探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】サボタージュ(破壊行為)
公開日: 2021/07/14 最終更新日: 2021/07/09
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/07/14 最終更新日: 2021/07/09

【集団ストーカー用語】サボタージュ(破壊行為)

《サボタージュ(破壊行為)》
集団ストーカーは被害者の人生を「サボタージュ(破壊行為)」することが加害の真の目的となり、社会的に抹消することによって加害目的を達成したと考えるのです。ここでは集団ストーカーの手法をいくつかご紹介します。

目次│さらに詳しく知りたい

サボタージュ(破壊行為)の目的

サボタージュ(破壊行為)とは?

集団ストーカーは、被害者の人生を破綻させようと活動しています。

  • 人間関係の構築させない
  • 収入源を断たせる
  • 家族をバラバラにする
  • 恋愛・婚姻の破綻

そのため、ターゲットを陥れる情報を周辺の人たちに流し、あたかも工作話が本当であるかのような錯覚を被害者の周囲の人たちに吹聴します。加害側はまず被害者を陥れることが目的ですので、工作した情報を職場や学校、ご近所、友人、交際・婚姻相手、ネットやSNSへ拡散します。

加害側にとって破壊行為とは、「器物破損」などの破壊行為ではなく、目に見えない破壊行為をすることで証拠を残さないことを何より徹底してきます。

サボタージュ(破壊行為)の特徴

サボタージュ(破壊行為)の嫌がらせとは

集団ストーカーの特徴は、日常でよく見かける普通の通行人を演出して精神的に追い詰めます。どんな時でも「自分」だけ、おかしな現象を目撃する機会が多くなり、「自意識過剰な人」とまわりから思われてしまいます。家族や友人に相談しても、「考えすぎ」「そんなことはありえない」と理解を求めることが困難な環境を作られます。

特定が難しい犯罪

迷惑防止条例ギリギリの悪質な嫌がらせを行い、不特定多数の人が特定の人に、ありとあらゆる手法で監視やつきまといを行うケースもあります。しかも集団ストーカーをやってる人は、通りすがりの一般人で区別がつかないため、被害妄想でかたずけられてしまいます。

そんな精神状態だと、毎日が「盗撮されてる」「盗聴されている」「つけられている」と考え始め、どんどん不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けられます。このように心理状態を利用した精神破壊行為が集団ストーカーで使われます。

サボタージュ(破壊行為)関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop