探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > コンプレックスを送信する嫌がらせ|音声送信調査レポート
公開日: 2020/04/20 最終更新日: 2020/04/19
探偵ニュース
 公開日: 2020/04/20 最終更新日: 2020/04/19

コンプレックスを送信する嫌がらせ|音声送信調査レポート

解決できない悩みをどうすべきか、一番わかりやすいのは同じ悩みを抱えている人の解決事例を確認することです。音声送信被害でお困りの方は参考にしていただき、音声送信について初めてのご相談の方は、音声送信被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口にて紹介している嫌がらせ調査レポートのご案内を『ご相談から解決』まで、わかりやすくまとめました。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
音声送信調査レポート!

ご依頼者様
40代 (女性)

専門家による音声送信被害相談窓口

音声送信調査レポート

見えない被害を見えるものに

音声送信被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしております。

女性
ご依頼者様: 40才/女性 会社員
ご依頼内容: 音声送信調査
ご依頼理由: 主人と結婚してから「音声送信」が始まりました。加担者は独身時代の私でなくては都合が悪いのか?ドラックストアで生理用品を買うとすれ違った夫婦に「うばずめ(子どもを産めない女性のこと)」「共働きの時代なのに、穀潰し」など、今の若い世代が言わない用語ばかり聞こえてきます。とある仲間のLINEで「いろいろな生き方をしてる人たち」とグループ通話をしてると、やっぱり音声送信の情報は偏ってるんだなと実感するのですが、どうして、自分が結婚されるのが嫌なのか分かりません。音声送信は電磁波を脳に照射して音を聞こえるようにしてるようですが「一生言い続けてやる」と脅される毎日です。なんとか対応策があれば教えてください。
調査レポート: 音声送信が昭和の時代の言葉を使うということは、高齢の加担者がいるのか。音声送信のメカニズムははっきりしておらず、マイクロ波という電波を頭部に照射して音声を直接脳に伝える。その場合、一定の範囲でしか届かないため、家の周辺に機材が設置されてる可能性があります。依頼主様の音声送信の内容は「家庭内での不和」「離婚」などとにかく、依頼主様本人を孤立させることに躍起になってる様子。LINE仲間が大勢いるということで、完全な孤立は避けられそうです。LINEでの人脈、家族の仲を大事に決して「思惑に」のらないこと。家族の行動と音声が不一致する場合、行動をみて落ち着いて判断すること。音声がうるさい場合、家から離れて自然のなかでマイナスイオンを吸収したり、サウナ 岩盤浴で汗をたくさんかいて、体内の電気を放電すること。放電すると音声送信が聞こえにくくなることをお伝えしました。電波調査で、周囲から異常電波が発見されず、車両で移動しながら電波を発信してる可能性が高いと判断。今後も依頼主様から連絡があれば引き続き調査をしていく方針です。

音声送信被害とは

人が近くにいないのに人の声や音がする「音声送信」

近所トラブル、騒音被害に当てはまるこの「音」の被害は、本当に被害者の近くで起きているものなのかと考えたことはありませんか?実際には、ピンポイントスピーカーを悪用してノイズを被害者に聴かせることが可能なのです。電柱、周辺の垣根にスピーカーを忍ばせておけば特別な装置を使ってあたかも、そこに人が井戸端会議してるかのような演出を生み出すことができます。被害者のことについて話してるわけではないことも、ピンポイントスピーカーで、被害者が思ってる「キーワード」を流せば、被害者の家に盗聴器が仕掛けてあるかもしれないと不安起こせる。

そして、探偵事務所に依頼して盗聴器発見調査を依頼するが、結果、盗聴器は仕掛けられていない。でも、近所の人は、被害者しか知らない「キーワード」を知ってるのはなぜだろう?家族の誰かが近所の人に喋ったのかなど、どんどん憶測が憶測を呼んで、被害者の生活の全ては近所に知れ渡ってると思わせることができるのです。音声送信は目に見えないので、音声送信の影響があると第三者に訴えても「被害妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないことが多いでしょう。今起きている声送信被害は「自分の精神的な問題なのか」「人為的に行われているのか」はっきりさせる必要があります。被害を訴えるだけでは解決しません!被害内容を専門に扱う探偵に必ずご相談ください。

音声送信を解決するために

どのような環境かチェックする

定期的に「音声」を聞かせるには、本人の職場や住居に必ず仕掛けがあります。加害者が周辺をうろついて音声を流しているのであれば、不審な行動を必ず行います。常に音声送信が行われているわけではない場合、自分で音声送信機を発見し取り外すことは難しいので専門家に相談しましょう。

誹謗中傷やセクハラの音声送信

「同僚に悪口を言われているよ」「あの上司は、お前を会社から追い出したがっている」と言うようなものが多く、注意しても聞かずしゃべり続けられるので、もうノイローゼに近い状態になってしまう方が多く見受けられます。故意におこなっている可能性がある場合は、下記対策と併用して専門家にご相談ください。

パートナーを疑う前に真実を確認すること

恋愛工作の音声送信では、「あなたよりも若い人と浮気している」「今夜帰りが遅いのは浮気相手と会っている」「昔の恋人と会っている」など、心理的に追い込み「夫婦関係の破綻」を目的とします。下記対策と併用して専門家にご相談ください。

自分でできる音声送信対策
  • 恋愛がらみであなたをよく思っていない人物はいないか?
  • つきまといやストーカー行為の被害はないか?
  • 携帯やパソコンなど盗み見られていないか?
  • 音声の内容が「事実」か「嘘」かで盗聴やつきまといの可能性をチェック
  • 常にICレコーダーを忍ばせチャンスがきたら録音する。

音声送信調査料金のご説明

音声送信調査のご説明

音声送信の調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。音声送信に関して一番重要なのが、「音声送信の発生原因特定」であり、音声送信調査が相手にバレている状況で行うのは得策ではありません。また、機械が外された状況での音声送信発見調査では効果がありませんので必ず時間帯を変えながら複数回チェックすることで発見率があがります。ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行う対策は、加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、音声送信被害を確認するまで朝から深夜帯まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

音声送信被害に関する相談窓口

音声送信対策をお考えの方へ

音声送信とは非常に恐ろしいもので、被害者にだけ聞かせられるピンポイントスピーカーがあり、家の付近の電信柱や、垣根などに忍ばせて、被害者に聞かせているとのことです。音声送信機の取り外しは難しいのですが、聞こえてくる音の方向が分かれば、音声を感知する機械で場所を探り当て、取り外すことが可能です。

音声送信では、直接被害者に音声を送信することで、「被害者にだけ聞こえる声」を作り出せます。被害者に、事実と嘘の両方を盛り込み、思考を変えさせようとしたり、声を送信されることで集中できなくなったり、不信感を抱くことになり人間関係をこじらせたり、事故やトラブルに発展する可能性もあり、非常に危険なことです。

音量も大きくしたり小さくしたり、はっきり聞こえるようにしたりごにょごにょとしか聞こえなくしたり、笑い声や、自身に関する噂話ももしかすると音声送信かもしれません。音声送信行為は人によって、様々な手法を使い、被害が人によって変わってくるもので、色々と報告例があります。音声送信機も必ず取り外せるものです。専門家に頼みきちんと取り外してもらいましょう。 嫌がらせ、つきまとい、電磁波攻撃、音声送信など悪質な嫌がらせは絶対にあってはならないことです。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった音声送信対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。音声送信対策は、一般的な探偵が行う調査とは少し違い音声送信対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

まず、現状について相談することから始めましょう。

音声送信対策被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop