探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 自分でできる個人情報漏えいの予防
公開日: 2018/11/01 最終更新日: 2021/03/26
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2018/11/01 最終更新日: 2021/03/26

自分でできる個人情報漏えいの予防

情報社会の日本では、個人情報の管理は特に重要です。個人情報の漏えいをしてしまうと住所や名前、クレジット情報が闇サイトで売買されるなど、様々な不利益が生じます。こちらのぺーじでは、個人情報の漏えいをいかにして防ぐことができるか解説していきます。

個人情報の漏えいの予防について詳しく知りたい

個人情報漏えいについて

インターネットでの個人情報漏えいのほかにも、郵便物のごみなどからプライベートの情報を盗まれてしまうことがあります。情報漏えいの原因として、紛失や置き忘れ、盗難が大きな割合を占めているからで、そのリスクを低減するためにも、機密情報を勝手に持ち出せないセキュリティー対策が必要となります。

盗まれてしまう前に予防線を

自分でできるセキュリティ強化の一覧
  • ポストのカギをちゃんと施錠する
  • できるだけ長く・複雑なパスワードにする
  • 住所やプライベートに関わる情報の載った紙は、業務用シュレッダーにかけるかインクなどで判別がつかないようにする
  • ゴミ出しは収集業者の来る時間に合わせて出す
  • サイトに載せる個人情報に注意する

個人情報漏えいに関連するQ&A

Q

不正アクセスが原因で情報漏えいした場合の対応は?

A

情報がどのくらい漏えいしたのか、情報は暗号化されていたのかなど確認する必要があります。もし、不正アクセスによって個人情報や機密情報が漏れた場合は、早急にネットワークから切り離してサービスを停止する必要があります。調査に関しては第三者機関に依頼して、原因究明と同時に監督官庁への報告が必要になります。不正アクセスや情報漏えいした場合は警察への届けが必要となりスピーディな行動が大切です。

Q

情報漏えいした場合どのような罰則があるの?

A

個人情報取扱事業者が自己又は第三者の不正な利益を図る目的で提供又は盗用した場合には、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処すると規定しています。仕事として個人情報データベースを取り扱っていない友人や家族の場合、個人情報取扱事業者に該当しません。個人情報取扱事業者に該当しない友人や同僚が情報を漏えいして損害が発生するような場合には、不法行為に基づく損害賠償請求の対象となります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop