探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > スマホのハッキング体験談-夫からの束縛を受けた40代女性
公開日: 2020/03/28
探偵ニュース
 公開日: 2020/03/28

スマホのハッキング体験談-夫からの束縛を受けた40代女性

スマートフォンの監視技術は進化しており、現在ではスマートフォンを監視され、プライバシーを侵害されるケースが増えてきています。本ページでは、スマホハッキングについての解説と、夫からスマーフォンをハッキングされ、激しい束縛を受けた女性の体験談についてご紹介いたします。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
スマホハッキング調査レポート!

ご依頼者様
40代 (女性)

夫からスマートフォンをハッキングされた!

スマホハッキングについて

代表的なハッキング行為と罰則

代表的なハッキング行為
  • 個人のネットワークに忍び込む(フィッシング)
  • 不正に改ざんしたサイトやメールなどを用いて、アクセスしてきた個人のネットワークへ忍び込み、ID・パスワード、カード情報などを盗むという手口です。また、中には悪質なプログラムが仕組まれたフリーソフトなども存在します。 Webサイトの改ざんなどもフィッシングとされ、ハッキング行為の一部とされています。 ショルダーハッキング SNS等にログインする際の、相手のキーボード上の動きを背後から見て、パスワード等のアカウント情報を盗むという原始的な行為も、フィッシングに含まれるハッキング行為とされています。

  • サーバに負荷をかけてサービスの停止に追い込む
  • Webサーバに大量のデータ(リクエスト)を送り、処理能力に膨大な負荷をかけることでサーバを停止させる行為です。はじめから悪意を持ってサービスの停止に追い込む行為は、より攻撃性の高いDDos攻撃(Distributed Denial of Service attack)と呼ばれることもあります。

  • ロギング
  • セキュリティの甘い部分を攻撃し、通信記録や購入履歴を一定期間記録する行為をロギングと呼びます。記録を保存することで『誰が何を購入した』、『どこに商品を送った』などの情報を抜き取り悪用(住所を割り出すなど)する行為などがロギングです。

  • 脆弱な箇所を攻撃する(DoS攻撃)
  • ネットワークへ侵入したのち、システム内に悪質なプログラムを仕組み、データの盗み出しやシステムの破壊などを行います。

スマホハッキングで該当する罰則

スマートフォンのハッキング行為は、「不正アクセス禁止法違反」に該当する犯罪です。

  • 不正アクセス行為にあたる場合
  • 他人のID・パスワードなどを不正に入手してコンピューターシステムへアクセスすると、不正アクセス行為として3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる場合があります。


    第十一条 第三条の規定に違反した者は、三年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

    参考資料:不正アクセス行為の禁止等に関する法律第11条

  • 不正アクセス準備行為にあたる場合
  • ID・パスワードを不正に要求したり保管したりすると、不正アクセス準備行為として1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。


    第十二条 次の各条のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    第四条 他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止

    第五条 不正アクセス行為を助長する行為の禁止

    第六条 他人の識別符号を不正に保管する行為の禁止

    第七条 識別符号の入力を不正に要求する行為の禁止

    参考資料:不正アクセス行為の禁止等に関する法律第12条

スマホハッキング調査レポート

夫からスマホハッキングを受けた40代女性

女性
ご依頼者様: 42才/女性 会社員
ご依頼内容: スマートフォンをハッキングされたかもしれないから調べたい
ご依頼理由: 夫が私がどこで何をしているのか把握しており、その証拠が欲しいため
相談レポート:

夫からスマートフォンをハッキングされています。夫とは結婚してから十数年経っていますが、近ごろ衝突が激しく、ことあるごとに喧嘩が起こる生活を送っていました。夫は私が浮気をしていると疑いだしており、私はそんなことはしていないのに、彼の勝手な思い込みで束縛を受けるようになりました。

 

最初は、メールなどで私がどうしているのかしつこく聞いてくるものでしたが、近ごろになってしつこく聞いてくることがなくなった代わりに、なぜか私のしていることがバレているような会話をしてきます。

 

スマートフォンを常に持っているため、そこから情報が洩れていると考えています。機種変しても、しばらくして同じように情報が筒抜けになってしまい、困っています。スマートフォンのハッキングされているという証拠を突き付けて、止めさせたいです。最終的に離婚も検討しています。

調査レポート:

今回のケースの場合、スマーフォンから情報流出と不正アクセスの有無について確認を行う必要がありました。調査にあたり、ご依頼者様からスマートフォンをお預かりし、調査を行いました。

 

スマートフォンのハッキング調査を行うに際し、コンピュータ・フォレンジックを実行し、内部データの不正アクセスの履歴や、情報漏洩の証拠収集を行いました。

 

調査の結果、内部に非表示にした監視アプリを発見し、内部データから夫のスマーフォンおよびパソコンのIPアドレスからのアクセスを確認いたしました。

最終的に証拠を夫に提出。離婚調停を行い、慰謝料の支払いの合意の元に、離婚を成立させることができました。調査から3ヶ月経過後、ご依頼者様から「離婚から夫につきまとわれることもなくなりホッとしています。」という旨のメールをいただきました。

 

失敗しない5つのポイント

早めの相談といかに信頼できるかの見極めが大切

早めに相談しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、スマホハッキング調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、スマホハッキング調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績10000件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「10000件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

スマホハッキング調査料金について

スマホハッキング調査料金のご説明

スマホハッキングの調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。スマホハッキング調査に関して一番重要なのが、「調査したが、なんの情報も得られず調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。何日間も調査して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、日数や難易度による料金の変動は一切ありません。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

スマホハッキング調査相談窓口

スマホハッキング対策をお考えの方へ

スマホハッキング専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず無料相談のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。スマホハッキング対策は、一般的な探偵が行う調査とは少し違いスマホハッキング対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

スマホハッキング攻撃かわからない

加害者の仄めかしかもしれません。スマホハッキング被害に遭っているように「仄めかし」を行い、ストレスによる体調不良かもしれません。スマホハッキングを意識するあまりストレスが蓄積して、体調不良を起こすことは簡単にできます。今起きている被害は、本当に「スマホハッキング」が原因なのか確認することで、見えない不安から解放されますので「決めつけない」で一度プロに調査してもらいましょう。また、他で断られた調査、解決できなかったスマホハッキング特定も歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

スマホハッキング調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop