テクノロジー犯罪解決事例

Technology case

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪解決事例 > 電磁波攻撃・音声送信・思考盗聴・テクノロジー犯罪対策のまとめ
公開日: 2021/05/18 最終更新日: 2021/05/22
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪解決事例
 公開日: 2021/05/18 最終更新日: 2021/05/22

電磁波攻撃・音声送信・思考盗聴・テクノロジー犯罪対策のまとめ

電磁波攻撃・音声送信・思考盗聴・テクノロジー犯罪対策のまとめ

目次│ 電磁波攻撃・音声送信・思考盗聴・テクノロジー犯罪対策のまとめ

電磁波攻撃と対策

電磁波攻撃は防げるか

被害者の方が移動中の場合、なかなか防ぎようがありません。ですが居室の中ではある程度防ぐことが可能です。限定的な科学技術を加害側が使用しているにすぎません(開発したのは使用者でもないので)。

電磁波を発生させる者は、ボタンひとつ押せば機能するものを使っているだけのことと覚えておいてください。電磁波には高周波、低周波、超音波などに限定されていきます。

超音波は被験者の骨に吸収されることで骨の温度が上昇し頭痛などをもたらします。実はその原理は防音や音響チューニングなどで使用される吸音材、すなわち音波吸収による発熱です。ですから吸音材の素材をヘッドバンドや帽子に仕込んでおくと大分違います。

電磁波に効果があるもの

特に就寝中やよくいる居室で体温上昇などする場合、それはテクノロジー犯罪で意図的にされていることかもしれません。体温上昇は超音波被害のひとつです。新幹線や建物に使用実績がある防音材でカルムーンシートがあります。値段は小部屋全体に張り付けると5~10万円ほどかかるとのことです。

シートの構造は、音波を熱に変えることでアルミの金属層がその熱を逃すため、カルムーンシートが貼られた部屋にいるとおおむね被害が軽減するようです。

カルムーンシートは色々な種類がありますが、金属タイプの厚みがあるものが一番効果があるかと思います。

※頭痛や偏頭痛には遮音材が仕込んであるヘッドバンドなどが有効です。

音声送信と対策

指向性スピーカーか電気信号送信

テクノロジー犯罪で自分にしか聞こえない音というのは耳の外、指向性スピーカーというものです。自分にだけ聞こえるように加害側が指向性スピーカーで壁を突き抜けてターゲットに音や声を聞かせてきます。また耳の外だけでなく頭の中に人の声や音などを送信してくる場合もあります。

これはマイクロ波聴覚効果といって電気信号そのものを、人が本来持っている微弱な電気に送ってくることで送受信を可能にするものです。音声送信は突然大音量などで始まり、何を聞いても音が大きく聞こえる弊害があり、その後調整されて音声だけが耳鳴りとともに聞こえてくる被害が多いようです。

音声送信対策

音声送信が聞こえてきた場合、通常テクノロジー犯罪をされているならば指向性スピーカーとマイクロ波聴覚効果(Voice to scule)の両方を行われる可能性があります。一時的な対策として自分で軽減することは必要ですが、根本から解決するにはテクノロジー犯罪について証拠をとり終焉実績のある探偵に依頼したほうが一番早いです。

探偵選びは、探偵によって加害者である事実もありますので本物を見極めるよう依頼する前に本当に終わらせてくれるのか、きちんと終わらせてくれるまでアフターフォローがあるのか確認しましょう。当社では実績があるのでご相談ください。

精神病工作と対策

入院や通院を工作する

集団ストーカーとテクノロジー犯罪の目的として相手を破滅させることが第一に挙げられます。例えば自殺に向かわせるか、精神病院へ強制入院させ社会的に排除し、誰も被害者の言うことに耳を傾けないようにさせます。

被害者は複数の加害側から勝手に工作されるのですが、よくある方法は被害者が周囲から理解できないことを言っているとか、被害者の主張が首尾一貫しない支離滅裂であるように導いていきます。

音声送信で幻聴などを毎日のように聞かせ続けられ、警察へ行っても誰に相談しても精神病院へ行かせられ、症状によっては強制入院が可能になります。そのため統合失調症はエレクトロニクスハラスメントであると主張する人もいるほどです。

精神病と工作されないために

世界中でマニュアル化された同じ方法のテクノロジー犯罪があるにもかかわらず、日本ではテクノロジー犯罪は隠ぺいされる傾向にあります。客観的に証明できない被害者の主張は「被害妄想」と認識され、加害側が期待しているストーリーです。存在しないはずの声や音がひとりで部屋にいると聞こえる、自分の頭で聞こえるとなると、医者も統合失調症と判断せざるをえません。

医者も患者の症状から病名判断しますので、加害側の思惑通りの事を言い、思惑どおりの病名になるように仕向けられます。精神病で入院するには医療保護入院と措置入院があります。医療保護入院は家族の同意が得られれば入院できるので、家族の理解を得ることが重要です。

措置入院は医療保護入院ができなかった場合に強制的に警察と精神科の医師の判断により行政としての強制入院となります。よほどの事態になりますので、強制入院させられそうなら平静になる必要があり、決して感情的に行動しないことです。

思考盗聴と対策

特許済の思考盗聴

思考盗聴とは1960年代から長年にわたり開発と特許を繰り返しており、主に超高感度磁気センサー(Squid)によって行われます。思考盗聴の研究・特許と、テクノロジー犯罪被害を受けている人の話は一致しており、暗に一方的に実験しているとなると犯罪になります。

思考盗聴は、感情や考えだけではなくイメージするものや耳から聞こえるものまで分かる場合もあります。技術としては身体の感覚などもターゲットの人が意識していることと意識していないことまで遠隔で分かるようになっているようです。

心の声を聴くためにひっそりと行われがちですが大概テクノロジー犯罪を受けている人はほとんど同時進行で思考盗聴が行われているはずです。

思考盗聴は防止できる

今では、帽子の中に特殊なアルミが入っている製品などもあるようですので、信頼おける製品インターネットショップなどで探して購入してみてください。アルミにも防げるものと防げないものがありご自身でよく調べてみてください。

思考盗聴されているなら電磁放射線遮蔽率:99.99パーセント(10MHz~3000MHz)など広範囲にわたり防いでくれるもののほうが、思考盗聴だけでなく超音波攻撃なども防いでくれるようです。

思考盗聴は防げる技術でもありますので、加害側は防げる技術であることを被害者に悟られないようにするため、思考盗聴の加害行為を悟られないようひっそりと行います。

共有されたマインドとその対策

遠隔脳観察と脳共有

遠隔脳観察(RNM)も脳共有(EBL)も脳神経系の活動を機械と接続し通信する技術です。思考盗聴で行っていた脳波解析の精度が高まるにつれて被験者の生体状態を読み取り、他者へ入り込むことができる技術になります。

プライバシーの崩壊

他者との意識接続は、集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害にあっている人以外でも行われているようですが、個人では誰が行っているのか分かりません。犯行を完全に終わらせるためにも確実な調査をする必要があるので、集団ストーカーとテクノロジー犯罪の実績がある探偵に依頼し、事実を突き止めるのが最も解決する近道になります。

誰がやっているのか分からなくても今まで集団ストーカーやその他のテクノロジー犯罪を加害されていたのであれば、人が行っていることですので確実に捜査が可能になります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop