テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > ねずみ駆除超音波に改造してあることも…超音波の実態とは
公開日: 2021/11/05 最終更新日: 2021/12/04
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2021/11/05 最終更新日: 2021/12/04

ねずみ駆除超音波に改造してあることも…超音波の実態とは

ねずみ駆除超音波は気軽にホームセンターやインターネットで買うことができます。一度、電気に通したら半永久的に効果があることの手軽さがうけて今では家庭で部屋ごとに一台に配置されている場合もあります。こうした人の心理をついて他のものにすり替わっている可能性をご紹介します。

目次│超音波相談窓口

兼盗聴器になっている超音波機器

人目を気にしない盗聴器

誰も気にとめない形で常に電源に入っているのがネズミ駆除超音波です。ネズミだけではなくネズミより小さいゴキブリや蚊やノミ除けにも効果があるとされており、家庭に設置しやすいです。

ソファーや家具の裏側についている電源コンセントにネズミ駆除超音波が設置されていることはよくあります。

しかし、この人目に触れない位置を狙って超音波機器を装って盗聴器が仕掛けられていることがあります。

盗聴器設置のプロになってくると、盗聴器などを買うよりも自前で改造して市販のものと分からないような機器の中へ盗聴器を設置することが可能となってきます。

電池切れの心配もなくコンセントにつないでいる限り電力が補充されますので交換する必要もありません。

半永久的に盗聴できるようになります。このため超音波機器が盗聴器になりすましている形であることは自然なことでしょう。気になる方は自宅のコンセントに繋がっているものを今一度確認してみましょう。

超音波

超音波は兵器として利用されている?

指向性エネルギーとテクノロジー犯罪

超音波とは人間が聴覚で認識できる周波数20Hzから20000Hzの範囲を超える高い振動数の音波のことです。

超音波は指向性を持つことができるので、実はテクノロジー犯罪で使用されている指向性エネルギー兵器と類似のものになるのはご存知でしょうか?指向性エネルギー” DEW、directed-energy weapon”とは兵器の存在として一般的に認識されていますが、テクノロジー犯罪で使用されている可能性が指摘されています。

指向性エネルギーの種類は他にもあります。高エネルギー電波兵器(HERF)は遠隔で人の表面体温を一時的に高温にさせることもでき電子レンジと同様の機能を発揮します。

マイクロ波はたとえば遠隔で人の皮膚を目標としたとすると皮膚表面の水分を加熱し痛みを引き起こします。他にV2Kと言われる脳内音声兵器はマイクロ波聴覚効果を応用した無線通信システムであり米軍によって機密が解除されています。

指向性エネルギーは個人や集団がこれに晒されていたとしても被爆者たちが理解しているわけではないことや、波長が建築物などの素材を透過すること、波長発生のために特別なアンテナを用いることで、個人・市・国などの広範囲を照射できることが発表されています。

ネズミ駆除超音波機器と兵器としての指向性エネルギーは一見違うもののようにみえますが性質は大なり小なり程度の差こそあれ、ほとんど同じです。それが人間にとって有益か有害かというわけです。

指向性エネルギーはピンポイントで狙う

超音波に関連するQ&A

Q

超音波は人に害を与えるものなのですか?

A

超音波自体は人に害を与えるものではありません。超音波は様々な場面で使用されており、医療や測定器、動物の駆除などで使われます。超音波を浴びただけで体調不良を起こすことはありませんが、個人差はありますが、長期にわたって浴び続けていると体調不良を起こしてしまう場合があるのです。慢性的な頭痛や吐き気が起きた場合は、超音波が原因によるものもあるので、専門家への相談で超音波の有無、発生源の特定を依頼することができます。

Q

音響兵器は一般人でも入手可能なんですか?

A

不可能ですが、疑似的な機器の作成は可能です。指向性スピーカーは、超音波自体を発射する装置なので、一般レベルでも入手ができます。音響兵器は日本は国の所有物なので、入手することは不可能でしょう。ただし、違法サイトなどで構造、作成方法などが出まわっていることもあります。さらに、音響と機械工学の知識があれば、作成方法を閲覧せずとも自作することができます。こういった疑似的な音響兵器を使用した嫌がらせは、組織的あるいは専門知識を持つ人物が必要になります。

超音波調査料金について

超音波調査料金のご説明

探偵各社が提示している超音波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」で超音波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、超音波の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をして、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

「いつ」超音波を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、超音波の発生源特定します。その際、料金の変動はありません。超音波の有無を確認できるまで、調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

超音波にお悩みの方へ

無料出張相談も可能!

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで行くのが不安な方のために、出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、超音波について相談することから始めましょう。

超音波相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、超音波被害の状況、超音波対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop