探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】シンクロニシティ工作
公開日: 2021/10/09 最終更新日: 2021/09/22
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2021/10/09 最終更新日: 2021/09/22

【集団ストーカー用語】シンクロニシティ工作

集団ストーカーに遭遇する人が、よく感じることのひとつに「よくもまぁ、自分の周囲にこんなにも人が集まってくるものだ」という現象があります。それが集団ストーカー用語の共時性つまりシンクロニシティ工作といいます。

さらに詳しく知りたい

シンクロニシティ工作の具体例

偶然というより必然工作

集団ストーカーに遭遇している被害者でないと、あまり体感する事象ではないのかもしれません。しかし、自分の周囲にやけに人が集まるという現象は、多くの被害者が経験することです。

それも一度きりの経験というのではなく、「外出する度に随分多くの人に遭遇するようになった、今までこういうことはなかった」という意見が圧倒的多数です。

たとえば、通学や通勤、休日遊びに行くときに歩道に少なからず人がまんべんなく歩いており、通行しづらい状況をつくりだします。あるいは徒歩で歩道を歩いているとき、進行方向から向かってくる車が随分多く走行しているときがあります。

そして昼間なのにライトを上向きにして走行していることもあります。「なんでこんなに混んでいるのだろう。人気のない道を最近歩いたことがない」と思う被害者もいるくらいです。

旅行先でもほとんど同じ状態で、スマホに何か打ち込んで誰かと連絡を取り合っていたり、スマホのカメラを向けて自分の写真をシャッター音なしで撮影しているようだったり、挙動不審の工作員の動作が多いのが特徴です。

シンクロニシティ工作とは?

委託者と科学の融合による費用削減工作

自分が意識したものに対する意識が高くなるので、普段よりその現実に遭遇する確率が上がります。

シンクロニシティ工作とは、「意識させる」まで行なうことです。これは、嫌がらせに限ったことではなく恋愛に関しても利用されます。

嫌がらせ工作では、シンクロニシティを意図的に作り上げることで被害者を驚かせ不安にさせることが狙いです。指示者より同系色や同キャラクター、同記号などの衣装着用を工作もされます。

そういう工作員の集団に囲まれているわけですから共時性を感じないわけがありません。ただし、それが狙いであることがわかった段階で「シンクロニシティ工作」という魔法は解けます。

シンクロニシティ工作関連ページ

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop