探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【ハラスメント用語】統失ハラスメント
公開日: 2021/09/05
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/09/05

【ハラスメント用語】統失ハラスメント

「得たいが知れない」、「頭のおかしい」病気として歪められた認識のある統合失調症ですが、精神疾患では他の精神病で当てはまらない症状のときに総称して統合失調症として定義づけられる運命にあるようです。

統合失調症の傾向にあるくくりを決める日本社会での位置づけそのものが今やハラスメントと言っても過言ではない状況を作り出しているのもまた否定できないのです。

さらに詳しく知りたい

統失ハラスメントとは?

統失ハラスメントは集団ストーカーの言論統制

脳機能の齟齬や障害があるため、薬物療法に頼らざるをえないとされている統合失調症ですが、本人が社会に出ると思わぬ強風にあたることもあるでしょう。

障害手帳のある人でも、対人面などで不安があることから「本当にきちんと働けるのだろうか」と思われるため就職先にも困ると言われています。

それだけではなく、「嫌がらせ被害」について話すと、人には理解できないこととして「精神病院に行け、統合失調症だ」と根も葉もないことを人から言われたりします。

集団ストーカー=精神病

実際に、集団ストーカーは日本だけではなく世界中に実在しています。もちろん、被害に遭っていると思い込んでいる人もいますが、全てを「被害妄想」と決めつけることも「統失ハラスメント」になります。

集団ストーカーについて被害を言う人は「精神病・統合失調症」と決めつけるようになったのは、集団ストーカーが有名になると困る人たちの言論統制ともいえるでしょう。

統失ハラスメントの具体例

個人の感じ方・考え方が逸脱されると認識される

「現実とのつながりが喪失している」、「日常生活の対人関係、身の回りの管理、仕事について問題がある」、「妄想」、「幻覚、幻聴、幻触」、「異常な思考回路や行動」、「身の回りのことが人の手を必要とする」、「意欲や精神機能の低下により日常生活に支障をきたす」というのが、統合失調症の症状とされています。

統合失調症といっても内容は多岐にわたりますが、特に自分に起きている現象が通常ではない異常な体験として人には理解されると考えられる場合、顕著な確率で統合失調症として医師から判断されることも多いようです。

但し、本人の言っていることが実在する出来事なのか本当の話なのか他人が理解する術がないことから、統合失調症として判断される人は多いとされています。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop