テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪の実態について
公開日: 2020/12/23 最終更新日: 2022/09/09
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2020/12/23 最終更新日: 2022/09/09

テクノロジー犯罪の実態について

テクノロジー犯罪の実態について知りたい

2021年秋、愛媛県で家族3人が刺殺され、殺された男性の職場の元同僚で当時53歳の無職男性が逮捕されました。この容疑者は「電磁波攻撃を受けた」と供述をしていることも判明し、過去にも「電磁波を当てられている」「組織に狙われている」などと警察に相談していたといい、一方、亡くなった被害者も容疑者から「電磁波攻撃をやめろ」言われ、トラブルを警察に相談していました。

警察は、容疑者が元同僚である被害者とその家族に対し、一方的に恨みを募らせた可能性があるとみています。これは、「電磁波攻撃」の被害を訴えた末、トラブルに発展し最悪の結末を迎えたケースといえます。

テクノロジー犯罪について│目次

専門家
テクノロジー犯罪調査
2022年3月11日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、テクノロジー犯罪でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「テクノロジー犯罪」とは

テクノロジー犯罪の実態について

心身を破壊されることも

「テクノロジー犯罪」は電磁波攻撃や、音声や音波、光の送信により、ターゲットの被害者の頭痛・めまい・立ちくらみなどをはじめとした精神疾患の誘発、感情や思考の操作をもたらし、自律神経失調症を発症するケースもあり、心身が破壊された結果、上記のような、他者への攻撃的欲求や、自殺願望が芽生えることもあります。

電磁波を「正しく恐れる」ことも重要

電磁波とは「電界」と「磁界」が組み合わされた発生する波動のことで、そもそも、自然界の日光にも存在し、身の回りの電線や家電の電器機器、携帯電話などの電波からも発生するものです。

現段階では、生活環境における「電界」と「磁界」による健康被害があるという証拠は見つかっていないのが現状です。いわば、私たちの生活は電磁波に囲まれているといっても過言ではないのです。

電磁波を使った嫌がらせ行為も

「電磁波過敏症」の可能性も

電磁波は自宅だけではなく、外部からももたらされるものです。人体に悪影響を及ぼしていると考えられる電磁波の原因が、家屋内か外的要因によりものであるか、はたまた、嫌がらせによる犯罪行為によるものなのか、あらゆる可能性を探る必要があります。

電磁波の存在がわかれば、「電磁波過敏症」の可能性も考慮し、専門機関への相談をおすすめします。

電磁波攻撃に対抗するには

「電磁波過敏症」は、まだまだ世間的には認知されていないため、精神疾患を疑われることが多くあります。しかしながら、電磁波によって苦しむ人が多く存在するのも、また事実です。

電磁波によるトラブルが起きたら、当事務所の調査員による「電磁波調査」をおすすめします。自然に存在する電磁波によって、自分の社会的立場や人間関係を壊さないためにも、測定の専門家に協力を仰ぐのが問題解決の近道といえます。

そして、電磁波被害の原因が、嫌がらせ目的によるものであれば、当事務所が、その被害状況や証拠の確保、加害者の特定や二次被害を防ぐアフターフォローまでお手伝いいたします。

テクノロジー犯罪コンシェルジュ

コンシェルジュの目的

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

まず、テクノロジー犯罪について知ることから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

テクノロジー犯罪について詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop