探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】監視・つきまといについて
公開日: 2019/05/26 最終更新日: 2021/03/26
探偵wiki - 探偵用語
 公開日: 2019/05/26 最終更新日: 2021/03/26

【集団ストーカー用語】監視・つきまといについて

このページでは集団ストーカーに関する問題をさらに掘り下げて、「集団ストーカー用語」を作ってみました。ここでは集団ストーカーが最初段階でやる「監視・つきまとい」などの嫌がらせについてまとめてあります。集団ストーカーのつきまといや監視の手法は多種多様なので、参考になさってください。

目次│監視・付きまとい被害対策相談窓口

集団ストーカーの監視方法

集団ストーカーがターゲットにした相手を監視するときには、プロの探偵並のスキルを使うこともあります。初期段階では、長い時間をかけ、ターゲットに気づかれないように監視します。集団ストーカーの監視やつきまといは、「お前の動向をずっと見ているぞ」「監視してるぞ」と気づかせ、不安に陥れるのが目的ですが、ターゲットが監視に気づくまでは目立ったアプローチはしてきません。

集団ストーカーのリーダーからも、ターゲットが監視に気づくまでは「動くな」という指示が出ているはずです。しかし、ターゲットが何かしら異変に気づいた途端に集団ストーカーは態度を一変させ、目立つような監視行動を始めます。

わざとらしい行動が目立つようになる

例えば、何人もの人がすれ違うたびにニヤニヤと笑っている、バスで通学・通勤していれば、何本ものバスをやり過ごし、ターゲットの出勤時間まで停留所でずっと待っている女性がいる、暑い日も寒い日も、何時間でも片耳に白いイヤホンをつけた人がターゲットの部屋から見える場所に立っている等々です。

あるいは、ターゲットがトラウマになるような経験をしたり、嫌な思いをさせられた人に似てた仲間をわざと配置したりして、嫌なことを思い出させながら監視することもあります。

被害がいったん収まっても油断はできない

集団ストーカーで気をつけなければならないのは、嫌がらせが何ヵ月か続くと、ある時点でつきまといや監視がぱったりと止まり、ターゲットを監視していたストーカー集団もいなくなり、以前と変わらない生活に戻ることです。

しかし、集団ストーカーはそうやってターゲットの様子を窺い、これまでの監視で精神的にどのくらいのダメージを与えたのかを分析して、次の段階に移っていきます。この無風のような状態が訪れたときにも注意と警戒が必要になります。

集団ストーカーの初期段階

つきまとい行為

ストーカー規制法(2000年制定)では、「つきまとい」を「恋愛感情その他の好意の気持ちなどが満たされなかったときに起こる恨みや怨恨の情」を背景に、つきまとい、待ち伏せ、監視、面会の要求、粗野(もしくは乱暴)な言動、無言電話などの行為(8項目に分類)に及ぶことと定めています。

集団ストーカーの場合、「恋愛感情などが満たされない場合」という前提はありませんが、個人を複数の人間でつきまとう、監視する、ガスライティングを仕掛けるなどの嫌がらせが恐怖心を与え、精神的な苦痛、被害をもたらした場合はストーカー規制法違反とみなされることがあります。

エスカレートする『きっかけ』がある

集団ストーカーのつきまといは、初期段階ではローテクが使われます。ターゲットにした相手が通勤や通学に自転車を利用している場合は、集団ストーカーも同じように自転車に乗り、ごく自然に同じルートを走行する人を装ったり、仲間と数人で井戸端会議をするふりをしながら、ターゲットがどのルートを使うのかを監視したりします。

例えば、イヤホンをつけた人がいつも同じ時間、同じ場所にずっと立っていたとしたら、それは「つきまとい」の初期段階の可能性もあります。集団ストーカーの中には、商店街などの一定区間だけを担当し、ターゲットが来たらその日の服装や持ち物(カバンやバッグ、靴などの特徴)を他の仲間に無線で伝えるだけの連絡係もいます。

連絡係や実行犯はターゲットの動向をリアルタイムで監視するために配置されますが、「ただの通行人」に見せかけるため、お年寄りや子どもまで動員することもあります。最初のうちは目立った行動を起こしませんが、ターゲットが集団ストーカーだと気づくや否や、つきまとい行為は大胆になり、エスカレートしていきます。

集団ストーカーの狙い

集団ストーカーはあらかじめターゲットの生活スタイルや行動パターンを調べ、分析・把握しています。複数人で行動し、それぞれに役割分担があるので、会社周辺をはじめターゲットが出かけるありとあらゆる場所にメンバーを配置したり、先回りをしたりして執拗にターゲットにつきまといます。どこに行っても監視の目が光り、つきまとわれるので被害に遭った方は安らぐ間もないかもしれません。

つきまといが続くと精神的に不安定になり、疑心暗鬼にもなって「全ての人が怪しく見える」かもしれませんが、それこそが集団ストーカーの狙いだと思ってください。極端な言い方をすれば、集団ストーカーは四六時中監視したり、執拗につきまとってきますが、それ以上のことはできません。

無視できる範囲の被害なら相手にしない

被害に意識しすぎないこと

集団ストーカーに加担する人の中には、私ども探偵業を営む者から見ても「プロ」と見紛うような追跡技術や調査力を持った人もいます。全体を見渡すと、主犯格を含め、そのような技量を持っているのは集団ストーカーの2割ほどかと思われます。そうすると、残りの8割はほとんど素人同然ということになりますが、おそらくは闇バイトのように報酬を得て集団ストーカーに加担しているのでしょう。

あるいは、素人の方ほうが「使いやすい」だけなのかもしれません。集団ストーカーにつきまとわれても、意識せず無視してください。これまでに集団ストーカーがターゲットに危害を加えた例はほとんどありません。嫌がらせがエスカレートして、ブレーキが利かなくなるのは「恋愛感情型のストーカー」がほとんどです。

意識しないと見えない嫌がらせ

集団ストーカーのつきまといに感情的になったり、過剰に反応したりすると、周囲にはその言動が「挙動不審」に映る場合があります。つきまといを意識しないようにするにはメンタルの強化も求められますが、嫌がらせが「無視できる範囲の被害」であれば、普段の生活を乱さないようにするのがいちばんです。

1人で悩まない

集団ストーカーは不特定多数が嫌がらせに加わっているため、誰が加害者なのかわからず混乱してしまいがちです。しかし、そのせいで家族や友人、会社の同僚など周囲の人がみな集団ストーカーに加担していると思い込み、関係を絶って孤立するようなことだけは避けるようにしてください。ターゲットの孤立は、集団ストーカーを喜ばせるだけです。

そこで大切になるのが「1人で悩まない」ことです。嫌がらせが無視できないレベルにまでエスカレートしていたり、家族や友人に相談しても誰もわかってくれなくて「味方が1人もいない」と不安になったりしたら、嫌がらせ対策のプロに依頼することも考えてみてください。

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

もう1人で悩む必要はありません。理解者はあなたの隣にいます。

監視・つきまといの関連ページ

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

監視・つきまといの相談窓口

嫌がらせ専門対策室とは

嫌がらせ専門のご相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。ご相談は無料です。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

集団ストーカーがおこなう『監視・つきまとい』対策は、専門的な知識と経験が求められ、探偵であればどこでも対応できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

まず、監視・つきまといについて相談することから始めましょう。

監視・つきまとい被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、監視・つきまとい被害の状況、監視・つきまとい対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop