テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪の被害で生活や仕事に影響が出ている
公開日: 2022/03/09
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2022/03/09

テクノロジー犯罪の被害で生活や仕事に影響が出ている

テクノロジー犯罪被害者の置かれている現状

違法電波や電磁波、人間の耳には聞こえない音波によって攻撃する「テクノロジー犯罪」の被害によって、心身ともに疲弊し、日常生活や仕事にも悪影響を及ぼすケースがあります。そこまで自覚症状があれば“重症”といえます。エスカレートしたテクノロジー犯罪に対し、どのような対処法があるのでしょうか。

テクノロジー犯罪の現状│目次

専門家
テクノロジー犯罪相談
2022年3月9日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、テクノロジー犯罪でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

テクノロジー犯罪の影響

テクノロジー犯罪で生活に支障がある

被害を理解されずに…

長期にわたるテクノロジー攻撃によって、ターゲットの人物の心身を徐々に崩壊に導きますが、この過程において、周囲に相談できる人間がいないことが、重要な問題とされています。

これには「テクノロジー犯罪」に対する、世の中の無理解や無関心が大きな影響していることが考えられます。このような背景から、被害者は誰にも相談できずに孤立し、病状は悪化の一途をたどっていきます。

これを克服するには、全ての人が、電磁波や音声などを悪用した「テクノロジー犯罪」というものが「現実に存在する」ことを理解し、「いつ、誰もが」ターゲットになりあることを理解することが必要です。

攻撃から逃げられない恐怖

さらに、ターゲットにされた人物は、心身ともに調子を崩し、仕事や日常生活に支障をきたしていきます。乱された精神状態が要因となり、職場や家族などとの関係が悪化し、適切なコミュニケーションが取ることが難しくなり、職場環境や生活環境にも悪い影響を及ぼしてしまうからです。

これは、被害者が転職や転居など、環境を変えたとしても、ターゲットの居場所が、加害者に知られている限り、攻撃は続けられるので、「逃げ切る」ことはほぼ不可能といえます。

犯罪集団に立ち向かうために

闘い方にも「戦略」が必要

テクノロジー犯罪の加害者は、ターゲットの人物が精神崩壊し、虚言や奇行によって、人間関係を悪化させた末、逃げ場を失ったと感じさせた上、最悪の場合、自殺するまで続けられる可能性があります。

この悪魔のようなシナリオから逃れるには“闘う”しかありません。しかしながら、周囲の人物をむやみやたらに犯人扱いしたところで“変人扱い”されることは、火を見るよりも明らかです。

テクノロジー犯罪の加害者集団との闘い方にも「戦略」が必要です。

テクノロジー犯罪を理解するための行動を

すでに日常生活や仕事にも影響が出ているのであれば、まずはその症状について記録することから始めてみましょう。

その上で、一般社団法人日本電磁波協会認定の「電磁波測定士」の資格を保有し、テクノロジー犯罪に関わった経験が豊富な、当事務所の調査員によって、盗聴・盗撮、電磁波測定、超音波測定などの幅広い調査を行い、原因の特定や再発防止までサポートいたします。

テクノロジー犯罪被害で苦しむ二次被害

テクノロジー犯罪の影響で、仕事上で小さなミスが増えたり、仕事の能率が落ちたり、職場の同僚との関係がうまくいかなくなることがあります。

このような状況について家族や職場で理解を得られず、社会的に孤立してしまい、更に困難な状況に追い込まれてしまうことがあります。

  • テクノロジー犯罪について相談すると精神疾患と決めつけられてしまう。
  • 周囲の人たちには巻き込まれたくないと避けられてしまう。
  • 個人情報が漏れた可能性があり毎日が不安で落ち着かない。
  • 理解してもらえないストレスから家族や交友関係に危機をもたらしている。
  • 自分一人ではどうすることもできない。

真実を知らなければ何も変わらない

テクノロジー犯罪専門コンシェルジュ

コンシェルジュの目的

テクノロジー犯罪の被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュはテクノロジー犯罪の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをテクノロジー犯罪集団は嫌がります。1人でもテクノロジー犯罪被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュはテクノロジー犯罪被害者の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

まず、テクノロジー犯罪の影響について知ることから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

テクノロジー犯罪の影響について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop