探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【探偵用語集】仄めかしについて
公開日: 2018/11/06 最終更新日: 2021/09/30
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2018/11/06 最終更新日: 2021/09/30

【探偵用語集】仄めかしについて

ストーカー・嫌がらせ被害に「仄めかし」や「テクノロジー犯罪」に関する問い合わせの電話や相談のメールなども含め多数の相談が寄せられて来ており無視できない事案となっています。

仄めかし相談室

仄めかしについて

本人にはわかる「キーワード」

仄めかしとは集団ストーカー被害者の個人情報や被害者しか知らないはずの情報、またその情報を連想させることを被害者の周辺にて気付く様に示す事によって被害者に「自分は常に監視されている」という意識を植えつけて精神的に追い詰める手法です。

テクノロジー犯罪についての認識を

  • 電磁波を浴び続けることで簡単に体の不調が起こると言われている
  • 騒音や風評被害は本当に近所の人なのか(ミスリードを誘う)
  • テクノロジー犯罪についてネットでの情報しかない

国的に電磁波など超音波による過剰な照射による健康被害を訴える人が、水面下で増加してると言われています。しかも、季節の変わり目に合わせて電磁波を故意にコントロールしてるため病院に行く前は体調が悪かったのに、病院で受診するときには体調が良くなってる。検査の結果は「異常なし」と診断されて、自分の体の変化に見えない不安と、医療現場の対応に不満を覚える二次被害も出てきており、無視できない事案となっているのです。

仄めかしもローテクやハイテクがある

全く知らない人が自分の情報を知ってる「仄めかし」を行い、加担者かと思わせるように錯乱させる行為が報告されています。

ローテクの場合

  • 仄めかしをする為に「つきまとい」で情報を得る
  • 駅やバス停など不特定多数の人物がいる場所を選ぶ
  • デタラメの情報が多く仄めかしになってない場合がある

ハイテクの場合

  • 盗聴盗撮や探偵を使い情報を得る
  • 家にいても音声で仄めかす(音声送信)
  • 情報の精度が高く日々の生活に不安が生じる

仄めかし被害事例

相談の多い被害事例

  • 自分が昨晩食べた物の会話を知らない人がしゃべっていた。
  • すれ違った人物に自分の名前を呼ばれた。
  • 知らない電話番号、非通知からの間違い電話が多い。
  • 自分の「現状」などを会話している人物に遭遇する。
  • 人の会話を音声送信で調整してターゲットの仄めかしだけを聴こえるようにしてる。

仄めかしに関連するQ&A

Q

なぜ見ず知らずの人が自分の名前や生活状況を知っているのでしょうか

A

尾行による情報収集や盗聴器を仕掛けられている可能性があります。自宅内での家族との会話や、電話での会話が盗聴器やコンクリートマイクによって盗聴されている可能性があります。自分で大雑把に行動した時に起きたことをノートに書き、全て専門家に報告することをお勧めします。

Q

仄めかし対策はありますか?

A

イヤホンやヘッドホンで外部の音を遮断する。外に出る時はイヤホンやヘッドホンで仄めかしされても聞こえないという状況を自ら作り出しましょう。また、マスクや帽子等を着用し自分と分かりにくくするのも対策と言えるでしょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop