探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】ポゼストハンド
公開日: 2021/10/01 最終更新日: 2021/09/21
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/10/01 最終更新日: 2021/09/21

【集団ストーカー用語】ポゼストハンド

「ポゼスハンド”Possessed hand”」は、集団ストーカーで近年、知られるようになった加害方法の種類です。被害者にとって随分タイミングよく加害側が動くと思うことがあるかもしれません。その場合、こちらの頁が該当するかもしれません。

さらに詳しく知りたい

ポゼストハンドの具体例

サイバネティックス・アバターの悪用

2050年までのムーンショット計画で人の身体をAIにつなげることで、人の体験を自分の身体で感覚共有できるシステムをサイバネティックス・アバターといいます。高齢者や障碍者など身体の制限のある人が他での活動を容易にするものとの名目です。

しかし、これを援用してターゲットの意識を他人に設定することによって、脳の電気信号を結んだ人同士で意識・空間状態を共有にすることができる世界です。たとえば、同意識ではなく同空間状態へ意識をリンクさせることによってターゲットが街を散策しているだけで、ターゲットと意識をリンクされている複数の人たちがターゲットに寄ってくる状態になります。

この奇妙な現象を持つサイバネティックス・アバターを援用した同調体験をポゼスハンドと言います。

ポゼストハンドとは?

身体操作に特化した新しい意識管理

人間にはそもそも微弱電流が流れています。そのため脳から体内に発信されている微弱電流の電気信号で人体を意識的に誰もが動かしています。自然な人体回路を、人工的につくりあげることを「ポゼスハンド”Possessed hand”」といいます。

自分だけではなく、他人を動かすこともできます。からくりは、脳が身体に指示を出すために人の身体が動く、これを援用します。たとえば、他人の身体を操作するために他人の脳の電気信号を変化させることができれば思うままに他人を操作できます。

つまり「サイコトロニクス”Psychotronics”」と同じ原理です。サイコトロニクスとは人の心理にたいし、電磁波を用いることで人工的に変化させることができます。これは周波数の波長数によって可能となるのですが、電気信号で脳神経に変化をもたせ脳活動や感情、および言動も操作することができるといわれます。

ポゼスハンドは言葉の上では身体の操作だけです。しかし、いわゆる集団ストーカーの現象として見られるターゲット周辺に集まる多くの他人といった群像意識とは、次のものでしょう。

おそらくサイコトロニクスの精神工学とポゼスハンドの応用工学を用いた心理変更を「共意識感覚」に置き換えることによって、他人をターゲット周辺に行かせる無意識の行動をつくりあげることができるとアピールしたいのでしょうが、そこまでの技術を手に入れているかは不明です。

ポゼストハンド関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop