集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 「生きがいのはく奪」私はこうして人生を奪われたー実体験
公開日: 2021/07/12 最終更新日: 2021/07/05
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/07/12 最終更新日: 2021/07/05

「生きがいのはく奪」私はこうして人生を奪われたー実体験

世界中で起きている集団ストーカーは日本でも被害者2000件以上の報告がされています。しかし、この数字は氷山の一角に過ぎません。実際はもっと多くの人たちが被害に遭っていると考えられています。集団ストーカーの被害に遭う方の体験を蓄積したデータから視えてくることはこうです。

加害側は基本的にターゲットの人生の破壊工作をしていることです。ターゲットを社会的に抹消か精神病として社会的な信用をなくさせ、発言力をなくしていくというのが常套手段となっています。ここでは、集団ストーカーに遭遇した人たちが「生きがいや人生を奪われた」場面の事例をご紹介します。

目次|集団ストーカーに奪われた人生

20代男性の体験レポート

学生時代から集団ストーカーに遭遇したOさんの事例

男性
ご依頼者様: 26才/男性 無職
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由: Oさんが集団ストーカーに遭遇した最初のきっかけは、中学生の頃です。数人の同級生から学校に悟られないほどさりげなくいじめを受けており、自分の言動一つひとつに対し揚げ足をとるなど、連続的に羞恥心を煽られた結果「何か言ったら、また揚げ足を取られる」と、考えるようになったと言います。いじめていた同級生らが、自分で自分の言動を制限するように仕向けていたと考えているそうです。 高校をなんとか卒業後、母子家庭ゆえに母親に負担をかけまいと思い就職したものの、就職先でも自分に対して職場の人からの揚げ足とりが多く、いじめを感じたため退職しました。その後、いくつか職を転々としましたがどこに働きに行っても同じようにいじめを受けていると感じ、家に引きこもるようになりました。引きこもるようになってからは、近所の人たちからの嫌がらせや監視をされていると感じるようになり、人間不信になったとOさんは思ったそうです。このままではダメになると思い、インターネットで検索して探偵事務所に依頼することになりました。
調査レポート: 調査をしたところ、Oさんの母親が、一時期某宗教の信者であったことから宗教関係者からの恨みが発端だとわかりました。加害側の作戦は、「母親を標的に攻撃するのではなく、最愛のひとり息子の人生を破壊することで標的である母親に最悪の悲しみを与えること」でした。調査の結果、Oさんの学生時代から今日に至るまで嫌がらせを行なっていたことがわかりました。 嫌がらせ相手とは、証拠をつかんだことにより有利に交渉でき、嫌がらせを終わらせられました。嫌がらせが一生続くことはなく途中で終了したことはOさんにとっては幸運です。しかし、Oさんの学生時代から現在に至るまで、集団ストーカーから人生の破壊工作をされてきたことは人生の大切な時間を奪われたも同然でしょう。

学校で嫌がらせに遭遇する

加害側になる児童~青少年

学校でもいじめに遭遇する児童はかなりの数がいます。その中でも組織的な集団ストーカーが児童の背後について集団いじめをします。いじめを受けている児童にとっては、嫌いだからなのかスクールカーストなのか、得体の知れない圧力が働いているのか、理由がわからないのです。

更に、一番の問題なのは自分の言葉で取り巻く状況を大人たちに理路整然と話すことが難しいことです。いじめの原因に集団ストーカーが関与していると、加害側の児童の背後に必ず大人がいます。大人の指示によって加害役の児童は駒のように被害者へ扇動します。

他の人にはわかりづらいように、言い方や場所の指定をするなど、大人が加害アドバイスを加害児童に吹き込みます。よって、被害児童が自分の言葉で真実を伝えようとしても、妨害されてしまい周囲に状況を理解してもらえません。

職場で嫌がらせに遭遇する

目的をもったイジメ

職場では新入社員や転職社員に対するいじめもあります。もちろん、人それぞれ違った環境で生きていますので自分とは違う人がいると、そのことがきっかけでいじめることはあるようです。会社が不要になった人材を切っていくためにいじめを行なうケースもあります。

集団ストーカーのターゲットにされると、どこへ転職しても行く先々で集団ストーカーが手をまわし、風評工作やプライバシーの侵害によってターゲットを退職に追い込むのです。現代において職場を転々と余儀なくされ、引きこもりにされることは、人生を奪われるに等しいのではないでしょうか。

近所で嫌がらせに遭遇する

足並み揃えた動線配置の人たち

ターゲットの自宅近辺に3交代などで潜伏のため越してくるのが集団ストーカーです。しかも一世帯だけではなく、数世帯の近辺に越してきます。集団ストーカーの工作員が近所の人たちに声をかけ、買収するのです。そして、ターゲットの日課や行動にあわせて逐一指示を出します。近隣の人たちは常にスマートフォンから目が離せない状態です。

ターゲットにされた人が出かけるときには行動に合わせて近隣の人たちが動く手筈になっています。アナログな伝達によりながら一元管理されているのが集団ストーカーのやり方です。

インターネットで嫌がらせに遭遇する

本人へ仄めかし

ターゲットの悪口や誹謗中傷などは、ネット掲示板や動画サイト、SNSなどで仄めかします。それらを、ターゲットが視聴したり読むことで、自分のことだとわかるようにさりげなく仕向けます。集団ストーカーの被害者は大体、ネットを通して嫌がらせを受けている人が多いです。

最後に

奪われた人生を取り戻すために

集団ストーカーはあらゆる方法でターゲットの人生を破壊する工作をします。だからといって、なす術が無いと諦めてはいけません。本当に解決を望んでいるのであれば、私ども「対策専門窓口」にご相談ください。あなたの人生を取り戻すサポートをいたします。

真実を知らなければ何も変わらない

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop