探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 法律 > 嫌がらせの内容とその時効について
公開日: 2021/10/29 最終更新日: 2021/11/18
探偵wiki - 法律
 公開日: 2021/10/29 最終更新日: 2021/11/18

嫌がらせの内容とその時効について

嫌がらせを受けた被害者は、訴訟を起こして損害賠償請求権があります。しかし適切な対応をして予め準備をする必要があります。そのために必要な知識をご紹介します。

嫌がらせの内容とその時効について│目次

嫌がらせとは?

嫌がらせ行為の内容

特定の相手に対して直接、待ち伏せやつきまといを行ったり、学校や職場や地域、あるいはSNSなどで特定の相手や企業に対して誹謗中傷や否定、根拠のない噂や嘘を公然と流すことが現代では特に挙げられます。

また、特定の人に対して、相手に害を与える仄めかしをするなどして脅迫することです。以上は個人への嫌がらせですが、特定の企業に対する嫌がらせがあります。

業務妨害という嫌がらせで、特定企業の運営妨害をする工作をしてきます。たとえば、新規参入起業にまるで洗礼のように嫌がらせを行う思想の団体もあります。

他に個人や企業に何度も無言電話やクレームの電話をしつこく掛けたりすることも嫌がらせ行為になります。

最近の新しい、嫌がらせ行為は自分が感染者であることを知りながら、わざと他人に感染させるために外出します。そして人にうつす目的で近づく行為が嫌がらせ行為として傷害罪に認定されました。

刑事上の責任(罰則)

刑事上の責任 刑事上の責任

嫌がらせ行為が罰せられる法律

主に、上記で挙げた嫌がらせ行為の内容に沿った刑法が次のようになります。ストーカー規制法、名誉棄損罪と侮辱罪、業務妨害罪、脅迫罪です。これらの刑罰には公訴時効があります。

公訴時効とはこれを過ぎると実質告訴できなくなることです。刑事訴訟法第250条にあるように3年以上10年未満の懲役または禁錮について10年とありますが、嫌がらせ行為は今のところ7年以上はありません。

しかし殺人未遂などと絡むと罪状が重くなります。具体的に見ると恐喝罪は7年、ストーカー規制法・名誉棄損・業務妨害罪・傷害罪は3年、侮辱罪は1年がそれぞれ時効期限となります。

以上のように有罪となったら罰則が科されますのでそれぞれ前科がつくことになります。嫌がらせ行為をばれないからと思って甘くみることで犯罪者になります。

該当の被害者となったら早めに証拠収集や情報開示に関する専門家に相談し、訴訟する機会を逸することなく解決を急ぎましょう。

民事上の責任(損害賠償・謝罪金)

民事上の責任 民事上の責任

加害者がとるべき責任

刑事罰とは別で被害者が精神的な苦痛や肉体的な苦痛、あるいは所有物や金品などの損失損害にたいして、お金を保証することを賠償金といいます。

これを被害者は加害者に請求することができるようになります。精神的苦痛はいかなる犯罪でも共通する被害者が支障をきたす部分になっており代償として精神的な損失の補填としてお金を支払うことになっています。

ストーカー規制法・名誉棄損罪・業務妨害罪・恐喝罪・傷害罪による損害賠償や慰謝料の時効は被害者が損害と加害者の存在を知ってから3年となります。

または被害者が加害を知って(不法行為)から20年になっています。侮辱罪は1年となっていますのでそれを過ぎると訴えることができなくなります。

嫌がらせが起こる原因

最近の嫌がらせの傾向から

嫌がらせ行為の刑罰と民法による損害賠償などを見てきましたが、なぜ嫌がらせが起きやすいか最後に考察します。

SNS上での一見関係が離れているように見えても本音の吐露がSNS上では多いために実態のある人間同士が近くにいるよりもかえって思想や考えを共有することで相手を近く感じます。

そのため書かれていることに人は感情的により反応しやすいといえます。そのため会ったことがない相手でも相手の背景だけでなく、思想や考えに共感したり反感をもったりしやすくなります。

相手に反感をもつと誤解を生んでその気持ちのままで相手の悪感情は積もっていきますので、「アンチ」や毒気づいてきたりします。

相手のIDに顔写真があったらアカウントを秘密に調べてIPナンバー経緯で相手の居場所を調べることが可能です。

ある程度、調べることができ相手の顔も知っていさえすれば後はストーカーすることでターゲットの居場所が特定されます。そのため、以前に比べてインターネット上でのトラブルや訴訟が盛んに行われています。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

嫌がらせにお悩みの方へ

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、嫌がらせについて相談することから始めましょう。

嫌がらせ相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、嫌がらせ被害の状況、嫌がらせ対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop