探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > リストラストーカーにあったら
公開日: 2019/05/20
探偵ニュース
 公開日: 2019/05/20

リストラストーカーにあったら

被害者1人1人の現状や環境も全て異なるため、皆さんがあっている職場での嫌がらせ行為が同じになる事例は少ないかもしれません。だだ、リストラストーカーに関しての嫌がらせ行為に共通のマニュアルがあることやリストラストーカーの組織化(集団ストーカーの加担者になる傾向が高い)されてるいること。どこの職場に行ってもハラスメンと問題、理不尽な仕事の振り分けかたをされるという傾向が続いたとしたら、リストラストーカーの被害に巻き込まれてる可能性があります。

このページではリストラストーカーにあったらどのような対処をするればいいのかお伝えします。

リストラストーカー対策相談窓口

リストラストーカー体質の人はどの職場にもいる

リストラストーカー被害事例

リストラストーカー体質の社員もしくはバイト、パートについてはどの職場に存在します。被害者を評価を下げるために自然のカタチで、法律違反ギリギリの嫌がらせ行為を行うように上司(加担者)から指示されている。いわばリストラへ追い込むプロもいる会社もあるでしょう。一度、被害者にされるとリストラストーカーは仕事やプライベートまでもついて回る厄介者です。

職場内の対策は共通として「問題の社員に近づかないこと」この一言しかありません。

そして、被害者がいつも目線に入るように距離を保ちながら仕事してるので、よほどのスキルがないと、リストラストーカー自身も上司から評価を落としてしまうリスクが生じます。リストラストーカーが部署全体そのものであれば、どんなにミスをしないように工夫しても、必ずミスを指摘される。叱咤される。理不尽な仕事や残業を押し付けるなど、被害者が「自主退職」にするまで、それらの行為が行われます。

リストラストーカーにあった被害者と、ターゲットにされてない社員の違いは、総務はカウンセラーに相談しても「あなたの被害妄想じゃないの?」と取り合ってくれません。他の社員には親身に相談を聞いているのに、被害者には全く聞く耳持たず。このような状況が会社の一部で行われています。

他の社員の目からは「意思が弱い」「みんな同じ環境で仕事してるのに」「サボってるだけ」と誰もリストラストーカーという言葉を知らないし、職場全体がリストラストーカーになってる可能性も考えられるし、別の職場で働いた方が自分の為になるのではないかと思うようになり、自主退職する方向に動いてしまう背景があるのです。

リストラストーカーにあったら

リストラストーカーの構造

転職が多い人ほど、リストラストーカーにあいやすい傾向があると思いますが、リストラストーカーにあう人の特徴として、「働いていた職場の悪口を会話の中に入れてしまった」「悪口を聞いていただけなのに自分が言ったことになっている」「人付き合いがもともと苦手」などの理由から、突然職場の雰囲気がガラっと変わってしまったなどです。

自分で身を守るためにどうすれいいのかを事例とともに考えていきたいと思います。
【リストラストーカーの対処法】

  • 自分以外に嫌がらせされた社員がいるかどうか、仲のいい社員に聞いてみる
  • 話しやすい上司や先輩に相談する
  • 同じ仕事をやる場合、別の仕事をやりたいと上司に相談して、リストラストーカーからなるべく距離をおく
  • シフトを同じ日にならないように依頼する
  • リストラストーカーが話す愚痴は一切無視
  • リストラストーカー行為の証拠を集める

もし、部署全体がリストラストーカーであれば、思い切って退職するという選択はありと思います。性格が図太い人ほど、配置転換させられてもマイペースで仕事をしたり、仕事と割り切ってコツコツと仕事してる人もいますので、全てリストラストーカーの思い通りになりません。思い通りにならないから、パワハラやセクハラが起きる。リストラストーカーの体質の人は、「承認欲求が強く」その性質が自分で墓穴を掘り、自滅していくケースが報告されています。

第三者機関に相談する選択を

リストラストーカーと同じ加害行為

リストラストーカーがいる職場でいかに自分の身を守れるか!リストラストーカーの被害にあってる人は、理不尽な評価で追い込まれるケースが多いのです。しかし、リストラストーカーという言葉を使うと、「精神的におかしい」という目で見られるので、ハラスメント問題で悩んでいると相談するようにしてください。

プライベートでも付きまとわれてる場合、警察に「会社の人に付きまとわれてる」と相談してもいいと思います。その件を総務や社内の労働相談など相談できる環境であれば相談しましょう。SNSで自分と同じ立場で悩んでいる人も多くいます。それらの情報収集や、第三者の目で調査する「探偵事務所」に相談することをお勧めします。

今の状況を受け入れること、自分の考え方を変えるだけでリストラストーカーから身を守ることは可能です。そのサポートする体制は整っていますので、1人で悩ずまずはお気軽にご相談ください。

被害にあっても働けるケース

リストラに追い込まれても自分次第

リストラストーカーにあった被害者が職を失うケースは多いことは確かです。しかし、嫌がらせに負けずに仕事をしてる被害者さんもいます。職場の環境がこの被害を左右してると言っていいでしょう。

  • 勤務体制と勤務態度をしっかり評価する上司やその役員がいる
  • シフト制でリストラストーカーの社員と同じにならない日が多い
  • リストラストーカーの社員が部署全体の問題社員として再教育の対象となっている
  • リストラストーカーの被害を受けてる人が多く、上司もその被害状況を把握してる

上記の職場環境であれば、リストラストーカーの被害にあっても退職するまで至ってないケースがあります。ただ、「論より証拠」で物的な証拠がなければ、リストラストーカーを社内で処分することが難しいのです。社内でできることは、リストラストーカーの社員自身をリストラに追い込むことが1番の対策ですが、現実的に野放しの状態が続いているのが現状です。

なかには、状況を把握してリストラストーカー自身が退職する稀なケース(大きなミスをおかしたなど)もあるようです。リストラストーカーの被害を社内の人に理解してもらえるかどうかが、この問題のキーワードになっていることは間違いありません。最近はリストラストーカーが背景にあるであろう、ハラスメント問題について相談にくる方が年々増加しています。もしかしたら、調査会社が介入しないと解決にならないところまで来ているかもしれません。

リストラストーカー対策依頼

ストーカー対策専門窓口が選ばれる3つの理由

当社は、2010年の創業以来、一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、当社は独自の情報収集方法に徹底的こだわり、多種多様な調査方法でクライアントに求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー対策窓口では、各エリア担当に経験豊富な人材を迎え入れ、皆さまの悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査終了後のサポートについても経験豊富なスタッフがサポート致しますので最後まで安心してご利用いただけます。

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

ストーカー対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

ストーカー対策専門窓口は、ストーカーの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop