テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪の立証や犯人の特定に必要なこと
公開日: 2022/03/09
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2022/03/09

テクノロジー犯罪の立証や犯人の特定に必要なこと

テクノロジー犯罪被害者の置かれている現状

違法電波や電磁波、人間の耳には聞こえない音波によって攻撃する「テクノロジー犯罪」。原因不明の体調不良、幻聴や幻覚、加えて、精神疾患に罹患してしまうこともある恐ろしい集団犯罪ですが、その発症のメカニズムが解明されていないどころか、犯行の証拠や加害者集団の特定は至難の業のようにも感じられます。

しかしながら、何らかの対策を施さない限り、止まらないのは、この犯罪の特色でもあります。どのようにして対抗策を立てればいいのか、解説します。

テクノロジー犯罪の現状│目次

専門家
テクノロジー犯罪相談
2022年3月9日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、テクノロジー犯罪でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

敵は「集団ストーカー」の可能性大

テクノロジー犯罪 犯人特定

テクノロジー犯罪に巻き込まれるきっかけとは

テクノロジー犯罪をはたらく集団は、ほぼ「集団ストーカー」によるものといっても過言ではありません。そして、そのきっかけとなり得るものとしては、近隣トラブル・宗教などへの勧誘トラブル・会社などにおける退職強要など、さまざまなケースが考えられます。

共通しているのは、「敵」はグループとして、入れ代わり立ち代わり犯行に及び、見えない武器によって攻撃することによって、その正体を現さないことです。

警察に被害を訴えるには「証拠」と「加害者特定」は必須

違法電波や電磁波、音波などによる攻撃は「エレクトロニックハラスメント」とも呼ばれ、以前は、被害を訴えても「精神病扱い」されることも少なくありませんでしたが、現在では、被害の証明や証拠、加害者の特定によって、警察でも被害届を受理することも多くなっています。

よって、泣き寝入りすることなく、感情的になることもなく対処法を立てれば、被害から逃れることが可能です。ここで注意したいことは、怒りに任せて「反撃しよう」などと考えないことです。

確たる証拠もないまま反撃に出れば、それこそ集団ストーカーの思うツボとなってしまい、「加害者」に仕立てられてしまうからです。

裁判や調査でも認められる調査報告書

過度に怖がる必要はない

見えない武器でも操っているのは人間

テクノロジーという目に見えない武器を持って攻撃を加えてくることによって、被害者はまるで幽霊にでも憑りつかれたかのような不気味さを抱き、ネガティブな感情が湧いてくることは致し方ありませんが、物事をシンプルに考え、俯瞰することで、自分に起きていることが見えてきます。

例え、被害が電磁波や音波などであったとしても、それらを操作しているのは人間であり、「個人に対する、複数の人間による攻撃」という図式が見えてきます。このように考えることができれば、おのずと対策や解決法を導き出すことができます。

目標は「とりあえずやめさせること」

まずは、普段の日常生活を取り戻せるよう、加害者を絞り込みます。加害行為が集団で行なわれていても、その全てを捕まえようとするのではなく、まずは1人に絞り加害行為を行なっていたことを認めさせ、その結果、その周りの加害者は「芋づる式」に捕まることを恐れ、被害者にかかわってくることはなくなります。

当事務所では、テクノロジー犯罪に関わった経験が豊富な調査員によって、盗聴・盗撮、電磁波測定、超音波測定などの幅広い調査を行い、原因の特定や加害者の特定、加えて再発防止までサポートいたします。

犯人特定するために必要なこと

テクノロジー犯罪と向き合うために

テクノロジー犯罪は、いまだに全てが解明されていない状況です。あらゆる可能性を柔軟に考え、感情的に物事を決めつけないことが解決に向かい第一歩となります。

被害者に陥りやすい「悪いことを大きく考え」「良いことを小さく考える」という思考パターンがあります。

こういった思考に陥ると、小さな被害がとてつもない組織に狙われていると感じられ、自分でことを大きくしてしまう傾向があります。

テクノロジー犯罪の「確実な解決策がある」と考えている人は、立派な解決策が見つかるまで行動できず、問題も解決しません。

「必ず解決策はある」と信じて行動した人が解決に向かうのではないでしょうか?

テクノロジー犯罪コンシェルジュ

コンシェルジュの目的

テクノロジー犯罪の被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュはテクノロジー犯罪の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

コンシェルジュはテクノロジー犯罪被害者の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをテクノロジー犯罪集団は嫌がります。1人でもテクノロジー犯罪被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

まず、テクノロジー犯罪について証明することから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

テクノロジー犯罪の犯人特定について詳しくお聞きしたい方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop