テクノロジー犯罪解決事例

Technology case

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪解決事例 > 「思考盗聴」や「孤立」を克服する方法
公開日: 2021/04/18
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪解決事例
 公開日: 2021/04/18

「思考盗聴」や「孤立」を克服する方法

思考盗聴はテクノロジー犯罪として使われる手口の一つです、さまざまな方法を使い、ターゲットを追い詰めていきます。こちらのページでは思考盗聴の手法や克服方法をご紹介していきます。

目次│思考盗聴の相談窓口

思考盗聴とは何か?

思考盗聴の始まり

おそらくイギリスのタビストック人間関係研究所が人を「操作する」ための先駆的研究を始めていたようです。表向きには心理学等の研究所でしたが実質的にはロックフェラーと彼に追従するイギリス支配階級のための国際諜報機関でした。タビストック研究所の最終目的とは「世界権力による覇権維持のための国際的な大衆プロパガンダと完全な人間の心理のコントロールの追及」だそうです。

現在に至る大衆洗脳工作の実施に関与しているのはこのタビストック機関と言われています。その道具がMKウルトラや脳内音声兵器になります。機関にはアメリカのCIAが関与しているといわれ世界各国の大衆を洗脳しているのはタビストック人間関係研究所と配下にあるCIAとされています。

MKウルトラ計画とは

CIAがタビストック人間関係研究所と一緒に極秘裏に実施していた洗脳実験のコードネームがMKウルトラ計画(Project MK-ULTRA)です。1953年に囚人に薬物などの人体実験をしていたアレン・ダラスの次に着任したのがシドニー・ゴッドリーブです。MKウルトラ計画はゴッドリーブを先頭に行われました。

まずゴッドリーブはCIA同士で実験しあい、人が足りなくなってきたので被験者の同意なく実験を行うようになりました。実験にかかわった研究者も計画がなんなのか知らなかったようです。CIAの当時の文書によると「マインドコントロールの効果を立証するための実験」としていましたが、化学的かつ生物的な手段だけではなく放射性物質にも着手したことが明らかになっています。

ターゲットの思考を盗む

まず思考盗聴と聞いて何を思い浮かべますか?「自分の考えたことが加害者に盗まれている感じがする」と感じたら、それは思考盗聴を疑った方が良いかもしれませんが、技術的に簡単に行えることではありません。

奇妙な体験をしているのになかなか打ち明けるところがない、人に言っても信じてもらえないけれど、明確に思い当たる節があるなどといった体験談をお持ちの方も、またそうで無い方も、これを機に一緒にテクノロジー犯罪について熟知していけたらと思いますので、最後までどうぞお付き合いください。

真実を知らなければ何も変わらない

思考盗聴被害の具体的な手法

ガスライティング

思考盗聴で顕著なのはガスライティングという手法と広く知られています。ガスライティングとは被害者に誤った情報を認識させるタイプの心理的虐待です。具体的には被害者が自身の記憶、知覚、正気を疑うよう仕向けるものとされており、被害者を当惑させるためにハプニングを起こしたり、ストーリー性のあるものまで幅広いです。

「ガスライティング」という名は、『ガス燈』という演劇(およびそれを映画化したもの)にちなんで付けられました。そして今日において、この用語は論文でも使われているそうです。被害者の多くが共通して同じ証言をする場面に先日出会して驚いたのですが、良い幻聴の時と悪い幻聴の時があるという点で、4人の被害者の意見が全く一致していたことでした。これらの被害は組織絡みで波及している可能性が高く、また時間の区分けがはっきりしていたり計画的でもあると言えるかもしれません。

マインドゲーム

ガスライティングの一種となるものです。ターゲットが自分の記憶が正しいかどうか、何がどうなったのかを考えさせる行為に位置付けられていて、部屋の物を少し移動したり、椅子の高さを少しだけ変える等の行為が含まれます。

アンカリング

アンカリングは「条件付け」といった意味をもっていて、仕草、音、物、光などの複数の「条件」を被害者の意識に植え付け、その「条件」を使って場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、被害者に持たせる手口です。アンカリングはNLP(神経言語プログラミング:Neuro-Linguistic Programming)の技法で可能とされています。

克服の仕方とは

第一歩として孤立せず相談すること

これらの被害を確実に一人で解決・立証していくのは難しいことです。なかなか人に言い出しにくくて辛い想いをしていませんか?調査会社に電磁波調査や超音波調査を依頼して初めて証拠が明るみになったり、加害者の現行犯逮捕にまで及ぶこともありますから、被害を証明していく以外の解決策はなかなか見つからないものですよね。

多くの人にとって「テクノロジー犯罪」という嫌がらせは非現実的なので、理解してもらうのは難しいと思ったほうがいいかもしれません。現実を理解してもらうには、異常な数値を示す電磁波の測定値をはじめ、被害を証明する証拠が必要になってきます。

積み重ねた証明が重要

警察に被害届を出すには、テクノロジー犯罪(電磁波攻撃)を受けていることを立証し、そのうえで健康を損ねた、あるいは身体的・精神的被害を被ったなどの証拠を明示する必要があります。しかし、現行法では「テクノロジー犯罪(電磁波攻撃)の立証」はきわめて難しいため、警察に頼ることさえあきらめている方もおられるようです。

ターゲットが被害届の提出をあきらめ、泣き寝入りしていると知ったらストーカー集団はますます調子に乗り、嫌がらせをエスカレートしてくるかもしれません。警察に頼ることができないときこそ、私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。電磁波の放出量を測定し、異常が認められればその原因を探ります。

解決手段をどう選択するか

先述したように、泣き寝入りをしたところでテクノロジー犯罪が終わるわけではありません。根本的な解決は、犯罪集団の正体を突き止め、テクノロジー犯罪をやめさせることです。

そのために証拠の入手は不可欠ですが、ご相談もしくはご依頼をいただく際は、警察に被害届を出して嫌がらせをやめさせることが最終目標なのか、それとも、電磁波攻撃による体調不良や不眠など、身体的・肉体的な被害と苦痛を被ったとして損害賠償を請求することを最終目標にするのかまで考えていただきたいと思います。どのような解決方法を望むかによって、調査方法やプランも変わってきます。

テクノロジー犯罪調査料金について

テクノロジー犯罪調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」でテクノロジー犯罪調査を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、テクノロジー攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

テクノロジー犯罪が「いつ」攻撃を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。その際、料金の変動はありません。テクノロジー犯罪の有無を確認できるまで、専門調査員が徹底的に分析調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

テクノロジー犯罪調査依頼方法

テクノロジー犯罪調査の依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

テクノロジー犯罪調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

テクノロジー犯罪被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、テクノロジー犯罪の被害の状況、テクノロジー犯罪対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop