テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > コンプレックスを送信する嫌がらせ|音声送信調査レポート
公開日: 2020/04/20 最終更新日: 2021/04/22
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2020/04/20 最終更新日: 2021/04/22

コンプレックスを送信する嫌がらせ|音声送信調査レポート

解決できない悩みをどうすべきか、一番わかりやすいのは同じ悩みを抱えている人の解決事例を確認することです。音声送信被害でお困りの方は参考にしていただき、音声送信について初めてのご相談の方は、音声送信被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にて紹介している嫌がらせ調査レポートのご案内を『ご相談から解決』まで、わかりやすくまとめました。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
音声送信調査レポート!

ご依頼者様
40代 (女性)

専門家による音声送信被害相談窓口

音声送信調査レポート

見えない被害を見えるものに

音声送信被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしております。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 主婦
ご依頼内容: 音声送信調査
ご依頼理由: 主人と結婚してから「音声送信」が始まりました。加担者は独身時代の私でなくては都合が悪いのか?ドラックストアで生理用品を買うとすれ違った夫婦に「うばずめ(子どもを産めない女性のこと)」「共働きの時代なのに、穀潰し」など、今の若い世代が言わない用語ばかり聞こえてきます。とある仲間のLINEで「いろいろな生き方をしてる人たち」とグループ通話をしてると、やっぱり音声送信の情報は偏ってるんだなと実感するのですが、どうして、自分が結婚されるのが嫌なのか分かりません。音声送信は電磁波を脳に照射して音を聞こえるようにしてるようですが「一生言い続けてやる」と脅される毎日です。なんとか対応策があれば教えてください。
調査レポート: 音声送信が昭和の時代の言葉を使うということは、高齢の加担者がいるのか。音声送信のメカニズムははっきりしておらず、マイクロ波という電波を頭部に照射して音声を直接脳に伝える。その場合、一定の範囲でしか届かないため、家の周辺に機材が設置されてる可能性があります。依頼主様の音声送信の内容は「家庭内での不和」「離婚」などとにかく、依頼主様本人を孤立させることに躍起になってる様子。LINE仲間が大勢いるということで、完全な孤立は避けられそうです。LINEでの人脈、家族の仲を大事に決して「思惑に」のらないこと。家族の行動と音声が不一致する場合、行動をみて落ち着いて判断すること。音声がうるさい場合、家から離れて自然のなかでマイナスイオンを吸収したり、サウナ 岩盤浴で汗をたくさんかいて、体内の電気を放電すること。放電すると音声送信が聞こえにくくなることをお伝えしました。電波調査で、周囲から異常電波が発見されず、車両で移動しながら電波を発信してる可能性が高いと判断。今後も依頼主様から連絡があれば引き続き調査をしていく方針です。

コンプレックスの音声送信について

ターゲットを精神的に追い詰める

コンプレックスは家系や出身地、容姿、学歴、収入など、人それぞれ抱えているコンプレックスには違いがあります。そういった悩みは自分の努力でどうにかできるレベルを超えているものがあり、「言われたくない」のが普通です。

そうした自分ではどうしようもないコンプレックスというのは、テクノロジー犯罪の格好のネタなのです。ターゲットのコンプレックスをネタにし、音声送信によって心に傷を付け、さらにその傷をえぐり続けることでターゲットの精神を加速度的に疲弊させるのです。

音声送信の方法

音声送信の方法はいくつかあります。ピンポイントスピーカーを悪用してノイズを被害者に聴かせることが可能です。電柱、周辺の垣根にスピーカーを忍ばせておけば特別な装置を使ってあたかも、そこに人が井戸端会議してるかのような演出を生み出すこともできます。音声送信の具体例は以下のようになります。

音声送信システム「ボイス・トゥ・スカル」

ボイス・トゥ・スカル(Voice-to-Skull、略称: V2K)とは、他人には聞こえず自分の頭の中で声が聞こえるという精神病語でいう幻聴に相当する現象です。ですが、決して精神病ではなくアラン・H・フレイが最初の発案者でアメリカでの特許番号:3951134号でその後続々と改良特許を取得してきたマイクロ波聴覚効果のことでれっきとした科学技術です。

ボイス・トゥ・スカルおよびV2Kはマイクロ波聴覚効果(microwave auditory effec)とも言い換えられています。1961年フレイが発案しました。その後1989年にマインドコントロール用マイクロ波技術(特許:3951134号)、1992年にサイレント・サブリミナル・プレゼンテーションシステム(特許:458339号)、その後1997年に神経系のサブリミナル音響操作(特許:6017302号)として改変されています。

マイクロ波聴覚効果とは

神経科学者フレイの研究は、人の頭にパルス波形や変調マイクロ波6kHz(被害者が耳鳴りと知覚)を指向照射することで脳内にクリック音や変調音、単語、音声を育成し外耳を介さずに頭骨伝導音声を脳内に直接育成する技術になります。マイクロ波聴覚効果は短波長の電磁波で誘導されていき、近くの他人には聞こえません。

その後、1970年代にNASAによる研究では、マイクロ波聴覚効果は内耳にある聴覚を司るカタツムリ状の蝸牛(かぎゅう)の周りが熱膨張すると、信号変調し頭蓋内に送信された音や単語を育成されて聞くことができると発表したのです。コミュニケーションの分野で研究されていたことがアメリカと旧ソ連で非致死性兵器として研究開発されていった経緯があります。

テクノロジー犯罪に使用されている技術

  • アクティブ・ディナイアル・システム
  • アクティブ・ディナイアル・システムとは、アメリカで研究開発されているとされている、電磁波攻撃による『非殺傷兵器』です。もともとは暴動鎮圧用として非致死性の退陣兵器として研究開発が進んでいますが、電磁波という目に見えない攻撃方法が嫌がらせ行為に応用が出来るため、こういった技術を嫌がらせ行為に使う傾向がみられています。

  • ボイス・トゥ・スカル
  • ボイス・トゥ・スカル(”Voice-to-Skull” 日本語直訳で「頭蓋骨への声」)は、電磁波(マイクロ波)を利用して脳内に音声を送信するシステムの総称で、こちらもアメリカの研究者によって開発が進められている技術のひとつです。また「神の声兵器」や「人工テレパシー」とも比喩されています。

  • 音響兵器
  • 音響兵器とは、音波を投射することによって、対象の行動や判断力を妨害したり、聴覚や脳にダメージを与えるといった兵器のことです。米軍の「LRAD」をはじめ、イスラエルでは「スクリーム(叫び)」と呼ばれる音響兵器が流通しており、暴動鎮圧や実戦兵器として使用がされています。

音声送信は目に見えないので、音声送信の影響があると第三者に訴えても「被害妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないことが多いでしょう。今起きている声送信被害は「自分の精神的な問題なのか」「人為的に行われているのか」はっきりさせる必要があります。被害を訴えるだけでは解決しません!被害内容を専門に扱う探偵に必ずご相談ください。

音声送信を解決するために

どのような環境かチェックする

定期的に「音声」を聞かせるには、本人の職場や住居に必ず仕掛けがあります。加害者が周辺をうろついて音声を流しているのであれば、不審な行動を必ず行います。常に音声送信が行われているわけではない場合、自分で音声送信機を発見し取り外すことは難しいので専門家に相談しましょう。

誹謗中傷やセクハラの音声送信

「同僚に悪口を言われているよ」「あの上司は、お前を会社から追い出したがっている」と言うようなものが多く、注意しても聞かずしゃべり続けられるので、もうノイローゼに近い状態になってしまう方が多く見受けられます。故意におこなっている可能性がある場合は、下記対策と併用して専門家にご相談ください。

パートナーを疑う前に真実を確認すること

恋愛工作の音声送信では、「あなたよりも若い人と浮気している」「今夜帰りが遅いのは浮気相手と会っている」「昔の恋人と会っている」など、心理的に追い込み「夫婦関係の破綻」を目的とします。下記対策と併用して専門家にご相談ください。

自分でできる音声送信対策
  • 恋愛がらみであなたをよく思っていない人物はいないか?
  • つきまといやストーカー行為の被害はないか?
  • 携帯やパソコンなど盗み見られていないか?
  • 音声の内容が「事実」か「嘘」かで盗聴やつきまといの可能性をチェック
  • 常にICレコーダーを忍ばせチャンスがきたら録音する。

音声送信調査料金のご説明

音声送信調査のご説明

音声送信の調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。音声送信に関して一番重要なのが、「音声送信の発生原因特定」であり、音声送信調査が相手にバレている状況で行うのは得策ではありません。また、機械が外された状況での音声送信発見調査では効果がありませんので必ず時間帯を変えながら複数回チェックすることで発見率があがります。ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行う対策は、加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、音声送信被害を確認するまで朝から深夜帯まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

音声送信被害に関する相談窓口

音声送信被害の調査依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

テクノロジー犯罪調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop