探偵wiki

Wiki

ホーム > 探偵wiki > 探偵用語 > 【集団ストーカー用語】監視・付きまといについて
公開日: 2019/05/26 最終更新日: 2019/05/14
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2019/05/26 最終更新日: 2019/05/14

【集団ストーカー用語】監視・付きまといについて

このページは集団ストーカーのリストをさらに深く掘り下げて「集団ストーカー用語」を作ってみました。ここでは集団ストーカーの最初の段階、監視・付きまといについてまとめてみたものです。集団ストーカーは被害者によって被害内容は全く異なり、付きまといや監視の手法も多種多様です。ここでは、集団ストーカーの最初の段階、「監視・付きまとい」についてご紹介します。

監視・付きまとい被害対策相談窓口

集団ストーカーが被害者を監視する方法

集団ストーカーが被害者を監視する方法はプロの並の探偵スキルを使い、長い時間をかけて被害者が知らないうちに監視されてる可能性が濃厚です。理由として、集団ストーカーの監視や付きまといは、「監視してるぞ」とアピールするように指示されているので、プロが実行犯に入ることは少ない確率だと考えています。

ただ指示があるということは、マニュアルを作る役割の人間がいるということ。今の時代に「8888」ナンバーのベンツやレクサスなど、いかにも「ヤクザ」が監視してることはあり得ません。その筋の人が乗る車は軽自動車やプリウなどです。

被害者をいかに監視してるぞと威圧感を出すための演出なので、その車が停車しても気にしないで、警察に連絡してください。迷惑行為防止条例の改正で目立った監視ができなくなりつつあるので、遠慮せずに警察に連絡しても「おかしな人」と思う警察官は少なってきました。集団ストーカーは本人が気づくまで、何も仕掛けることはしません。監視されて気づかないまま済んで行く人が多いのも事実です。

何か変だなと気づいた時に、集団ストーカーの監視行為が目立つように監視行為が行われます。ニヤニヤしながらすれ違う若者。バスの乗り場でずっと待ってる若い女性。片耳に白いイヤホンをつけて数時間も寒い日も暑い日も被害者が部屋から見れる位置に立ってる人。トラウマの原因にあった人に似ている人を何人か配置して監視して、自分の世界が誰かに監視されてると意識づけます。

しかし、何ヶ月かたつと「以前のような」変な人たちが消えて、普段と変わらない風景が何ヶ月も続きます。そうやって、被害者がどの環境が、精神的にダメージを与えられるかと分析して、次の段階に入っていくのです。

集団ストーカーの付きまといの初期段階

付きまとい行為

イヤホンをつけて、直立不動で不自然に立っている実行犯が報告されている。無線を使って、被害者の服装やカバンや靴などをLINEやメールで仲間に報告して、担当してるエリア内を過ぎたらその場を離れるように指示されてる。半径100m以内に実行犯を監視してる人間がいて、リアルタイムで加害行為を盗撮してると報告があり、実行犯が指示に忠実な理由の1つとして確証されている。付きまといの加担者は家族連れ、年寄り、障がい児、子ども、などを利用しGPS機能がついたゲームを遊ばせて、その情報を手掛かりに車両ストーカーたちに報告してる。

※上記は集団ストーカー加害リストから抜粋したものです。

集団ストーカーの付きまといの初期段階はローテクで行われます。自転車で通勤、通学など、自転車をよく使う生活をしてる人は自転車でごく自然に同じルートを走行する人を装ったり、井戸端会議をしながらどのルートを使うのかを毎日、人を変えて、付きまとい行為を行います。

最初は黙って付きまとい行為をして、被害者が集団ストーカーと自覚するに従って、被害者に威圧感や恐怖感を与えるためにエスカレートしていくのが一般的な流れです。

集団ストーカーと自覚した瞬間、あらゆる場所に加担者が配置されて、被害者に安らぎの場を与えない。日本全国どこに行っても「監視」から逃れなれないと演出しますが、怯えることはありません。

彼等は「監視」してるだけで、他の一般の方は誰も監視していません。家族も友達も普段通りに接していれば、もとの生活に戻る仕組みになっていますから、絶対に自暴自棄にならないようにしてください。

素人の監視と付きまとい

意識しないこと

集団ストーカーの付きまといは素人の付きまといが8割、プロが2割。被害者の前に現れる付きまといの加担者は素人。組織であれば末端の末端です。付きまとい行為をして、アピールをしても「あー頑張ってるな」程度で無視してください。

そして、彼等は被害者に危害を加える指示は出した例はありません。加害行為がエスカレートして、ブレーキが利かなくなるのは「個人」のストーカーがほとんどです。

だから、感情的に反応してしまうと周囲から見れば被害者が「危ない人」という演出が出来てしまいます。だから、付きまといをする加担者を無視し続ける工夫を考えてください。

被害者はたいてい趣味や音楽を聴いて過ごしています。音楽を聴いたり、空をながめたり、あまり被害を意識しないで、付きまといを無視できる被害であれば、普段の生活を決して乱さないように心かげてください。

一人で悩まない

執拗な嫌がらせは第三者に気づかないように嫌がらせを行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっているため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くして完全な孤立にさせるために手段が選ばないのが加害者です。

あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、暴力沙汰になるケースがあるので、被害らしきことが起きたら、メモをとるなりして記録しておくことが大事です。

ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。嫌がらせ対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができると思います。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。みなさんのお力になれると思いますし、納得が行くまで被害のことを話すだけでもすっきりすると思います。

対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

監視・付きまといについての相談窓口

嫌がらせ専門対策室とは

監視・付きまとい対策の依頼は必ず専門家にご相談ください。

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。監視・付きまとい対策は、一般の探偵調査とは違い監視・付きまとい対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった監視・付きまとい対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop