ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > レリジャスハラスメントについて
公開日: 2023/05/19 最終更新日: 2024/04/17
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2023/05/19 最終更新日: 2024/04/17

レリジャスハラスメントについて

Category: 探偵用語 Tag:

レリジャスハラスメントは、宗教に関連する差別や嫌がらせの形態です。

本記事では、レリジャスハラスメントの定義や具体的な事例を紹介し、被害者が証拠を収集する重要性を強調します。

証拠は被害の立証や対策のために不可欠であり、メッセージやメールの保存、目撃者の証言、書面の保存などが有効な手段となります。

レリジャスハラスメントの撲滅に向け、被害者の権利を守り、包括的な対策の実現に貢献することが重要です。

⇒ 2023年5月19日更新 / 執筆者 / 監修者ページ

さらに詳しく知りたい

1- レリジャスハラスメントとは

レリジャスハラスメント

たとえば、日本では神社仏閣が歴史的に長く根付いています。

神社仏閣は基本的にお布施というのは強要ではなく、個人が決めた感謝の金額を神主に預ける意味を持っています。

そのため特別な祈祷を神主にしてもらうときも「〇千円~」などとしています。

大概1万円からの金額を預ける人が多いですが、建前上、少額の金額から祈祷を承る印象があります。

参拝も個人が自由に決めた小銭を賽銭箱に投じます。

もちろん地域の有力民が背景にいるため神社仏閣を運営できるので、一般参拝者には金額の謙虚さと自由が日本の神社仏閣の根幹を成していることでしょう。

新興宗教や他の宗教の場合

宗教勧誘は、お金の奉仕額によって階級や地域でのランクが決まるなどという認識があります。

宗教に勧誘されないためにお互いに情報交換する習慣があるのは否めません。

それこそがレリジャスハラスメントとして宗教に加入している人から強く偏見として捉えられる要素でしょう。

純然たる信仰のもとに宗教に入っている場合、宗教に勧誘し、お布施を強要しないことを周囲に潔白しない限り、日本においてレリジャスハラスメントがなくなることはないかもしれません。

2- レリジャスハラスメントの事例

宗教の定型作法が嫌われる

日本では宗教が多様性をもち、国民の大半がひとつの宗教を信仰しているわけではありません。

そのため諸外国のように少数の宗教にたいして偏見をもち嫌がらせを行なうというレリジャスハラスメントはありません。

しかし、宗教に加入している国民が多いとはいえないために、宗教そのものにたいする偏見のレリジャスハラスメントはあるでしょう。

とりわけ学校や会社で「あの人は〇〇に加入しているそうよ」「あの人は〇〇を信仰しているそうだから神社仏閣には足を入れられないのだって」などと噂がひとり歩きするのは否めません。

あの人は〇〇宗教信者であるから、おそらくこういう人だろうという先入観をもとに人物像が一方的に決められていきます。

日本では宗教のお布施というものが大変忌み嫌われますので、宗教に勧誘されるというのはお布施(お金をとられる)を強要されるために避けられる傾向があります。

3- レリジャスハラスメントの被害証明

レリジャスハラスメントの被害を証明するためには、以下の方法が有効です。

 

メッセージやメールの保存

差別的な内容や嫌がらせを含むメッセージやメールを保存しましょう。証拠となる場合があります。

 

目撃者の証言

他の人がレリジャスハラスメントの場面を目撃していた場合、その人の証言を得ることができれば有益です。

 

ソーシャルメディアのスクリーンショット

差別的なコメントや投稿をソーシャルメディア上で見つけた場合、スクリーンショットを撮影して保存しましょう。

 

証言の録音

嫌がらせや差別的な発言を証拠として録音することができれば、被害の立証に役立ちます。ただし、法的制約や個人のプライバシーに留意して行ってください。

 

書面の保存

嫌がらせの手紙やメモなど、書面として残された証拠を保管しましょう。

 

これらの証拠はレリジャスハラスメントの被害を証明する際に役立ちます。

被害を証明するためには、可能な限り詳細な情報やタイムスタンプ、関係者の情報などを記録することが重要です。

被害証明のためには、専門家や法的な助言を受けることもおすすめです。

4- レリジャスハラスメント関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談