テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪に対応できる窓口に相談したい
公開日: 2021/01/12 最終更新日: 2022/09/09
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2021/01/12 最終更新日: 2022/09/09

テクノロジー犯罪に対応できる窓口に相談したい

外出しなくても大丈夫!テクノロジー犯罪相談窓口

テクノロジーを使った嫌がらせ行為とは、電磁波発生装置を用いた電磁波攻撃、パラメトリック・スピーカーを用いた超音波攻撃、指向性スピーカーなどを用いた音声攻撃などで、ターゲットを電磁波過敏症や幻聴をはじめとする体調不良を誘発するもので、集団ストーカーで用いられる手法でもあります。

被害が目に見えないため、ターゲットとされた人物は被害を訴えても「気のせい」とされたり、場合によっては精神疾患を疑われ、ますます孤立を深めることになり、事態が泥沼化することも多い事例です。

テクノロジー犯罪相談室│目次

その「正体」を現さないテクノロジー犯罪

テクノロジー犯罪 相談

被害を訴えても…

当然のことながら、電磁波や音波、音声を目視することはできません。よって、それらを使った攻撃によって、心身に不調を訴えた被害者(ターゲット)が周囲に助けを求めても、理解されず、時には、統合失調症などの精神疾患を疑われ、病院に連れていかれることもあります。

このようなケースが、まさに加害者側の描いたシナリオであり、テクノロジー犯罪の恐ろしさでもあります。

社会の「無理解」が招く悲劇

世界を見渡すと、こうしたテクノロジーを用いた攻撃は研究も進み、軍事転用されている例もありますが、日本ではまだまだ研究や対処法が進んでいないため、その原因を被害者に求め、体のしびれなどの症状があるにもかかわらず“精神病扱い”されることによって、ますます孤立を深め、社会的に“抹殺”される結果となります。

こうした手法は「集団ストーカー」によって行なわれることが多く、日本の警察捜査や、行政による介入の限界、社会からの無理解を知り尽くした集団によって実行される犯罪行為といえます。

きっかけは些細な違和感から…

“自分にしか聞こえない音”が聞こえる

被害者にとって不都合で、聞きたくない声が聞こえたり、耳鳴りは頻発したり、場合によっては夢の中にまで入り込んでくる幻聴や幻覚は、指向性スピーカーやマイクロ波による音声攻撃や電気信号攻撃によるものである可能性があります。

もちろん、耳鼻咽喉系の病気である可能性もありますが、なかなか改善せず、悪化の一途をたどっている際は、集団ストーカーなどによるテクノロジー犯罪を疑うべきです。

放置すれば精神的に自壊することも

こうした症状が続けば、徐々に日常生活にも支障をきたすようになり、不眠や情緒不安定によって、仕事や家事がうまく進まなくなり、やがて人間関係にも悪影響を及ぼすことにもつながりかねません。

些細な違和感がやがて、精神崩壊に向かわせ、人生そのものを台無しにしかねないのです。

テクノロジー犯罪に立ち向かうために

徹底的にご依頼者に寄り添います

テクノロジー犯罪は、未だ、その全容が解明されておらず、被害を訴える方の症状もさまざまです。また、加害者の特定も、非常に困難なものです。

100通りの被害があれば、100通りの症状、100通りの解決法があるといっても過言ではありません。しかしながら、当事務所では、あらゆるテクノロジー犯罪に対応した経験豊富な調査員が、徹底的に現地にて分析調査し、その原因を突き止め、ご依頼者が安心して生活できる環境を取り戻すまでサポートいたします。

二次被害を防ぐために

加えて、加害者側に「調査を依頼していること」を知らしめることで、さらなる加害行為を防ぐ効果も期待できます。加害者が集団ストーカーだったとしても、被害者が思い通りにならなかったこと以上に、自分たちの正体を暴かれることを恐れているからです。

このように、ご依頼者の被害がなくなり、平安を取り戻すまでが当事務所のミッションだと心得ています。

個別面談の相談サポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。テクノロジー犯罪被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のない状況でも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。

そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切であることを知りました。テクノロジー犯罪被害は個々に内容が違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュは、テクノロジー犯罪に関する経験が豊富である「理解者」であり、テクノロジー犯罪が表に出ることをサポートする「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、テクノロジー犯罪について相談することから始めましょう。

テクノロジー犯罪相談フォーム

テクノロジー犯罪について詳しく相談したい方の専用フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop