テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪解決事例

Technology case

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪解決事例 > 音声送信(テクノロジー犯罪)被害者体験談と解決方法
公開日: 2021/04/17 最終更新日: 2022/02/05
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪解決事例
 公開日: 2021/04/17 最終更新日: 2022/02/05

音声送信(テクノロジー犯罪)被害者体験談と解決方法

テクノロジー犯罪の一つである音声送信の体験談と解決方法についてご案内いたします。テクノロジー犯罪解決には犯罪の実態を明らかにし、情報収集をすることから始めましょう。

目次│音声送信の被害相談窓口

専門家
音声送信調査
2022年2月5日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、音声送信でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

音声送信被害体験談

女性
ご依頼者様: 40代/女性 公務員
ご依頼内容: 音声送信は精神崩壊させる:音声送信調査
ご依頼理由:

音声送信の解決は難しいといいます。なぜなら常に音声送信が行なわれているわけではないからです。あくまで私の体験ですが、音声送信はそこまで多くは行なわれていませんでした。はっきりと「音声送信だ」と確信したものは、「従え、従え、従え」と三回、とてもはっきりと聞こえたものでした。あとは、朝起きる頃に妙にはっきりと、からかうような蔑むような笑い声が耳元で聞こえることでした。それと、外の私について噂して行く声が妙にはっきりと聞こえることでした。しかし、それは長年電磁波を浴び続けたことにより、統合失調症の症状になってしまい、人の声が大きく聞こえるようになっていただけかもしれません。

統合失調症の症状の中に、「人の声や音が大きく聞こえる」と言う症状がありますが、私の症状は「人の声や音が大きく聞こえる」「同じ考えが頭の中をぐるぐると巡り頭の中がごちゃごちゃになってしまう」というものでした。こういった精神病のような症状も電磁波によって作られてしまうのですから恐ろしいものです。「従え、従え、従え」と聞こえた時、集団ストーカーの私についての噂話では、「私がなんらかの罪を犯し、刑務所に入ることになる」ということを仄めかされている時でしたので、はっきりと音声送信が行なわれたのが「従え、従え、従え」の三回だけだったにしても、ものすごい恐怖がありました。

それと、「笑い声が大きな声で耳元で聞こえる」と言うものは、音声送信かはっきりしませんが、やはり毎日となるととんでもない苦痛でした。自分についての噂話も、本当に内容まではっきりと大きな声で聞こえますし、家の真ん前で、注意しても聞かずしゃべり続けられるので、もうノイローゼに近い状態になってしまいました。音声送信が毎日のように行なわれている被害者の方は、一日も早く音声送信をやめさせるために行動すべきだと思います。集団ストーカーは放っておいてもいつかはやめるらしいのですが、私が入院しなくてはならなくなったように、「被害者が不幸になるまで」嫌がらせは続きます。

解決法は、「探偵などの専門機関に依頼する」、精神的にタフなら「終わるまで我慢する」しか私には思い浮かびません。このようなつきまといや、電磁波による犯罪は近頃ネットで話題になることが多く、知識として知っている方も多くなったかと思いますが、もしこの犯罪に巻き込まれてしまったら、信用できそうな専門機関を探し、音声送信をやめさせるように一緒に動いてもらいましょう。音声送信は精神状態をおかしくさせる攻撃です。一日も早く専門機関に相談し、解決策を一緒に考えてもらいましょう。

音声送信の正体

思考盗聴 解決するには?

ボイス・トゥ・スカルとは

ボイス・トゥ・スカル(Voice-to-Skull、略称: V2K)とは、他人には聞こえず自分の頭の中で声が聞こえるという精神病語でいう幻聴に相当する現象です。

ですが、決して精神病ではなくアラン・H・フレイが最初の発案者でアメリカでの特許番号:3951134号でその後続々と改良特許を取得してきたマイクロ波聴覚効果のことでれっきとした科学技術です。

ボイス・トゥ・スカルおよびV2Kはマイクロ波聴覚効果(microwave auditory effec)とも言い換えられています。1961年フレイが発案しました。その後1989年にマインドコントロール用マイクロ波技術(特許:3951134号)、1992年にサイレント・サブリミナル・プレゼンテーションシステム(特許:458339号)、その後1997年に神経系のサブリミナル音響操作(特許:6017302号)として改変されています。

マイクロ波聴覚効果とは

神経科学者フレイの研究は、人の頭にパルス波形や変調マイクロ波6kHz(被害者が耳鳴りと知覚)を指向照射することで脳内にクリック音や変調音、単語、音声を育成し外耳を介さずに頭骨伝導音声を脳内に直接育成する技術になります。

マイクロ波聴覚効果は短波長の電磁波で誘導されていき、近くの他人には聞こえません。

その後、1970年代にNASAによる研究では、マイクロ波聴覚効果は内耳にある聴覚を司るカタツムリ状の蝸牛(かぎゅう)の周りが熱膨張すると、信号変調し頭蓋内に送信された音や単語を育成されて聞くことができると発表したのです。

コミュニケーションの分野で研究されていたことがアメリカと旧ソ連で非致死性兵器として研究開発されていった経緯があります。

真実を知らなければ何も変わらない

非致死性兵器の考察

パルスの周波数

パルスマイクロ波を指向して送信する場合、聴覚系の応答は約200メガヘルツから3ギガヘルツ(現在は5ギガヘルツまでとも)にたいして発生させています。こうした指向性送信は頭痛やしびれなどの副作用が起きるとフレイの研究当初よりわかっていました。

しかし研究は戦争をせずに戦争を終わらせようとする非致死性兵器として人を支配する方向へと目的が変更されていったように考えられます。パルスの周波数の研究は1997年にはサブリミナル感覚共鳴の研究へと変貌します。

神経系のサブリミナル音響操作

最初のボイス・トゥ・スカルを研究したニコラ・テスラは次のように言っています。「宇宙の秘密を探求したいなら、エネルギーや周波数、振動の観点から考えることだ」と。

現代では音の振動が媒体を介してどのように存在の振動を変化させているのかを既に実証済であり、「サイマティクスの科学」や「水の記憶」で実験実証されています。これら砂や水などの固体・液体振動で音を可視化することは人の身体が70%も液体で占められていることから人にもサブリミナル音響操作ができると考えられています。

こうしたことから世界中の音楽は国際標準化機構(ISO)で1953年からA=440Hzとされたが現代では440Hzというのは人を攻撃するような音楽で人体に有害な影響を与えると最近では定説されています。

432Hzの大家とされるブライアン・T・コリンズ( Brian T Collins )が指摘するように宇宙と小宇宙に調和し、人を調和の心にするのがA=432Hzの音の効果のようです。

そして内耳の調和にも432Hzが良いとされているようです。なぜかというとルドルフ・シュタイナーが「C=128Hzでチューニュングされた音は、精神の自由に向けて人間性をサポートする。人間の内耳は、C=128Hz用に構築されている。(C=128HzとはA=432Hzを示す)」と言っています。

もし432Hzについて興味がありましたらご自身で調べてみてください。

音声送信は突然消えることもある

加害者側の都合による

ターゲットを付け回したり、テクノロジー攻撃をしても「嫌がらせを嫌がらない」と判断された場合、突然、集団ストーカーが消えた事例があります。

1つの事例として、「嫌がらせされていることを本人が気が付かなので嫌がらせしている意味がないのでやめた」という事例があります。確かに、嫌がらなければ「意味のない行為」で反応しないからつまらないと感じるのでしょう。

他にも、資金的な都合(人件費の高騰)やコロナの影響で人が動けないなど要因はさまざまですが、加害者側の都合で突然嫌がらせが終わるケースもあるのです。

  • 加害組織がなにかしらの理由で機能しなくなった
  • 首謀者が死亡もしくは指示できない状況
  • 集団ストーカーおよび音声送信をする意味がなくなった

加害者の都合で消えることは間違いなさそうですが、被害者は「いつ終わるかわからない」状況は日々ストレスを抱え耐えきれるものではないでしょう。

テクノロジー犯罪は精神状態をおかしくさせる大変厄介な攻撃です。一日も早く専門機関に依頼し、集団ストーカー自体も解決してもらいましょう。

被害把握と証明が重要

警察に被害届を出すには、テクノロジー犯罪(電磁波攻撃)を受けていることを立証し、そのうえで健康を損ねた、あるいは身体的・精神的被害を被ったなどの証拠を明示する必要があります。

しかし、現行法では「テクノロジー犯罪(電磁波攻撃)の立証」はきわめて難しいため、警察に頼ることさえあきらめている方もおられるようです。

ターゲットが被害届の提出をあきらめ、泣き寝入りしていると知ったらストーカー集団はますます調子に乗り、嫌がらせをエスカレートしてくるかもしれません。

警察に頼ることができないときこそ、私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

解決手段をどう選択するか

先述したように、泣き寝入りをしたところでテクノロジー犯罪が終わるわけではありません。根本的な解決は、犯罪集団の正体を突き止め、テクノロジー犯罪をやめさせることです。

そのために証拠の入手は不可欠ですが、ご相談もしくはご依頼をいただく際は、警察に被害届を出して嫌がらせをやめさせることが最終目標なのか、それとも、電磁波攻撃による体調不良や不眠など、身体的・肉体的な被害と苦痛を被ったとして損害賠償を請求することを最終目標にするのかまで考えていただきたいと思います。

どのような解決方法を望むかによって、調査方法やプランも変わってきます。

裁判や調査でも認められる調査報告書

音声送信調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

音声送信相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、音声送信の内容、音声送信に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop