探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 嫌がらせへの対処方法
公開日: 2018/11/05 最終更新日: 2018/11/13
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/11/05 最終更新日: 2018/11/13

嫌がらせへの対処方法

嫌がらせへの対処方法

嫌がらせを受けていると感じた場合、「嫌がらせをしている人が許せない」と思われるのは当然かと思われるます。一方的に嫌がらせを受けると、怒るのは当たり前です。そういった場合「犯人に然るべき責任を取らせる」、「すぐにでも止めさせたい」など、嫌がらせ加害者に対する目的はあっても、実際にすべきことが分からず判断を誤ってしまうと、却って状況が悪化してしまうこともあります。

主な対処方法について

  • 自分だけで加害者を見つけ出そうとしないこと
  • 自分だけで加害者捜索を行っても、時間と体力を浪費してしまいます。加害者はそれにつけこみ、嫌がらせをエスカレートさせてしまうことにもつながります。

  • 状況を把握すること
  • 嫌がらせをいつから受けているのか、嫌がらせをよくされる場所や時間帯は、どんな嫌がらせをされるのか、加害者に心当たりはあるのか。

  • 速やかに解決へ向けて行動すること
  • 現状把握が出来たら、なるべく早めに嫌がらせ対策の専門家への相談をしましょう。加害者の特定することにより、示談か裁判によって嫌がらせを止めさせる段階へ運ぶことが可能です。

嫌がらせに関連するQ&A

Q

組織的な嫌がらせの場合、裁判で勝つことは難しいのでは?

A

物的証拠はがあれば、勝つ可能性は十分あります。集団ストーカーの場合、不特定多数の人員が連携してターゲットへ嫌がらせを行うため、「被害者の思い込み」や「証拠能力が低い」とされてしまい、訴訟を起こしても有利になれなかったり、「弁護士や裁判所も組織ぐるみで勝てないように加担しているのでは」と、不安に思われている方もいらっしゃいます。調査を行うことで音声・映像といった証拠を収集します。「複数の人間が同じ相手に対して付きまとっている」という証拠があれば、それらを覆すことは困難です。弁護士や裁判所の場合でも、ご要望であれば、徹底的に調査いたします。

Q

いったん嫌がらせが終わっても、またされることはあり得ますか?

A

可能性は低いですがあり得ますし、チャンスとも考えられます。個人によるストーカーや嫌がらせの場合、ストーカー規制法に基づいた禁止命令に違反した場合、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金(第19条)の罰則があるため、よほど強い執着心や恨みが無ければ、可能性は低いです。集団ストーカーである場合も同様のことが言えます。ただし報復的な意味合いで人員を変えて嫌がらせを行う場合も考えられます。再度嫌がらせを行っている証拠がそろえば集団ストーカーを行った団体に対して徹底的に損害賠償を請求できます。したがって、捉え方次第ではチャンスとも考えられるのです。

嫌がらせに関するご相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop