電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 意図的な睡眠妨害│電磁波の影響について
公開日: 2019/07/21 最終更新日: 2021/02/19
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2019/07/21 最終更新日: 2021/02/19

意図的な睡眠妨害│電磁波の影響について

睡眠妨害は電磁波犯罪の一環として使われる手口で日本中あちこちに存在し、さまざまな方法を使いターゲットを追い詰めていきます。こちらのページでは、意図的な睡眠妨害の解方法等をご紹介していきます。

睡眠妨害に悩まされている方へ│目次

リラックスした時間を与えない

睡眠妨害に関連するQ&A

Q

睡眠妨害も電磁波の影響でしょうか?

A

可能性はあります。電磁波の睡眠妨害は、「呼吸が困難になる」「胸が痛くなる」「心臓がドキドキする」というのが連続して続く症状がみられます。布団に入っているのに、布団から何か体には攻撃されているような感覚がある。夜中に隣近所から機械音が聞こえるなど被害はさまざまです。

加害者側が睡眠妨害にさせる原因は、リラックスさせないようにすること。なぜ、執拗に電磁波を使った嫌がらせをするのか?まずは、理由についてみていきましょう。

  • 集合住宅もしくは町内から追い出すこと
  • おかしい人と思わせ孤立させること
  • 思考を停止させたり情報を遮断させること

以上、3つの点が挙げられます。思考停止させると、人間は何をやっても「だめ」という思考に変わってしまい、無気力になります。つまり、引きこもり人間にさせることです。また、加害者は騒音や電磁波だけではなく、車両のハイビームを使って「脳を刺激して興奮状態にさせる」理由から、ライトのハイビームをよく使います。特に仕事で疲れた時とか、脳が何も考えられない時に、加害行為を行う傾向があり、とにかくストレスをあたえ眠れないようにする。それが加害者側の意地なのでしょう。

睡眠妨害を軽減するには

騒音や電磁波の軽減策

被害者の方は、騒音なら耳栓・イヤーマフである程度は防御できます。電磁波であれば、電波妨害機器を使ったり、アーシングしたりと工夫して対策を行います。あまりオススメはしませんが、病院が処方した睡眠薬を飲むなど、6時間睡眠は確保してるようです。睡眠薬が効かないときもありますが、ある被害者の方は薬を飲む1時間前にお酒を一杯飲むと、加害行為が悪化しても眠気がきて眠れるそうです。アルコール依存症にさせるように仕向けていることも考えられますが、昼間は飲めない体質なため、それを意識してお酒を飲む時間と飲む量を決めているのとのことです。

それに睡眠不足にすれば、居眠り運転で事故をしやすい、会社では仕事のミスをする。被害者に非があるような状況にしておけば、経済的困窮に追い詰められるきっかけが作れるわけです。仕事の環境で失敗しても「失敗はあること」として、気にせずに失敗を糧にしてミスをしないように考える習慣をつけましょう。市販の睡眠薬は危ないので、被害者の方にとって行きたくないと思いますが、心療内科で「睡眠できない」ことを伝え、睡眠薬を処方するというのも防御になると思います。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

加害者について

余裕をもって解決策を行う

電磁波については、軽減グッツや軽減シェルターなど探偵事務所でも対応しているところもありますが、根本的な解決策は「加害行為者の特定」が必ず必要になります。加害者を調べる時は、最初に単独か複数か見極める必要がありますが、1人の力では時間がかかり加害者が複数人の場合、特定が難しいので、専門家の力を借りて対策を行う必要があります。

嫌がらせの対処のよくある間違い

電磁波に悩む人のために、正しい嫌がらせの対処法をお伝えします。嫌がらせを受けているけどどうしたらいいかわからない人は是非参考にしてみてください。

相手の情報を十分に得ること

あなたに嫌がらせをしてくる人に、不安感や恐怖心を抱く必要があるでしょうか?恐がってばかりでは、嫌がらせをやめさせることはできません。相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」を、ある程度は予測することができます。そうすれば、漠然とした不安や恐怖をぬぐうこともできるでしょう。

感情的に反応しない

嫌がらせをされたとき、感情的に反応するのは逆効果です。嫌がらせをしてくる人は、あなたが感情的になれば、それを口実にして嫌がらせをエスカレートする可能性が高くなるからです。嫌がらせをする人の頭の中は、何があっても「自分は正しくてあなたが悪い」という”信念”が根ざしているので、感情的になるのはむしろ相手の思うつぼです。嫌がらせをされても、できるだけ冷静さを保つようにしましょう。

電磁波対策の料金案内

電磁波対策のご説明

電磁波対策の調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波対策に関して一番重要なのが、「被害を証明すること」であり、集団(組織)で行う嫌がらせをたった1日で全て解決するような調査はありません。ある程度、人件費や調査日数をかけて行うべきであり、簡単に考えている調査プランに疑いを持つべきです。ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行う対策は、電磁波がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、電磁波被害を確認するまで自宅から外出先まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。 当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波被害の状況、電磁波対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop