テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > 集団ストーカーによる思考盗聴│洗脳ゲームの真実
公開日: 2021/03/18
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2021/03/18

集団ストーカーによる思考盗聴│洗脳ゲームの真実

思考盗聴とは集団ストーカーの加害行為の1つで、ターゲットにされると自分の考えが外部に漏れたり考えを把握されてしまいます。思考盗聴だと自覚するには時間がかかり、少しずつ日常を侵食していきます。しかし、被害者のすべてが思考盗聴の被害に遭っているとは限らず、中には気づかないうちに「集団ストーカーに思考盗聴されている」と洗脳されてしまうケースも存在します。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
思考盗聴調査レポート!

ご依頼者様
40代 (男性)

目次│思考盗聴対策相談窓口

思考盗聴という名の洗脳ゲーム

40代男性の調査レポート

男性
ご依頼者様: 40代 男性 会社員
ご依頼内容: 思考盗聴調査
ご依頼理由: 仕事中だけでなく普段の生活の中でも私が考えていることを、なぜか人に知られており気味が悪いです。例えば、道で私が昼ご飯に食べたいもののメニューを思い浮かべたときに、全くの他人がそのメニューを言い出すという、要するに私が思い浮かべたことに関連したことを誰かが言っているのです。最近はどんどんひどくなり、私が行く場所のことまでバレてしまって、ストーカーのようにつきまとわれています。誰がそんなことを仕組んだのか根拠も分からず、自分がおかしいだけなのかもわかりません。一生このままだと考えると怖くて仕方がありません。解決していただくことは可能でしょうか?
調査レポート: 思考盗聴は集団ストーカーのあいだで使われる手法の一つとして有名ですが、今回のご依頼者様は自分に対してストーカーを行うような人物に心あたりがなく、「つきまとわれている感覚」だけが非常に強く心に負荷をかけているような状態でした。まず、思考盗聴とストーカーの事実確認としての調査を行いましたが、3ヶ月の調査を行ったものの、思考盗聴の痕跡および証拠、ストーカーの発見はされませんでした。そもそもストーカーや思考盗聴はされていませんでした。調査結果を報告後、ご依頼者は腑に落ちたようで「自分の思い込みだった」と仰いました。のちにご依頼者は報告書を基に専門医に相談、「統合失調症」として診断されたものの、家族の協力もあり1年の闘病の末、社会復帰するまでに回復しました。退院後、「あの時自分の目を覚ませてくれなかったら、ずっとあのままでした。協力してくださって本当に感謝居ています。」とお礼をいただきました。

洗脳ゲームとは

洗脳ゲームの特徴

常に「自分」の時だけ、おかしな現象を目撃する機会が作り上げ、自意識過剰な人を演出させて、家族や友人に相談しても「気のせい」「神経質」と理解を求めることが困難な環境を意図的に作られてしまいます。洗脳するためには、「弱らせる必要」があるのでなかなかやめません。

しかも、洗脳ゲームをやってる人は通りすがりを装い、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに「思考まで読まれている」と不安が大きくなり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてる状況を作り上げ更に追い詰めていきます。

「私は大丈夫」と思う人ほどハマる罠

このように日々、洗脳ゲームが行われる状況を作り出す「集団ストーカー」行為が一般的に使われただけではありません。エスカレートすると、仕事の妨げとなる迷惑行為をしたり、インターネットを利用して誹謗中傷を拡散し、近所のから「奇人変人」扱いされるように仕向けます。

もし、今の状況が「洗脳ゲーム」に当てはまる場合、自力で解くことは至難の業です。なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

真実を知らなければ何も変わらない

テクノロジー犯罪が周知されつつある

テクノロジー犯罪については早期相談

テクノロジー犯罪は統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。テクノロジー犯罪者は、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、テクノロジー犯罪の被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、テクノロジー犯罪は周知されるようになり、「テクノロジー犯罪」の調査を依頼される方が増えてきています。

思考盗聴の調査料金について

思考盗聴調査のご説明

思考盗聴の調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。思考盗聴に関して一番重要なのが、「被害を証明すること」であり、テクノロジー犯罪の思考盗聴をたった1日で全て解決するような魔法はございません。

ある程度、人件費や調査日数をかけて行うべきであり、簡単に考えている調査プランに疑いを持つべきです。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、テクノロジー犯罪の被害を確認するまで自宅から外出先まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

思考盗聴の対策相談

テクノロジー犯罪の対策依頼は必ず専門家に!

思考盗聴の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

思考盗聴は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

まず、現状について相談することから始めましょう。

思考盗聴被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、思考盗聴被害の状況、思考盗聴対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop