ストーカー関連記事

Stalker

ホーム > ストーカー関連記事 > ストーカー問題に詳しい専門家に相談したい
公開日: 2022/02/16 最終更新日: 2022/08/05
ストーカー関連記事
 公開日: 2022/02/16 最終更新日: 2022/08/05

ストーカー問題に詳しい専門家に相談したい

ストーカー被害でお悩みの方は専門家にご相談ください!

ストーカー被害は年々、増加しており、警察庁の発表によると、2万件を超える相談が寄せられています。

被害者の9割は女性で、犯人は配偶者や交際相手が半数以上を占めているとされていますが、SNSの普及によって、全く面識がない人、犯人が誰か分からないケースも増えてきています。

いつ、誰からストーカーの被害に遭いか分からない時代になっているともいえる状況です。

ストーカー調査相談について│目次

ストーカーの犯人が「身近な人」とは限らない

ストーカーについて専門家に相談

加害者が“見えない”不気味さ

これまで、ストーカーは、かつての交際相手や、一方的に好意を抱いた相手に対して「つきまとい」などを行なう行為でしたが、現代では、ネット上でのつきまとい事案が増え、SNSを介して、ターゲットの監視や、「集団ストーカー」といわれる案件も増えています。

これらはかつてのストーカー被害と違い、加害者の正体が分からない不気味さがあり、確たる証拠もないため、警察にも相談できず、一人で悩みを抱え込み、心身に不調をきたしてしまうことも少なくありません。

凶悪な犯罪に発展することも

見知らぬ人に尾行されていたり、嫌がらせや監視を匂わせるメッセージやリプライが届いたりといったことがあれば、ストーカーによるものと疑ってかかるべきでしょう。

しかしながら、初期の段階では自己判断がつきにくいことがあります。また、ストーカー被害に遭っているとしても、恐怖心により、現実から目をそらしてしまう人もいるでしょう。

放置することによって、凶悪な犯罪に発展することもあります。「そのうちおさまるだろう」と楽観視することは禁物です。

「おかしい…」と感じたら行動を!

きっかけは日常生活での違和感

ストーカーの被害に遭っている可能性がある場合でも、明らかに被害に遭っている場合でも、ストーカー被害に対する対策を立てる必要性は変わりません。

しかしながら、誰がストーカー行為をしているかわからない。身に覚えもなく怖いが、証拠がないといったケースも多くあります。

身の回りで「おかしい…」と違和感があれば、それはストーカー被害の気配を感じているきっかけかもしれません。

「自分で解決する」という考えは危険

被害に遭われている人の中には、「迷惑や心配を掛けたくない」と、家族や友人に相談せず、孤立を深めるケースも多いですが、そうした状況が、まさにストーカーの思うツボなのです。

可能な限り、信頼できる多くの人に被害について相談するというのも一つの方法です。

相談することにより、被害を客観的に把握できたり、アドバイスもらったりと役に立つことは多いのですが、最も重要なのが「自分がストーカー被害に遭っていることを把握してもらっている」という事実です。

証拠集めは専門家に任せる

ネットストーカーでも対応可能

ここで重要なのが、証拠を集めることと加害者の情報を集めることです。

相手の分かっている場合は人物の特定が簡単ですが、ネットストーカーなど見知らぬ人からストーカー行為を受けてしまっている場合、使い捨てのアカウント(捨てアカ)を使ってストーキングするため、誰からストーキングされているのか、人物の特定を行いことは、個人では不可能といっていいでしょう。

これはネット上に限らず、見知らぬ人からストーキングされている場合でも同様です。

ストーカー加害者を特定できない状況では、警察に相談に行ったとしても、対応してくれるか期待が見てません。

そのため、ストーカー・付きまとい調査の経験豊富な当事務所に依頼することで、犯人の特定や、証拠を保持しておくことや、その後の警察への被害相談がスムーズになります。

再発防止までフォロー

当事務所では、ご依頼者の以降に沿って、つきまといや待ち伏せなどが行なわれている場合、スタッフが張り込み等を行いどんな人物がストーカー行為を行なっているのか、それによってどのような被害があるのかを調査します。

加えて、必要であれば、警察に通報し、かつ、再発を防ぐため、加害者側を監視し、ご依頼者の生活が平安を取り戻すまで、徹底的なアフターフォローを致します。

ストーカー調査サポート

一人で悩んでもなにも解決しません…
是非ご相談を!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の相談室をご紹介します。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、相談員との打ち合わせでご利用する相談室は、周囲に会話の内容が漏れないよう完全個室をご利用になれます。また、完全個室は防音対策済みで、どんな些細な情報も外部に洩れることの無いよう、細心の注意を払っていますのでご安心下さい。

新型コロナウイルス感染症対策について

相談室のご利用の際は正面入口にて「検温」「手指の消毒」「マスクの着用」をお願いしており、「検温」で37.5度以上の発熱があった場合や、「手指の消毒」「マスクの着用」に応じていただけない場合は、ご面談日を変更させて頂くことがあります。

恐れ入りますが、皆様のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

まず、ストーカー問題について知ることから始めましょう。

ストーカー被害の専門家相談フォーム

ストーカーについて詳しく知りたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop