。地域の人がなぜ自分にたいして嫌がらせをしてくるのか、また宗教団体がどうして集団ストーカーをするのか、と不思議に感じるでしょう。たとえば嫌がらせは、ターゲットをつくる人、お金儲けをする人、指示する人、実行する人、利用されている人、副業としている人などいます。

この場合、利用されている人がいるからその人は一般的には悪くはないのではないか?という疑問が生じるかもしれません。ここで集合的サイコパスに集団ストーカーを当てはめてみてみましょう。まずサイコパス(psychopathy)とは反社会性パーソナリティ障害のことで、色々と定義はありますが自分の欠点を棚にあげ人の欠点を誇大風評したり冷酷な考えをします。

また集合的サイコパスとは、ひとりがサイコパスの気質でない場合には逮捕できなかったのが、サイコパスが悪化した組織が対象とされることで、全体の人員を全員逮捕できるというものです。

ただこのカラクリは一見便利な反面、社会全体に及ぶ場合に自分自身も裁きの対象に含まれるということになり大きな波紋を呼んでいます。しかし近未来の世界では、集団としてのサイコパスの計測というのが組織犯罪の反面教師として導入されることもあるかもしれません。

カルト宗教の本質

サイコパスにはもうひとつの特徴があります。集団や結社化することで絆を深め裏切者には容赦なく罰を与え、年功序列で我が身の安泰を計る思考のことです。これは感情が希薄で倫理思想中心の場合に現れる特質的傾向であるために組織の上層部に多い発想形態になると言われてはいます。

しかし、一般的な組織上部の考え方と違うのは、感情が平板化もしくは極端なふり幅で他者排斥の冷徹な思考となり、裏切者に罰を与えるという極端な思考を持っているということです。

これは一般組織とは違いますね。退社するものに罰を与えるというのは通常の企業ではこのような考えを持ち合わせないです。ストイック的主張を最もらしく体系化するあたりがサイコパス気質といえるでしょう。この発想こそが嫌がらせ集団の核をなすものになります。

逮捕できるかどうかはこれからの時代の変化によるといってしまえば元も子もない話ですが、逮捕というよりも社会変動のなかで宗教法人の所在による背景刷新があれば集団ストーカーそのものがなくなっていく可能性があります。

そのためにもサイコパスが持っていない感情(もしくは芝居がかった度が過ぎた感情表現)やその下の人たちが共有している鬱陶しい制圧をあなたもまたとらわれることがないことが前提です。正常な感情を持っているということは有機体の人として完全ではないでしょうか。希望を持ちご自身の感情の平板化を壊していきましょう。

真実を知らなければ何も変わらない

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop