テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪の実態について
公開日: 2020/12/23
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2020/12/23

テクノロジー犯罪の実態について

テクノロジー犯罪の実態について知りたい

テクノロジー犯罪に関する情報のほとんどが被害者から発信されていますが、本当の被害者が発信している情報を見極めるのは困難でしょう。テクノロジー犯罪は、被害者によってさまざまで共通することは「人を不快にさせる嫌がらせ」であることです。テクノロジー犯罪については、「正しく理解すること」ことがとても重要で、必要以上に怖がらず解決策を一緒に考えましょう。

テクノロジー犯罪について│目次

テクノロジー犯罪について

テクノロジー犯罪とは

テクノロジー犯罪とは、人の嫌がる電波・音波・音声を使った「身体攻撃」などの総称です。「音声送信」や「思考盗聴」と聞くと軍部の攻撃で使われそうな犯罪ですが、海外ではすでにテクノロジー犯罪の認識はされており、とある海外紙ではキューバのアメリカ外交官の不調を訴える事案が相次いでるのは「マイクロ波が原因ではないか」と報じています。

外交官、海外の要人でもない一般の私たちには、攻撃されること自体あり得ないことですが、近年、医学でも分からない原因不明の体調不良を訴える人が増加しており、軍事的なレベルではないにしろ、何かしらの異常電波が体内に帯びてる可能性が高くなりました。因果関係はまだ未知なる世界ですが、現代社会に増加してる「うつ病」などを患う人の原因の1つに「違法電波」が加わっていたとしたら、周辺の電波の数値を調べる必要があるでしょう。

調べる必要がある理由としては、テクノロジー犯罪は表に出にくい犯罪であり、理解されないデメリットから孤立に追い込まれます。目に見ないからこそ、さらに不安や妄想を掻き立てられ、「精神疾患」を患い、社会から孤立する環境が作られてしまう恐ろしい犯罪なのです。

人が近くにいないのに人の声や音がする「音声送信」

音声や音を聞かせる嫌がらせを「音声送信」と言われています。なぜ、音声送信といわれるのかについてお答えすると「自分にしか聞こえない」から、脳に送信されているのではと疑ったことから始まっています。実際には、近所トラブルでよくある「音の被害」で、必要な人にだけ情報を伝える「指向性スピーカー」を悪用してノイズをターゲットに聴かせることが大半です。

実際には、電柱や周辺の垣根にスピーカーを忍ばせて、あたかもそこに人が井戸端会議してるかのような演出を生み出すことができます。また、「被害者にしか知らない情報」を流せば、被害者は「家に盗聴器が仕掛けてあるかもしれない」と不安にさせることができます。探偵事務所に盗聴発見調査を依頼しても、結果、盗聴器は仕掛けられていないことで困惑し、更なる不安が押し寄せてきます。

思考盗聴とテクノロジー犯罪の弱点

思考盗聴は今の技術段階では実験レベルと判断しています。組織的な犯罪を行なってる組織がそこまでの技術があるか疑問です。しかし、集団ストーカーの犯罪の1つ「アンカリング」「ガスライディング」のやり方は、被害者の行動や性格など徹底的に情報収集しないと不特定多数の人に「指示」を送ることは不可能です。思考盗聴のようなテクノロジー犯罪をいとも簡単に行える「技術マニュアル」みたいなものが存在して、あたかも奇術のようなやり方で被害者を苦しませているということです。

テクノロジー犯罪の弱点は、被害状況によって異なります。もし、音声送信の被害で原因が指向性スピーカーであれば、設置されている方向と違う方向に行けば「音」は聞こえません。音声送信の被害の場合は、ノイズキャンペーンで(生活音や悪口を大きく聴かせる加害行為)耳が音に対して敏感になってるため、「トントン」が何かの言語に聴こえる現象があります。

音声送信は心がポジティブ的な考えであると、音声送信が聴こえにくいというデーターもあります。心の余裕を持つことを心かげることもこの犯罪と向き合うには大切なことです。テクノロジー犯罪は「被害者の妄想」で片づけられる状況から、人を怒らせたり不快にさせたりするのに適して「嫌がらせ」ですが、起きていることには必ず仕掛けがあり、証明することで「見える敵」にすることが解決への一歩となります。

テクノロジー犯罪についてもっと知りたい!

テクノロジー犯罪調査で解明したこと

このページでは、テクノロジー犯罪について調査・分析に関するより詳細な情報をご提供します。

テクノロジー犯罪コンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべきに立ち上げました。テクノロジー犯罪被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切であることを知りました。テクノロジー犯罪被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュは、テクノロジー犯罪に関する経験が豊富である「理解者」であり、テクノロジー犯罪が表に出ることをサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、テクノロジー犯罪について知ることから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

テクノロジー犯罪について詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop