ネットリサーチ調査解決事例

Net-Research case

ホーム > ネットリサーチ調査関連記事 > ネットリサーチ調査解決事例 > スマホのハッキング解決事例-夫からの束縛を受けた40代女性
公開日: 2020/03/28 最終更新日: 2021/09/23
ネットリサーチ調査関連記事 - ネットリサーチ調査解決事例
 公開日: 2020/03/28 最終更新日: 2021/09/23

スマホのハッキング解決事例-夫からの束縛を受けた40代女性

スマートフォンに搭載された機能が充実していることもあって、現在ではスマートフォンを使っての監視やプライバシーの侵害が問題視されるようになりました。本ページでは、スマホハッキングの解説と、夫にスマーフォンをハッキングされ、激しい束縛を受けた女性の体験談をご紹介しています。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
スマホハッキング調査レポート!

ご依頼者様
40代 (女性)

目次│夫からスマートフォンをハッキングされた!

スマホハッキングについて

代表的なハッキング行為

  • 個人のネットワークに忍び込む(フィッシング)
  • 不正に改ざんした偽サイトやメールにアクセスしてきた人のネットワークに侵入し、ID・パスワード、カード情報などを盗む手口を「フィッシング」と言います。なかには悪質なプログラムが仕組まれたフリーソフトなども存在します。

  • ショルダーハッキング
  • きわめて原始的なやり方ですが、ログインする際、キーボードの操作を背後から覗いて、パスワードなどのアカウント情報を盗み出す行為もハッキングとされています。相手の肩越しにパスワードなどを盗み見ることから、「ショルダーハッキング」と呼ばれています。

  • DoS攻撃(Denial of Service attack)
  • DoS攻撃とは、大量のデータ(リクエスト)を送り込んでWebサーバに膨大な負荷をかけ、個人のサイトや企業のホームページなどにアクセスできないようにしたり停止させたりするサイバー攻撃です。より大容量の負荷をかけ攻撃性の高いサイバー攻撃をDDos攻撃(Distributed Denial of Service attack)と呼びます。

  • ロギング行為
  • セキュリティの甘い部分を攻撃し、通信記録や購入履歴を一定期間記録する行為をロギングと呼びます。記録を保存することで『誰が何を購入した』『どこに商品を送った』などの情報を抜き取り住所を割り出すといった行為をロギングと呼びます。

スマホハッキングで該当する罰則

スマートフォンのハッキング行為は、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律(不正アクセス禁止法)」に該当する犯罪です。

  • 不正アクセス行為にあたる場合
  • 他人のID・パスワードなどを不正に入手してコンピューターシステムへアクセスすると、不正アクセス行為として3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる場合があります。


    第11条 第三条の規定に違反した者は、三年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

  • 不正アクセス準備行為にあたる場合
  • ID・パスワードを不正に要求したり保管したりすると、不正アクセス準備行為として1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。


    第12条 次の各条のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

    第4条 他人の識別符号を不正に取得する行為の禁止

    第5条 不正アクセス行為を助長する行為の禁止

    第6条 他人の識別符号を不正に保管する行為の禁止

    第7条 識別符号の入力を不正に要求する行為の禁止

スマホハッキング調査レポート

夫からスマホハッキングを受けた40代女性

女性
ご依頼者様: 42才/女性 会社員
ご依頼内容: スマートフォンをハッキングされたかもしれないから調べたい
ご依頼理由: わたしがどこで何をしているのかを夫が把握しており、その証拠が欲しいため
相談レポート:

夫からスマートフォンをハッキングされています。夫とは結婚してから十数年になりますが、近ごろ衝突が激しく、ことあるごとに喧嘩になるような生活を送っていました。夫はわたしが浮気をしていると疑っているらしく、わたしはそんなことはしていないのに、夫の勝手な思い込みで束縛を受けるようになりました。最初のうちは、わたしが何をしているのかをメールでしつこく聞いてきたのですが、近ごろはメールをよこさなくなった代わりに、なぜかわたしの行動を全て知っているような話をしてきます。スマートフォンを常に携帯しているので、そこから情報が洩れているのではないかと思い機種変をしたのですが、夫はやっぱりわたしの行動を全て把握しているようでした。もし、わたしのスマートフォンをハッキングしているのなら、証拠を突き付けて、止めさせたいです。たとえ夫でも行動を監視されていたら気持ち悪いので、場合によっては離婚も検討しようと思っています。

調査レポート:

今回のケースでは、ご主人がご依頼者のスマーフォンに不正アクセス(ハッキング)をしているのか、また、ハッキングによる情報流出の有無を確認しました。スマートフォンのハッキング調査では、内部データを解析し、不正アクセスした履歴の確認や、情報漏洩の証拠を収集しました。調査の結果、ご依頼者のスマートフォン内部に非表示にした監視アプリを発見し、ご主人のスマーフォンおよびパソコンのIPアドレスから不正アクセスがあった事実を確認しました。その後、ご依頼者はこちらがお渡しした証拠を基に、ご主人に対し離婚調停を行ないました。ご主人は慰謝料の支払いにも応じ、離婚が成立しました。ご依頼者から「離婚後は元夫につきまとわれることもなく、ホッとしています」という旨のメールをいただきました。

 

スマホハッキング対策

スマホをハッキングさせないための環境作り

スマホは連絡先や住所、写真等など他人の情報も入っています。大切かつ重要な情報が詰まったスマホをハッキングされないようするには事前の対策が必要不可欠です。

freeWi-Fiに接続しない

近年日本でもfreeWi-Fiのスポットが増えてきましたが、誰でも接続できる利便性を狙い、悪意のあるユーザーも入り込んでいる可能性が十分考えられます。freeWi-Fiは暗号化されていないため、あなたがお使いのIDやパスワード、どのようなことを検索しているのかまで簡単に割り出すことができてしまいます。

常にWi-Fiの設定をオンにしている人は要注意です。 freeWi-Fiの中には、パスワードを入力せずに自動で接続してしまうこともあるため、悪意あるユーザーはあえて誰でも接続できる状態のスポットに構えている場合があります。知らない間に悪意あるWi-Fiスポットにアクセスし、そこで通信を行なったことで、大事な情報を盗み取られる危険もあるので、できるだけ外出時はWi-Fiをオフにしておきましょう。

見覚えないのアプリは削除

ホーム画面やアプリ一覧に、見覚えのないアプリがある場合は削除しておきましょう。 不正アプリを用いて遠隔操作をしている可能性も考えられるので、定期的にアプリのチェックをする必要があります。見覚えのないアプリがあったら、悪意のある人物があなたの知らないうちにスマホに触っているかもしれません。そのような事態を防ぐためにも、スマホにはパスコードを設定し外出先では極力肌身離さず持ち歩くことが大切です。スマホはあなたの分身・あなた自身であることをお忘れなく。

パスワードを統一しない

スマホにはパスワードをつけたロックを掛けましょう。またパスワードもサイトごとに変更するようにします。設定したパスワードがどれも同じだと、パスワードを見破られたら全てのサイトへの侵入を許すことになってしまいます。また名前や生年月日をパスワードにすると簡単に見破られるので、できるだけ複雑なパスワードの設定をおすすめいたします。

大勢人がいる場所で重要な情報は記入しない

繁華街や電車内など大勢の人がいたり、他人と密接したりしていても不自然でない場所ではパスワードや重要な情報ショルダーハッキングされる危険があります。パスワードを知られるとさまざまなサイトに侵入され、個人情報を覗かれるので十分な注意が必要です。横からは見えない画面フィルム貼るなどで予防することもできます。

ハッキング被害に遭った方は、同じような被害に遭わないようにするためにも、ご自身でできうる限りの対策を施しましょう。ハッキング対策について、さらに詳しく知りたいという方は当社へお気軽にお問い合わせください。

失敗しない5つのポイント

早めの相談といかに信頼できるかの見極めが大切

早めに相談しよう

ご依頼の際は、調査方針と調査プランの2つを必ず聞いてください。問い合わせてみたけれど、どのようにして調査を進めていくのか回答が曖昧だったり、調査プランに自信がなさそうな雰囲気を感じたりしたら、ご依頼した調査の経験値は少ないと思っていいかもしれません。信頼できそうにない探偵社に調査を依頼するのは絶対に避けるようにしてください。経験の浅い探偵社の場合、仮に上手く証拠を入手できても、せっかくの証拠をうまく活用できなかったり、ご依頼者へのアドバイスを誤り、かえって問題をこじらせてしまうようなミスをたびたび起こします。不安だと思ったらご依頼を見送っても構わないので、問題を的確に解決し、納得できるサポートをしてくれる探偵社を選びましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は調査のプロなのだから、どこに頼んでもいいのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得手不得手なジャンルがあり、得意にしている調査以外では、ほとんど実績を残していない探偵事務所がかなりあります。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査の相談をしても有益な回答は得られない場合があるので注意してください。ハッキングに関する調査を依頼したいのであれば、ハッキング調査を専門にしているか、実績のある探偵社を選ぶようにしてください。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵社によっては、事前の相談窓口を設けているところもあります。ほとんどの探偵社がHPにも費用や調査プランを掲載していますが、正式に依頼をする前の相談の段階で「具体的な調査費用」をできるだけ聞いてみるようにしてください。その際、「どのくらいになるかは調査をしてみないとわからない」と曖昧な回答しかしない探偵社は避けたほうがいいでしょう。特にスマートフォンのハッキングなどサイバー系の調査は難度が高いので、調査経験のない(もしくは経験の浅い)探偵社に相談しても、はぐらかされたり、ごまかされたりするかもしれないので気をつけてください。また、なかには「この調査も必要でした」「あの調査もしました」などと言って依頼してない調査を勝手に進め、請求された明細を見たら経費が調査料金を上回っていたというような悪質な探偵社もあるので、「経費込み」の料金体系を明示している探偵社に依頼するのが安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績10000件以上」という探偵事務所のネット広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「10000件も相談実績があるなら大丈夫だろう」と思うかもしれません。しかし、ネット広告には広告宣伝費がかかるため、そのぶんの費用が調査費用に反映され料金が高額になる傾向があります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

調査を依頼しようと思っている探偵社が信頼できるところなのかどうかを探る判断材料の1つに、ご依頼者に対してデメリットやリスクの説明をするかどうかがあります。ご依頼者が「このようにしてほしい」と要望を伝えたとき、担当者が「それはリスクを伴うのでやめたほうがいい」と言い、その理由を説明してくれるような探偵社なら信用してもいいでしょう。むしろ、何に対しても「できます!大丈夫です!」と二つ返事をするような探偵事務社には気をつけたほうがいいかもしれません。

スマホハッキング調査料金について

スマホハッキング調査料金のご説明

探偵社に依頼する際、気をつけなければならないのが、「調査したが、何の情報も得られず調査(期間)が終わってしまった」というケースです。何の成果も得られなかったのに調査に費やした日数分の費用を請求するばかりか、ご依頼者に再調査や追加調査(調査期間の延長)をすすめる探偵社も少なくありません。

それではご依頼者の負担が増すだけです。私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」は、調査日数や難易度による料金の変動はありません。次の章でご案内しますが、調査費用は全て「コミコミプラン」なので、安心してご相談・ご依頼いただけます。

調査料金は全てコミコミです!

風評監視を続けて欲しい オンライン監視サービス月額費用/ 55,000円 (税込)~
ネットストーカー特定したい ネット探偵サービス月額費用/ 100,000円 (税込)~
誹謗中傷の内容確認したい オンライン特定サービス日額費用/ 20,000円 (税込)~
  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

スマホハッキング調査相談窓口

スマホハッキング対策をお考えの方へ

スマホハッキング対策のご相談・調査依頼をお考えの方は、まずは無料相談のご利用をおすすめします。近年では、探偵社に調査を依頼したら、「この調査が必要になった」「あの調査も必要」という理由で、契約書にはない調査を次々と追加されて、当初の見積もりとは大きくかけ離れた料金を請求されるなどのトラブルが多発しています。

その他にも、「調査の内容が不十分」「納得のいく調査をして洩らなかった」など、調査の品質にに関するご依頼者のご不満を耳にすることもあります。スマホハッキング対策(調査)は、一般的な探偵業務とは若干異なり、専門知識と調査経験が必要になります。

探偵であればどこでも解決できるわけではないので、ご依頼の前に無料相談をするなどして、その探偵社にハッキング体策の知識や実績があるかを確かめましょう。

スマホハッキング攻撃かわからない

加害者の仄めかしかもしれません。スマホハッキング被害に遭っているように「仄めかし」を行い、ストレスによる体調不良かもしれません。スマホハッキングを意識するあまりストレスが蓄積して、体調不良を起こすことは簡単にできます。

今起きている被害は、本当に「スマホハッキング」が原因なのか確認することで、見えない不安から解放されますので「決めつけない」で一度プロに調査してもらいましょう。また、他で断られた調査、解決できなかったスマホハッキング特定も歓迎します。

柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

スマホハッキング調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop