テクノロジー犯罪解決事例

Technology case

公開日: 2020/07/17 最終更新日: 2020/12/24
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪解決事例
 公開日: 2020/07/17 最終更新日: 2020/12/24

思考盗聴の手法と克服の仕方

思考盗聴はテクノロジー犯罪の一環として使われる手口の一つです。様々な方法を使い、ターゲットを追い詰めていきます。こちらのページでは思考盗聴の手法や解決のため重要な克服の仕方等を紹介していきます。

思考盗聴の手法と克服の仕方について

思考盗聴とは何か?

ターゲットの思考を盗む

まず思考盗聴と聞いて何を思い浮かべますか?「自分の考えたことが加害者に知れている感じがする」と感じたら、それは思考盗聴を疑った方が良いかもしれませんが技術的に簡単に行えることではありません。奇妙な体験をしているのになかなか打ち明けるところがない、人に言っても信じてもらえないけれど、明確に思い当たる節があるなどといった体験談をお持ちの方も、またそうで無い方も、これを機に一緒にテクノロジー犯罪について熟知していけたらと思いますので、最後までどうぞお付き合いください。

真実を知らなければ何も変わらない

思考盗聴被害の具体的な手法

さまざまな加害者の手口

ガスライティング

思考盗聴で顕著なのはガスライティングという手法と広く知られています。ガスライティングとは被害者に誤った情報を認識させるタイプの心理的虐待です。具体的には被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向けるものとされており、嫌がらせを加害者が否定するだけのものから、被害者を当惑させるためにハプニングを起こしたり、ストーリー性のあるものまで幅広いです。

「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの)にちなんで付けられました。そして今日において、この用語は論文でも使われているそうです。被害者の多くが共通して同じ証言をする場面に先日出会して驚いたのですが、良い幻聴の時と悪い幻聴の時があるという点で、4人の被害者の意見が全く一致していたことでした。これらの被害は組織絡みで波及している可能性が高く、また時間の区分けがはっきりしていたり計画的でもあると言えるかもしれません。

マインドゲーム

ガスライティングの一種となるものです。ターゲットが自分の記憶が正しいかどうか、何がどうなったのかを考えさせる行為に位置付けられていて、部屋の物を少し移動したり、椅子の高さを少しだけ変える等の行為が含まれます。

アンカリング

アンカリングは「条件付け」といった意味をもっていて、仕草、音、物、光などの複数の「条件」を被害者の意識に植え付け、その「条件」を使って場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、被害者に持たせる手口です。アンカリングはNLP(神経言語プログラミング:Neuro-Linguistic Programming)の技法で可能とされています。

克服の仕方とは

相談することが解決の第一歩

これらの被害を確実に一人で解決・立証していくのは難しいことです。なかなか人に言い出しにくくて辛い想いをしていませんか?調査会社に電磁波調査や超音波調査を依頼して初めて証拠が明るみになったり、加害者の現行犯逮捕にまで及ぶ時もありますから、調査をしていく意外の解決策といってもなかなか簡単には糸口が見つからないものですよね。

自分でできる対策としては、体調管理は基本としてアーシングで体内の電磁波を抜いてため込まない。幻聴やガスライティング被害が続くのであれば、自覚症状があるうちに現状把握のためにも調査を行うことをおすすめします。

テクノロジー犯罪の調査や加害者の特定が可能です

弊社では、電磁波による被害の調査を行なうと同時に電磁波照射などによるテクノロジー犯罪の加害者の特定を行なっていきます。調査された報告書は、状況証拠となり、その証拠をベースに警察や弁護士に依頼して民事告訴や刑事告訴をして訴追するケースもあります。こうした手立ては時間はかかりますが、長く苦しい思いに一生振り回されるよりも、前に進み解決していける点では有難い手がかりになる訳です。

テクノロジー犯罪対策料金について

テクノロジー犯罪対策のご説明

テクノロジー犯罪の対策料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。テクノロジー犯罪に関して一番重要なのが、「被害を証明すること」であり、集団(組織)で行う嫌がらせをたった1日で全て解決するような対策はありません。ある程度、人件費や調査日数をかけて行うべきであり、簡単に考えている対策プランに疑いを持つべきです。ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行う対策は、加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、テクノロジー犯罪被害を確認するまで自宅から外出先まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

テクノロジー犯罪対策相談

テクノロジー犯罪対策をお考えの方へ

テクノロジー犯罪対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。集団ストーカー対策は、一般的な探偵が行う調査とは違い集団ストーカー対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

テクノロジー犯罪被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしておりますので、他社で断られた相談、解決できなかったテクノロジー犯罪被害対策を歓迎いたします。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

テクノロジー犯罪被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、テクノロジー犯罪の被害の状況、テクノロジー犯罪対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop