探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > ブラックビジネスとは「復讐代行・集団ストーカー・別れさせ屋」
公開日: 2021/10/15 最終更新日: 2021/11/22
探偵ニュース
 公開日: 2021/10/15 最終更新日: 2021/11/22

ブラックビジネスとは「復讐代行・集団ストーカー・別れさせ屋」

民間が経営している会社で「復讐代行・集団ストーカー・別れさせ屋」があります。基本的にどれも同一会社で請け負う内容ではありますが、どのような内容の仕事をしているのかご紹介します。

目次│ブラックビジネス被害相談

ブラックビジネス「復讐代行」

されたことに負けん気が勝つ場合

復讐代行というと、非常に暗くネガティブなイメージがします。ブラックビジネスのお客様の声などを見てみると、「なるほどそういう事情で依頼するのか? 」と妙に納得してしまう内容が書いてあります。

たとえば「レイプをされて長年苦しんでいいた相手に恨みを晴らす」、「脅かされて肉体関係を持った男性がお金を取られていた女性に復讐する」、「DVをされていた相手に復讐」など、警察が捜査できないような事情の内容を報復措置(復讐)という機会を与えて費用はかかるものの代行します。

もし警察がなんらかの対応が可能でしかるべき処置をできていたのであれば生まれていなかった産業であるのは間違いないでしょう。

ブラックビジネス「集団ストーカー」

広大なネットワークというトンネル

未だに集団ストーカーは「精神病の妄想」といわれていますが、実際に人を追い詰める方法として「集団ストーカー加害マニュアル」といういものが存在しているのはご存じでしょうか?

このマニュアルの詳細は、「アンカリング」「ほのめかし」「つきまとい」など警察に捕まらないギリギリまで行なう「精神的に追い詰める」手法となります。

この「集団ストーカー加害マニュアル」を、復讐代行業者や興味本位で試している個人が嫌がらせとして使っているのでしょう。

他にも、宗教法人が主な工作員であるとされている話は有名です。宗教法人の会員は全国で10人にひとりいることを考えれば、それ以外の宗教会員も参加していることを考えると広大なネットワークと密には納得できるものがあります。

しかし、全てを決めつける前に「証明」することを忘れてはいけません。証明ができない被害は、被害者の妄想で片付けられてしまいます。

ブラックビジネス「別れさせ屋」

激情の先にあるもの

ブラックビジネスとして有名なもののひとつに別れさせ屋という仕事があります。婚姻していたり、お付き合いしている異性の不倫相手や浮気相手を別れさせるという事情から、別れたいのに相手に別れてもらえない場合に利用するなど依頼動機は多岐にわたります。

また酷い依頼内容の場合はお金が絡むことが多いです。たとえば相手の浮気などの悪い事情により別れる環境を意図的に作りだすことで多額の慰謝料請求を狙った離別工作を依頼する人もいます。

相手がどういう理由で別れようとしており、どんな状況になって別れることになったのか原因追及する調査も行うことは可能です。

少しでも「おかしい」と思う場合、泣き寝入りすることなくあとで名誉挽回のためにご自身の身を守るためにも身辺調査をすることも大切です。

ブラックビジネスと関わる探偵とは

探偵事務所がブラックビジネスに関わっている理由

ブラックビジネスのホームページには「探偵事務所と業務提携」などと記載があったりします。探偵事務所というのは、誰でも起業できますし、個人事業主として法人ではなくても登録することができます。

「お客様の声」として掲載されている情報は、読み手に納得させますし、ご依頼をした原因の説得力があります。しかし、それがすべてというわけではなく人には言えないようなこともしている可能性もあるでしょう。

すべては金次第という探偵事務所が存在することは否めません。警察もブラックビジネスのホームページは確認できても、実際におとり捜査まですることは期待できません。

犯罪が表に出ても、依頼主の情報を言わなければ「個人的な恨み」として処理されてしまうのです。

真実を知らなければ何も変わらない

ブラックビジネスQ&A

Q

復讐代行がブラックビジネスだと分かっていても、どうしても相手に復讐したい

A

どうしてもいうなら引き止めません。しかし、復讐してもなにも解決せず、負の連鎖が始まることを覚えておいてください。

Q

ブラックビジネスは最終手段の救いだと思っています

A

決して否定はしません。但し、内容はどんなものか決まりがあるわけでもありませんし、どこまで報復して良いのか明瞭な法律があるわけではないので無法地帯ともいえるでしょう。ブラックビジネスで、騙されてお金だけ取られても理由が理由なだけに、相談することも訴えることも難しいのではないでしょうか?当社では推薦しておりません。

Q

ブラックビジネスの工作と思われる事件を起こさせられたようで悔しい

A

解決方法はあります!まずは証拠を撮り、警察に動いてもらいましょう。示談や裁判で損害賠償を請求することも可能です。証拠がとれなければ全額返金制度を導入しておりますので、詳細を知りたい方はご連絡ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop