探偵wiki

Wiki

公開日: 2018/10/06 最終更新日: 2018/11/13
探偵wiki探偵用語
 公開日: 2018/10/06 最終更新日: 2018/11/13

盗撮被害の基礎知識

盗撮被害の基礎知識について

盗撮とは、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であって、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置することです。盗撮行為は、「カメラを向けられている」という感覚をターゲットに与えないことが基本となります。盗撮の知識を得ることで、自身の盗撮被害を未然に防ぐことができます。

盗撮される可能性の高い場所

盗撮されやすい状況や場所の一例

  • 満員電車でのスマホ操作
  • 公衆トイレ
  • 温泉の大浴場やプールの更衣室
  • ラブホテルやソープランド
  • エレベーターや階段

盗撮被害に関連するQ&A

Q

盗撮は現行犯でしか逮捕されないのでしょうか?

A

盗撮の証拠があれば後日逮捕も可能です。客観的な証拠として、強力な証拠は「防犯カメラの映像」「調査員による証拠映像」です。盗撮の罪に関しては、各都道府県の迷惑防止条例を確認してください。⇒迷惑防止条例

Q

盗撮被害にあった時の相談先は?

A

警察、探偵、弁護士になります。相談先の役割としては、警察(盗撮犯の捜査、逮捕) 探偵(盗撮の現場調査、盗撮行為者の特定、盗撮現場を押さえる)弁護士(盗撮犯から示談金や損害賠償金など)などやってもらいたい対策によって、このうちどこに相談するべきかが決まってくるのです。

盗撮調査についてご相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop