テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪調査でこれだけは押さえておきたい3つのポイント
公開日: 2021/04/28
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2021/04/28

テクノロジー犯罪調査でこれだけは押さえておきたい3つのポイント

ここでは、「テクノロジー犯罪調査」で失敗しないために、探偵事務所を選ぶ際に必ずチェックしておくべき3つのポイントをご紹介します。この3つのポイントはテクノロジー犯罪調査を依頼するうえで大きく影響するので是非最後までお読みください。

目次│依頼前に確認すべき3つの項目

テクノロジー犯罪に関する知識は豊富か

簡易な調査では「病気扱い」されるリスク

近年、テクノロジー犯罪に関する調査を扱っている探偵事務所が増えていますが、テクノロジー犯罪についてあまり理解のない調査会社に頼むと、簡易的な調査を行ない「何もなし」「問題ない」と報告され、「精神的な問題」で片づけることがあります。もちろん、徹底的な調査を行なっても何もでない「本人の問題」のケースもあります。

ただし、その答えを出すまでの「根拠」や「証明」が曖昧だと意味がありません。テクノロジー犯罪は、高度な技術を使う犯罪で過去の被害者はほとんど「精神的な問題」とされてきました。現在入手できる最新機器を使っても、判明が難しい調査も時にはあります。ただし、加害者はテクノロジーを使って嫌がらせをしているだけで必ず近くに潜伏しています。

テクノロジー犯罪の執着は、泣き寝入りをしたところで攻撃が止むわけではありません。立ち向かうことで「解決された事例」はありますが、諦めて解決した事例は犯人側の都合以外にありません。

事前に確認するポイント
  • 電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格の有無
  • テクノロジー犯罪の対策はどの程度行っているか
  • 過去にテクノロジー犯罪の対策事例があればその内容

テクノロジー犯罪は中長期プランを検討する

1日で全てが判明するような調査はない

テクノロジー犯罪を調査するには、2~3時間で全ての可能性を調査することは不可能です。盗聴盗撮の「基本調査」はもちろん、電磁波測定調査から超音波測定まで幅広く調査を行ないます。テクノロジー犯罪の被害者が、「被害が原因」を正確に被害把握している状況であれば「ピンポイント調査」も可能ですが、専門家の再分析も行ない調査プランの作成が必要でしょう。

原因不明で終わらせない

体調不良やが違法なテクノロジー犯罪によるものとわかれば、さらに踏み込んで誰が電磁波を違法照射していたのかを突き止めます。異常照射された電磁波の検出量と嫌がらせをしていた集団ストーカーを特定できれば、彼らの迷惑行為を立証できます。私ども「対策専門窓口」の調査員は電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を保有しています。

ご依頼をいただければ、違法な電磁波が照射されているのかどうかを調べに参ります。ご連絡をくだされば調査方法や調査プロセスなどをご説明するので、お気軽にお問い合わせください。

事前に確認するポイント
  • 長期調査プランも対応できるのか確認する
  • テクノロジー犯罪の目的を理解したうえでプランを作成しているか
  • 発生源の特定はどのようにして行うか事前に説明があったか

根本的な解決は、犯罪集団の正体を突き止め、テクノロジー犯罪をやめさせることです。

証拠を集めやすい被害に集中して調査を行なう

テクノロジー犯罪は解決できない!?

皆さん、テクノロジー犯罪に突然巻き込まれたらまず「インターネットで検索」するかと思います。調べていくとテクノロジー犯罪が存在することはなんとなくわかると思いますが、テクノロジー犯罪の解説を読んでも難しく理解するまで時間がかかるはずです。解決事例に関しても、「自分の被害にあてはまるのか?」など考えているうちに被害が悪化してしまうこともあります。

ここで伝えたい重要なポイントは、「全ての証拠を集める必要がない」のです。ここだけ読んだ方は、「探偵なのに証拠を集めない?」と誤解されてしまう前に解説します。テクノロジー犯罪の被害者に陥りやすい3つの行動は、「ネットの情報を鵜呑みにして解決は無理と洗脳される」「全ての証拠を集めようと何年もかけて分析している」「我慢に我慢を重ね精神疾患になってしまう」ではないでしょうか?

そもそも、ハイテクな機材や技術を使っていても行なっているのは「人」であり、音声にしても電波にしても「距離」の壁にぶつかることから必ず付近に潜伏しているのです。難しく考える必要はなく、今起きている被害で一番証拠を掴みやすい犯罪行為をピンポイントで調査をするだけなのです。結論からいうと、「証拠が撮れやすい加害行為」のみに絞り、難しい部分は「無視」するのです。

最終目標はとりあえず「やめさせること」に決める

まずは、普通の生活を取り戻せるようにターゲット絞りこみます。協力者が複数いても、集団で行なわれていても、全てを捕まえようとするのではなく、1人に絞り「加害行為」を行なっていたことを認めさせるのです。その結果、複数いた卑怯者たちは「芋づる式」に捕まることを恐れ、被害者にかかわってくることはなくなります。

テクノロジー犯罪の被害者が抱える日々のストレスを全て理解しているとはいいませんが、それなりに抱えている苦痛は理解しているつもりです。まずは、一度相談から始めてみませんか?

まとめ

いかがでしたか?

こちらに書いてある3つのポイントは、「テクノロジー犯罪」の被害者が調査依頼するうえで重要な項目なので覚えておいてください。テクノロジー犯罪調査は、無料相談の段階で「知識や技術」を判断することができます。最初は、無料相談をフル活用して「情報収集」してみましょう。

探偵事務所の選び方は、「解決までお付き合いできる探偵事務所」が選び方の基本であることを忘れないでください。テクノロジー犯罪を調査したら終わりではないのです。テクノロジー犯罪の問題は、被害解決はもちろん「安心して生活ができる」までがサポートであり、アフターサービスも含めて見極める必要があります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop