テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪調査のよくあるご質問
公開日: 2021/04/21 最終更新日: 2021/04/28
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2021/04/21 最終更新日: 2021/04/28

テクノロジー犯罪調査のよくあるご質問

テクノロジー犯罪に関するQ&Aのページです。テクノロジー犯罪はこれまで「空想の産物」と思われてきましたが、海外では認識度が高く、「軍事兵器」としての使用を禁止している国もあるほどです。

しかし、日本では依然として法による規制がなく、野放し状態が続いています。日本では犯罪そのものが「無い」とされていますが、ここではテクノロジー犯罪についてをまとめましたのでご覧ください。

目次│テクノロジー犯罪対策Q&A

Q

テクノロジー犯罪とは?

A

最先端の科学技術を取り入れた犯罪行為です。テクノロジー犯罪には、電磁波、超音波などの目に見えないエネルギーが主に使われます。残念ながら、テクノロジー犯罪は妄想扱いされてしまうことがほとんどです。目に見えないことから実態がわかりにくく、被害者の周囲の人たちからは「精神病」と捉えられてしまうことがあります。また、暴力行為をせずにターゲットにダメージを負わせることができるため、普通の傷害事件よりも立証が困難です。

Q

自分にしか聞こえない音は幻聴なのか不安

A

音声送信か指向性スピーカーで音を伝えている可能性があります。耳の構造は、外側からまず①外耳があって、次に②鼓膜があり、その奥に③内耳があります。音は①→②→③を経て脳へと伝わります。そのため、耳栓やイヤーマフをつけても音が聞こえる場合は、他の原因を追究する必要があります。指向性スピーカーとは特定の人を狙って少し離れた場所から音や声を送信することが可能です。そのような技術があるだけで自分にしか聞こえない音や声が聞こえてきても決して不思議ではありません。技術として可能なのです。また頭の中に聞こえるボイス・トゥ・スカル(Voice-to-Skull、略称: V2K)という現象もあります。他人には聞こえず自分の頭の中で声が聞こえるという精神病語でいう幻聴に相当する現象です。ですが、決して精神病ではなくアラン・H・フレイが最初の発案者でアメリカで特許番号:3951134号が取られています。その後続々と改良特許を取得してきたマイクロ波聴覚効果に繋がりれっきとした科学技術になります。本当に幻聴なのかそれとも科学技術によるものなのか個人では特定できかねますので私たちにご連絡ください。

Q

音声送信の防御策はありますか?

A

防御はある程度できますが決定的ではありません。もしテクノロジー犯罪でない場合であれば、静かな環境で高性能イヤーマフを付けるとある程度の音は軽減できるようです。音声や音の防御に関しては、お住いの状況によって変わるのでスタッフにご確認ください。電磁波防止グッズには「マイクロ波電力密度減衰率:99.99%~97% @ 200MHzから10GHz」などと書いてあるような帽子やウェアがありますが、眉唾物でまったく効果が無いものもあるため、慎重に品定めする必要があります。犯行側も色々と加害行為を変えてくるため、グッズに頼っても対策にならなかったり、グッズを使用することで加害がもっと酷くなるというケースも考えられます。グッズをいくつも揃えるよりも、確証をしっかりとって犯行そのものを終焉させる信頼のおける探偵へ依頼したほうが良いでしょう。

Q

インターネットを調べると防御グッズがありますが購入したほうがいいですか?

A

様子を見てからにしましょう。防御グッズというのは、パソコンや携帯の電磁波に過敏であったり、あるいは電柱鉄塔の近くに住んでいる人など日常生活において電磁波を防ぎようがないほど過敏体質の方を対象にしていることが多いからです。テクノロジー犯罪に晒されている被害者の方たちを完全に対象としてグッズ販売をしているとは言い難く、そのような電磁波グッズ対策グッズやウェアはひとつを購入するにしても割高であることが多いです。昨今のSNSでは「探偵は加害側」というのが定説ですが、それは加害側が長年にわたり被害者を洗脳してきた証左に他なりません。しかし、確かな品質で調査を行なうことができる、実績のある探偵へ依頼することによってテクノロジー犯罪を解決できた被害者の方が多くいらっしゃるのもまた事実です。そして、この事実は明らかにされることがないよう加害側の一方的な言論統治がありました。加害側というのはビジネスですので、言論統治をしてまで被害者を逃がさないようにしてきた背景があるのです。

Q

頭を撃ち抜かれたような衝撃は何ですか?

A

超音波を照射された可能性があります。電磁波は皮膚の表面を当たる程度と言われています。被害事例をみると、頭を撃ち抜かれたような衝撃は超音波を照射されて起こると訴えている人が多いです。加害側の意図して被害者の身体へピンポイントで撃ってくる感覚があるというのは「攻撃している」ということを被害者に知らせ、驚かせることで不安感や恐怖心を煽ることが目的だからです。テクノロジー犯罪の解決は、どの人物が加害行為をしているか特定できなければ終わることがありません。ご自身での計測は高価な測定機材を購入すれば可能かと思います。しかし誰がいつどこで何をしていたのか、その時に放出していたものは何かを第三者が明確にできなければ、完全な犯行の終焉は見込めません。

Q

テクノロジー犯罪の加害者の特徴は?

A

特定の宗教団体やビジネスが複雑に絡み合っていると考えられます。1人の被害者につき「金儲け」ができると指示されているケースや加害行為するたびに何かしらの「お金」が絡んでいて、闇バイトとして雇われている可能性があります。被害者の近隣に住んでいる人は命令待ちのバイトで定期報酬を受け取るので近隣住民が副業で行っているとも考えられます。加害者ひとりに対してその家族全員も加害側へまわるという周到さであり、徹底した洗脳教育や加害教育が行われていきます。その他複数人が待機要員や宗教団体の無償奉仕などさまざまに加害要因は構成されています。特徴的なのはあらゆる宗教団体やあらゆる組織が複雑に入り組んでいるということです。

Q

ブログやネットで病院に行かないほうが良いと書いてあるが?

A

身体の被害の場合、病院へ行ってください。メンタルの病院ですと残念ながら病院へ行っても医者に加害側が被害者にとって不利なことを吹き込んでいる可能性もあります。被害状況が異なるので一概には言えませんが、身体に異変を感じたら一度は医療機関で受診してください。「病院に行かないほうがいい」という一部の被害者が広めた背景には、精神的な問題で片付けられた可能性があり、全て受け入れることは危険です。病院へ行ってきちんと検査を受けたほうがよいでしょう。

Q

防御策はありますか?

A

身体に溜まった電気を出すことです。帯電した状態のまま放置しておくと、体調不調が起こりやすいため、アーシングマットを使って電気を逃がすようにしましょう。その他にも、海が近ければ海水に足を漬けるなどがあります。しかし最も効果が高くお手軽なのが自宅の庭や公園など地面が露出しているところで素足になって直に土に触れることです。足を地面につけることを一日最低でも10分もできれば大分電気放出できます。アーシング最中やアーシング後に狙って電磁波を再び頭に撃ってきても気にしないでください。毎日アーシングするだけでも溜まった電気を逃がしていますので身体的影響が大分違います。だからといってテクノロジー犯罪が終わるとは限りません。アーシングを併用しながら、信頼のおける探偵へ根本的解決を依頼してください。

Q

外に出れないように嫌がらせをしてきます!

A

身体の代謝に影響します。集団ストーカーやテクノロジー犯罪に共通している加害行為のマニュアル化された加害行為のひとつとしてターゲットの人を引きこもりにさせたがっています。そのため嫌がらせ被害のなかには、外に出るたびに嫌な思いをさせて、外出させないように行うことがあります。引きこもりがちですと結果、身体の代謝を悪くさせて、体の不調を促します。※代謝が悪いとセロトリン(心の安堵感を促すホルモン)の分泌が悪くなり、精神的にも追い詰められます。テクノロジー犯罪というのは長年にわたり充分な資金のもと研究され改良されてきたものです。つまり人の生理学機能を熟知した犯罪ともいえます。またターゲットの人を引きこもりにさせる要因としては被害者の金銭状況を厳しくするというものです。これは加害側の都合で不要な外出をターゲットの人がしなくなることで加害側の人数を少なくし加害行為をレギュラーに局所的にさせることで不意の外出のための待機要員を呼ぶ手間やお金の節約といった理由もあるでしょう。加害側はビジネスですので「入金は多く、出金は少なく」を一般的な会社のように行っていると考えられます。だからといってわざと外出頻度を増やすことに費やすのがいいわけではなく、むしろ長期的に犯行させないように実績のある探偵事務所に相談してみましょう。

Q

皮膚の炎症は被害と関係ありますか?

A

全て結び付けない方がよいのですが、疑ってみることも重要です。保湿クリームや医師の処方した軟膏を塗っても改善されない場合、電磁波の影響が考えられます。乾燥肌や水分不足の方ほど、電磁波の影響を受けやすい傾向があります。電磁波の影響で皮膚に炎症が起きることがあるので、薬の影響がなかった場合は一度電磁波が原因である可能性と、対処する方法について考えておいても良いでしょう。

Q

後頭部が熱いのですが…

A

熱作用の影響かもしれません。テクノロジー犯罪の頭への攻撃というのはさまざまでおそらく実験ということ以外にも何らかの攻撃として後頭部に熱を持ったエネルギーをうってきてそれがある一定の期間まで続くということがあります。体験者の話によりますと、テクノロジー犯罪の初期の段階で攻撃を加害側が色々と試している段階のひとつといえます。周波数(頚椎炎 / 75.50 / 82.00 / 86.00 / 89.00)あるいは高周波をかけられているのか定かではありませんが、頭部にかんしてのテクノロジー犯罪に繋がっていそうな特許というのは大概、頭部の微細で自然な人が本来もつ電極を利用して熱を人工的に変換して送受信して思考盗聴するなり、内耳の蝸牛あたりの自然な電気に人工的に熱作用で声や音を送信するのが基本前提です。ですから頭部の一部が感知できるほど熱い場合、それが嫌がらせの一部として電磁波兵器を使用されたかもしれません。電磁波兵器の熱というのは加害側で操作可能で加害側に良心があるなら基本長くは続かないと思われます。しかし心配ではありますので、このFAQに掲載しているアーシングは行ったほうがよいでしょう。事が大きくならないうちに当事務所へご相談ください。

Q

睡眠妨害がひどい場合はどうすればいいでしょうか?

A

いくつか対策してみることも必要です。テクノロジー犯罪は「耳」を徹底的に攻撃する傾向があります。音の攻撃は睡眠妨害されやすいので、耳栓をするとぐっすり眠れるとの声も多く、試してみる価値はあるでしょう。※20Hz~20kHzまでが人間の耳で聞こえる「可聴域」となります。もっとテクノロジー犯罪をされている場合、周波数入眠障害 (34.00)で身体を調整されており、加えて指向性スピーカーなどで入眠しそうなタイミングで何らかの音で眠れなくされることもあります。これは睡眠妨害を意図的に行っているといえるでしょう。科学技術として証明された技術であるため決してオカルトの域ではありません。人を必要以上に不安がらせてきます。しかし睡眠妨害が日々行われると辛いですので、一時的にも眠れるように周波数入眠障害 (34Hz)に対して周波数熟睡(528Hz)の音楽を動画で探したりCDを買うなどして寝ている間はそれを聞くのも効果的です。しかし入眠のタイミングで身体の一部に音を鳴らして眠れないようにしてくることもあり、その場合の一時的な対応をお知りになりたい方は当事務所へご連絡ください。

Q

テクノロジー犯罪が起きる前兆はありますか?

A

環境の変化はテクノロジー犯罪の前兆ではありません。テクノロジー犯罪の被害に遭遇するのはターゲットの人が先にありきです。逆に言うとターゲットの人はどこへ引っ越ししても加害者がいるということになります。引っ越しして被害がなくなったというのはあまりないからです。最近おかしいなと思うことには、自宅周辺で頻繁に工事をしている。あるいは集合住宅の場合、部屋の修繕工事が多い、二世帯から三世帯が同じ時期に引っ越しをして人の出入りが激しくなるなど、周囲が慌ただしくなったときに工事中の騒音に紛れて電波を照射するなど、環境を作ることがあります。それは加害側でもうターゲットの人が定まっている証拠になります。テクノロジー犯罪の被害というのは完全な加害本位であり、勝手に被害者にされているというケースがほぼ100%の犯罪です。犯行の準備期間として被害者がどのような人物かを入念に割り出す作業に一定の期間を割きます。犯行の下準備の成果は要するに被害者を誹謗中傷したりどう攻めれば被害者がダメージになるのかを模索している期間です。しかしこれからは学歴・経歴主義の時代でもなければ恋愛関係や婚姻関係をネタに相手を反駁したところで意味を成さない社会が形成される可能性があります。数十年にわたり行われてきたテクノロジー犯罪も母体となる組織で資産がなければ今後の犯罪行為は困難を極めますので、今後は時代の流れで犯行そのものが増えるよりもむしろ減少していく傾向にあるといえるでしょう。

Q

警察に相談できますか?

A

はい、相談はできます。しかし、日本にはテクノロジー犯罪を取り締まる法律が制定されていないので、不法電波が発生しているなどの違法行為でないと警察が動ける範囲は狭いかもしれません。また警察は事が起きてからでないと動くことができないという決まりがあります。そのため何かあってからでないと警察を呼ぶという行為は有効でないためあまり意味を成さないかもしれません。ただ、これは「おかしい」という決定的な証拠と法に抵触する案件であれば、加害者を逮捕することは可能です。ですが、警察は何も起こっていない段階から相手を捜索したり証拠をとるために動くことはありません。それは探偵が公安から許可されている仕事です。とはいえ、探偵も平成に入ってから急激に人数が多くなっておりSNSで言われているように憶測ではありますが、加害側の下請け要員として集団ストーカーやテクノロジー犯罪を行っている者もなかにはいるかもしれません。また探偵によっては充分な証拠をとる機器を持っていない者や的確に証拠をとるのに達していないような者もなかにはいるようです。探偵選びは明確な証拠取りに重要な事務所選びが必要です。探偵を選ぶにも惑わされないように丹念に時間を割くほうがよいでしょう。どこまで調査でき、確実にテクノロジー犯罪が終われるまで仕事ができるかどうか遠慮なく電話で問い合わせて探偵側の生の反応を知ることが大変重要です。

Q

生体に使われる周波数は他に何がありますか。

A

多種類存在します。生体に使われる周波数を挙げるとそれこそ多くあります。ドイツ振動医学のように周波数で病気を治す方法をとっている場合もあります。残念ことに良い研究は犯罪に悪用されることがあります。

顎の炎症/ 93.50 脚の静脈炎/ 28.50 脚の水腫 / 44.50 顎の前頭洞、炎症/ 74.00 足の爪 / 75.50 足の爪の異常、例えば成長障害/ 46.50 足の白癬菌/ 37.00 / 100.00 足のリウマチ / 13.00 暖かさと寒さに対する敏感さ / 37.50 アレルギー / 36.00 / 36.50 安定性 / 43.10 胃 / 20.50 胃潰瘍 / 73.00 / 83.00 怒り、嫉妬/ 32.60 胃酸調節 / 59.00 / 74.00 意志 / 84.00 いじけた状態 / 27.50 一般的チャージ / 10.00 胃の括約筋 / 74.50 胃の酵素 / 80.50 胃の中央 / 59.75 いびき / 28.50 / 80.50 / 83.50 / 98.50 いぼ / 26.50 / 36.00 / 85.50 / 89.50 (陰茎)の包皮、一般的 / 75.00 インシュリン、過少 / 92.00 インシュリンh、過多 / 97.50 ウイルス性疾患 / 15.75 右心室の制御 / 43.00 右心不全 / 43.00 運動システム / 23.50 / 62.00 / 63.00 運動中枢 / 45.50 / 96.00 エネルギーチャージ / 12.50 嚥下困難 / 10.50 塩減少症候群、塩減少腎臓 / 79.00 遠視 / 31.50 炎症 / 73.50 / 75.50 オイスタヒイ管 / 27.00 オイスタヒイ管、閉塞 / 29.50 横隔膜 / 67.50 横隔膜 / 91.00 嘔吐中枢 / 32.50 オゾン保護 / 6.75 親指 / 45.50 親指関節 / 100.00 オルガスムス低下、男性 / 19.00 音楽中枢 / 62.50 穏便 / 35.00 温良さの中枢 / 87.50

カ、ブヨなどの刺し傷 / 80.00 外耳炎 / 27.00 下顎 / 83.50 蝸牛穀神経 / 72.50 下肢潰瘍 / 46.00 火傷性水泡 / 18.00 下垂体後葉 / 92.50 / 99.00 下垂体前葉 / 91.50 / 98.00 風邪 / 12.00 / 12.50 / 18.00 肩関節 / 2.00 / 46.00 / 46.50 悲しみの中枢 / 72.50 化膿 / 86.00 下半身の部分的麻痺 / 98.50 下腹部の糸状菌感染 / 53.50 髪の成長 / 85.00 身体の水分の除去 / 79.00 カリエス / 57.00 / 59.00 / 87.00 枯れ草性鼻カタル / 83.50 カルシウム不足 / 52.00 カルシウム欠乏症 / 52.50 下腕症候群 / 1.50 感覚中枢 / 35.00 眼筋、斜視 / 88.50 肝硬変 / 56.00 感情にとらわれる / 27.60 乾癬 / 6.00 / 65.50 / 92.50 関節 / 100.00 関節炎 / 64.00 / 78.00 関節炎 / 99.00 関節間軟骨 / 47.50 関節症 / 56.00 / 64.00 / 78.00 / 88.50 関節中の軟骨形成 / 84.50 関節痛 / 100.00 関節リウマチ / 13.00 / 70.50 / 78.00 / 94.00 肝臓 / 56.00 / 56.25 肝臓のプレコントロール / 69.00 / 79.00 冠動脈性心疾患 / 44.00 癌の疼痛 / 5.00 顔面刺激 / 89.50 顔面麻痺 / 91.50

記憶能力の中枢 / 90.00 気管 / 84.00 気管 / 84.00 気管支痙攣 / 60.00 気管支喘息 / 12.50 気管支喘息 / 82.00 82.50  気管支、気管支炎 / 32.50 / 46.00 / 76.50 / 86.00 / 92.00 気管支粘液性カタル / 24.00 気管支による粘液搬送 / 8.00 気管支の細胞新生 / 96.00 気管支の糸状菌感染症 / 72.00 気管支の弾力性 / 84.00 義股関節に接した嚢 / 81.50 傷周囲炎 / 31.00 喫煙者脚 / 39.50 / 93.50 / 99.50 喫煙者の禁煙 / 3.50 基底核 / 100.00 狭心症 / 43.50 95.50 胸腺Ⅰ / 79.00 胸腺Ⅱ / 69.00 胸椎 / 4.00 胸部の嚢腫 / 3.50 胸膜 / 31.50 / 82.50 / 84.50 胸膜炎 / 11.50 胸膜炎 / 40.50 極性の転換 / 21.50 近視 / 31.50 筋宿酔(筋肉痛) / 4.00 / 6.00 / 10.00 / 45.00 / 70.00 / 80.00 筋肉萎縮 / 45.00 筋肉強化 / 45.50 / 54.00 / 64.00 / 99.50 筋肉痙攣 / 33.50 筋肉痙攣 / 54.00 / 64.00 筋肉痙攣 / 28.00 / 28.50 筋肉構造 / 45.50 筋肉組織 / 45.00 口 / 84.00 唇 / 97.00 鶏眼 / 36.50 芸術中枢 / 52.50 頚椎炎 / 75.50 / 82.00 / 86.00 / 89.00 頚椎症候群 / 95.00 頚椎柱 / 2.00 / 2.50 / 3.00 / 3.50 / 9.00 / 59.00 / 60.00 頚椎柱(HWS)継続 / 67.50 頚椎板 / 67.50 頚部痙攣 / 64.00 / 70.50 頚部疾患 / 82.00 / 86.00 / 89.00 頚部チャクラ / 70.00 頚部中枢 / 20.00 痙攣性発作 / 33.50 下剤 / 63.50 血圧調整 / 48.00

血液温度 / 37.50 血液温度が低すぎる / 18.00 血液滲出を伴う開口障害 / 96.50 血液脂肪(コレステロール過多) / 25.50 血液の希薄化 / 44.50 血液の酸素の飽和 / 50.00 / 50.00 血管運動中枢 / 48.00 血管強化 / 60.50 月経 / 20.00 / 22.00 / 42.00 / 49.00 / 63.00 月経 / 42.00 血栓症 / 44.50 / 45.50 血行障害 / 7.00 / 46.00 結合組織 / 17.00 / 28.00 / 85.00 / 85.50 結合組織の虚弱 / 76.00 血腫 / 83.50 結腸炎 / 63.00 腱 / 66.00 言語障害 / 67.50 言語中枢 / 67.50 幻痛 / 18.50 / 29.50 / 49.50 腱鞘炎 / 25.00 / 66.00 / 66.50 / 88.00 / 92.50 腱の虚弱 / 66.00 腱の裂倉 / 65.00 / 65.50 片腕症候群 / 64.00 / 100.00 睾丸 / 4.50 / 14.00 / 51.00 睾丸の精子生成 / 9.50 交感神経障害 / 65.00 交感神経と迷走神経 / 2.50 / 65.00 / 92.50 / 99.00 口狭炎 / 71.50 口腔唾液腺 / 66.50 高血圧症 / 62.50 高コレステリン血症 / 25.50 / 26.00 甲状腺機能亢進 / 62.00 甲状腺機能低下 / 62.00 抗体 / 20.75 喉頭 / 13.50 喉頭 / 13.50 喉頭 / 71.50 喉頭炎 / 13.50 / 73.50 項首筋部関節症 / 64.50 高尿酸血症 / 74.00 / 75.50 / 89.50 / 95.50 広汎性脱毛症 / 45.00 項部硬直を伴う頭痛 / 96.50 肛門 / 68.00 股関節 / 13.00 股関節炎 / 1.00 / 58.50 股関節炎 / 58.50 / 88.50 股関節炎 / 58.50 / 88.50 呼吸気管、呼吸困難 / 75.00 黒色腫 / 24.50 心の平安 / 23.10 骨格 / 100.00 骨格 / 4.50 骨髄 / 9.00 / 93.00 骨髄増殖 / 95.50 / 96.50 / 100.00 骨髄の機能不全 / 93.00 骨接合術 / 92.00 骨軟化症 / 80.00 / 84.00 / 88.00 / 95.00 / 100.00 鼓腸 / 82.50 骨膜炎 / 58.00 骨瘤 / 7.50 子供のない状態 / 98.00 鼓膜切除 / 8.00 鼓膜の瘢痕形成 / 29.50 コルチゾン遮断プロッケード / 48.50コレラ / 16.00

細胞再生 / 97.50 細胞新生 / 22.50 / 93.50 細胞老化障害 / 69.00 座骨神経痛(女性) / 62.50 / 64.50 / 67.50 / 76.50 座骨神経痛(男性) / 8.00 / 64.00 / 74.00 / 75.50 / 79.50 / 89.50 / 94.00 左心室の制御 / 41.00 左心不全 / 41.00 三叉神経 / 10.00 / 30.00 / 87.50 痔 / 60.50 / 66.50 / 68.50 / 99.50 耳炎 / 98.00 耳下腺 / 8.00 / 29.50 C型肝炎 / 13.00 自我中心 / 87.60 耳管カタル / 29.50 時間中枢 / 10.00 色素形成 / 53.50 子宮 / 8.50 / 57.50 子宮 / 57.50 子宮下垂 / 45.50 / 99.50 子宮の炎症 / 99.50 子宮のコントロール / 88.00 子宮嚢腫 / 57.50 刺激性咳嗽 / 75.00 / 81.00 刺激ゾーンの過敏 / 95.50 歯根炎 / 35.50 思考中枢 / 47.50 視床 / 91.00 / 97.00 視床下部 / 7.50 / 15.00 / 22.50 / 100.00 視神経刺激 / 94.50 舌の感覚麻痺感 / 87.50 舌の麻痺 / 33.00 / 91.00 歯痛 / 8.00 歯痛(熱さ、冷たさ) / 31.00 膝窩中の痙攣感覚 / 35.00 耳道炎 / 27.00 歯肉炎 / 95.50 / 96.00 嗜癖離脱 / 3.50 脂肪過多症 / 32.00 / 35.50 脂肪組織(分解) / 34.50 脂肪肥満 / 2.00 しゃっくり / 10.50 尺骨関節炎 / 69.00 / 79.00 / 82.50 集中力中枢 / 21.00 / 80.00 / 80.50 集中力の欠如 / 80.00 情緒不安定 / 24.50 充足感 / 82.50 十二指腸潰瘍 / 67.00 熟眠障害 / 92.00 術後瘢痕、圧力 / 93.50 循環 / 58.00 循環安定化 / 48.00 消化中枢、その障害など / 25.00 上顎の化膿 / 20.00 / 20.50 / 36.50 / 39.00 松果体 / 2.50 / 7.50 / 96.00 / 100.00 松果腺 / 2.50 / 7.50 / 10.00 / 96.00 小腸 / 61.50 / 62.50 / 67.00 小脳、腫瘍 / 90.00 静脈 / 94.00 静脈炎 / 89.00 静脈血栓症 / 89.50 静脈瘤 / 84.50 / 85.00 / 94.00 / 99.50 暑気の波 / 92.50 食後の倦怠感 / 72.50 食細胞新生 / 66.50 食道 / 57.50 食道軟骨 / 35.50 女性の乳腺 / 3.00 植物アレルギー / 37.50 植物神経緊張異常 / 93.50 植物神経システム / 95.50 食欲刺激 / 35.00 食欲調整機構 / 25.00 / 94.50 食欲不振 / 31.00 / 35.00視力障害 / 70.00 / 70.50 視力中枢 / 70.00 しわがれ声 / 13.50 / 21.00 心隔膜、中隔 / 42.00 心隔膜刺激 / 65.00 心筋 / 39.00 心筋梗塞予防 / 21.50 心筋層不全、心筋梗塞 / 43.50 / 95.50

神経 / 25.00 / 78.50 神経炎 / 73.50 / 75.50 / 79.50 / 92.50 神経過敏 / 19.00 / 93.50 / 95.50 神経強化、神経構造 / 94.00 神経再生 / 79.50 / 93.50 神経細胞治癒 / 42.00 神経細胞の新生 / 58.00 / 59.50 神経衰弱 / 4.50 神経システム / 51.50 神経制御システム / 39.50 神経性湿疹 / 28.00 / 64.00 神経中枢 / 10.00 / 93.50 神経痛 / 60.00 神経皮膚炎 / 28.00 / 64.00 神経皮膚炎、神経性湿疹 / 63.00 神経、血管 / 92.50 / 99.00 心静脈 / 84.50 心神喪失 / 65.10 心臓,循環 / 47.50 心臓チャクラ / 85.00 心臓中枢 / 40.00 心臓のサブコントロール / 47.50 心臓のリズム / 37.50 / 38.00 / 38.50 心臓のプレコントロール / 7.50 / 15.00 / 78.50 / 97.00 心臓リズム障害 / 38.00 / 38.50 / 95.00 / 97.00 腎萎縮 / 54.00 腎石 / 43.00 腎石、アルカリ性 / 54.00 腎石、酸性 / 86.00 腎石溶解,破壊 / 63.00 腎臓 / 54.00 / 54.25 / 54.50 腎臓、腎盂炎 / 54.50 腎臓、腎石溶解 / 52.75 / 53.00 / 53.50 腎臓嚢腫溶解 / 53.50 新陳代謝 / 46.50 心配な状態、不安 / 5.50 心不全 / 39.00 / 38.50 心膜 / 39.00 心膜炎 / 33.00 水腫 / 79.00 膵臓 / 26.00 / 52.00 睡眠 / 5.00 / 92.50 髄膜炎 / 95.00 頭蓋骨チャクラ / 100.00 ズーデックス萎縮 / 82.50 ストレス / 43.50 / 88.00 生活疾病 / 89.50 生気,気力,活気 / 92.50 精神的調和 / 26.50 / 36.00 精神分裂病 / 93.00 声帯刺激 / 24.00 / 94.50 声帯麻痺 / 29.00 / 94.50 成長制御 / 2.50 成長促進 / 47.00 脊椎のずれ / 59.00 脊髄 / 64.50 脊柱 / 67.50 脊柱の磨毛 / 84.50 性的興奮 / 32.00 性的能力の弱化 / 4.50 / 14.00 / 15.50 / 19.50 / 55.00 / 55.50 / 57.00 性の中枢 / 55.00 性病 / 53.50 生物学的バイオロジカルチャージ / 49.00 生命エネルギー / 12.50 / 36.00 生命エネルギー / 12.50 / 36.00 脊髄疾患 / 16.50 / 100.00 性欲、上昇 / 97.00 性欲コントロール、男性 / 4.50 / 51.00 / 57.00 性欲コントロール、女性 / 2.50 / 38.00 責任感の中枢 / 87.50 絶望感 / 72.40 赤血球、過少 / 94.50 線維肉腫 / 26.50 / 27.00 腺の新生 / 2.50 仙骨 / 94.00 前頭チャクラ / 95.00 前頭洞化膿 / 58.00 前頭骨 / 4.00 前頭部の頭痛 / 7.00 / 32.50 / 96.00 前頭痛 / 7.00 前頭洞 / 74.00 蠕動 / 23.50 / 63.50 前立腺 / 19.50 前立腺炎 / 88.00 創傷熱 / 23.00 想造力の中枢 / 57.50 / 99.00 / 100.00 臓器の細胞再生 / 79.50 鼠径ヘルニア / 76.00 組織の血液供給 / 85.50 卒中発作による言語障害 / 24.00 / 62.50

大喀血 / 8.50 耐久力 / 25.90 帯状泡疹 / 69.50 / 88.00 / 92.50 / 95.00 大腿部の気象感受性 / 68.20 大腸 / 60.00 / 61.00 / 62.00 / 63.00 / 64.50 / 66.00 / 68.00 大腸炎と大腸潰瘍 / 61.00 / 63.00 / 65.00 大動脈 / 95.00 ダニ / 6.00 楽しさ / 22.00 多汗症 / 40.00 / 98.50 多発性硬化症 / 23.50 多毛症 / 81.50 胆石溶解 / 17.00 / 27.00 / 84.00 / 85.00 / 88.50 / 94.50 / 96.00 胆汁 / 38.00 胆汁生成 / 38.50 / 38.50 胆汁、制御 / 74.50 胆石 / 66.50 / 90.50 胆嚢 / 63.50 智歯 / 93.50 治癒過程の悪化 / 12.50 / 23.00 治癒中枢 / 12.50 / 18.00 / 23.00 / 28.00 腸炎 / 96.00 腸潰瘍 / 96.00 聴覚中枢 / 60.00 腸粘膜障害 / 61.50 腸の運動機能 / 62.00 / 63.00 腸閉塞麻痺,イレウス / 64.50 聴力中枢の障害 / 60.00 直観 / 7.50 直腸 / 60.50 直腸炎 / 60.50 直腸潰瘍 / 60.50 直腸嚢 / 66.50 直腸麻痺 / 63.50 腸の括約筋の弛緩 / 68.50 腸壁によるエネルギー摂取 / 55.50 腸領域のポリープ / 64.00 調和がとれていること / 16.50 鎮静 / 5.50 椎間板、その変性など / 2.50 / 67.00 / 68.50 / 92.00 / 96.00 痛風(尿酸が多すぎる) / 74.00 / 75.50 / 89.50 / 95.50 ツベルクリン、Koch / 5.00 低血圧 / 48.50 / 49.00 / 49.50 低血糖症 / 64.50 テタニー / 92.50 テニス腕 / 66.50 手の爪の異常、 / 42.50 / 46.50 癲癇、癲癇発作など / 12.00 / 33.00 / 33.50 / 37.00 / 90.00 天候に対する敏感さ / 33.00 / 50.50 / 99.00 / 99.50 天然痘 / 33.00 套管増殖 / 8.50 頭脊椎 / 2.00 / 2.50 / 3.00 / 3.50 頭脊椎、弯曲 / 3.00頭髪色の喪失 / 93.50 / 97.50 頭皮、上部 / 85.00 頭皮のふけ / 85.00 動脈 / 94.50 動脈硬化症 / 6.50 / 85.50 動脈硬化症の予防 / 14.25 どもり / 62.50

内分泌腺 / 98.00 軟骨分離 / 7.50 難聴 / 60.50 肉体的健康 / 8.00 入眠障害 / 34.00 乳房炎 / 98.50 尿管 / 86.00 尿酸形成 / 95.50 尿酸調節 / 74.00 尿停止 / 90.50 尿道 / 88.00 尿閉 / 90.50 認識の中枢 / 66.50 根チャクラ / 45.00 熱 / 0.50 粘液嚢の炎症,粘液嚢炎 / 54.50 粘膜炎 / 75.50 脳(血行改善) / 19.50 脳萎縮 / 10.00 脳萎縮 / 34.50 脳腫瘍 / 90.00 / 95.00 脳の介在細胞 / 4.00 脳の緊張異常 / 97.50 脳の血行障害 / 19.50 / 19.75 膿泡(消体) / 18.50 膿瘍 / 86.00

歯、歯の領域の圧力 / 79.50 肺 / 72.00 肺炎 / 6.50 肺気腫 / 72.50 肺結核 / 72.00 肺水腫 / 72.00 肺腺維症 / 7.50 肺の膨満 / 72.50 覇気 / 52.90 覇気、不足した / 77.50 ハウスダストアレルギー / 36.50 発汗促進 / 82.50 発汗、更年期性 / 98.50 白血球減少症 / 84.50 白血球増加症 / 59.50 白血球病 / 59.50 白血病 / 16.50 / 55.50 白血病の予防 / 36.60 鼻 / 12.00 / 74.00 鼻かぜ / 2.00 / 5.50 / 12.00 / 26.00 / 26.50 / 66.00 / 75.50 鼻かぜ、継続 / 81.00 / 94.00 / 95.50 パーキンソン氏病 / 88.50 / 95.50 / 96.50 / 100.00 バクテリア性腸疾患 / 0.50 / 40.25 瘢痕の治癒 / 18.00 / 28.00 ひじ / 100.00 ひざ / 100.00 ひざと手首の関節痛 / 100.00 ひざの関節炎 / 100.00 ひざの関節症 / 100.00 膝の軟骨 / 7.50 / 63.50 脾臓 / 11.50 脾臓(カルブンケル) / 11.50 脾臓チャクラ / 55.00 皮膚アレルギー / 35.50 / 36.00 / 36.50 皮膚、コントロール / 4.50 / 6.00 / 51.00 / 57.00 皮膚紅班 / 23.00 / 88.50 皮膚白班 / 68.00 / 86.00 皮膚新生 / 41.50 皮膚中枢 / 85.00 皮膚病、変性 / 97.00 皮膚の細胞再生 / 69.50 皮膚の調節、脂性/乾性 / 52.00 皮膚の老化 / 30.00 日焼け / 72.50 B型肝炎 / 17.00 百日咳 / 28.50 百日咳 / 58.50 / 59.00 百日咳 / 59.00 猫毛アレルギー / 70.00 / 77.50 貧血 / 70.00 敏感さ、上昇 / 92.50 不安神経症 / 61.50 / 90.00 電磁的障害 / 99.50 腹啌神経叢、制御 / 15.00 風疹 / 1.00 副睾丸、左に嚢がある / 57.5 副甲状腺調節 / 62.50 複雑骨折 / 33.00 複雑骨折の際の気象感受性 / 33.00 複式呼吸 / 90.00 副腎 / 52.75 / 53.00 / 53.50 副腎機能低下 / 53.00 副腎ホルモン / 24.00 副鼻腔 / 57.00 / 58.00 副鼻腔炎 / 57.00 不感症、冷淡 / 97.00 プラズマ細胞腫 / 35.00 噴門 / 49.00 粉瘤 / 37.00 平衡中枢、 / 30.00 / 97.50 へそチャクラ / 90.00 ヘモグロビン / 23.70 辺縁中枢 / 5.00 / 12.50 扁桃腺炎 / 20.50 / 35.00 / 71.50 / 75.50 / 87.00 扁桃腺アンギナ / 52.00 偏平足 / 71.00 / 71.50 / 72.00 / 89.00 歩行障害 / 45.00 / 45.00 / 81.50 / 85.00 膀胱 / 64.80 / 68.50 / 87.00 膀胱筋 / 68.50 膀胱症候群 / 84.00 膀胱腫瘍 / 94.50 膀胱の括約筋の弛緩 / 68.50 ホジキン氏病 / 33.50 蜂巣織炎 / 7.50 骨の細胞新生 / 69.00 骨の治癒 / 82.50 / 85.50 骨の溶解、骨粗しょう症 / 69.50 / 96 .00 ポリープ消退 / 12.50 ホルモン中枢 / 20.50 ホルモンバランス、女性 / 2.50 ホルモンバランス、男性 / 3.50 防衛酵素 / 50.00

巻き毛形成 / 88.50 マグネシウム不足 / 46.00 まじめさ / 42.50 麻痺 / 28.50 / 80.50 / 98.50 右腕の神経 / 3.00 水とグローバル / 48.00 耳鳴り / 27.00 / 29.00 / 29.50 耳の痛み / 8.00 夢遊病 / 99.00 胸の膿疹 / 77.00 眼 / 64.00 / 72.50 眼、緑内障 / 70.00 / 98.50 眼の角膜 / 64.50 眼の角膜、退行変性 / 18.50 眼のガラス体の混濁 / 72.50 眼、白内障 / 75.00 / 79.00 瞑想神経の刺激 / 2.50 免疫調整、 精神及び肉体 / 11.00 / 84.50 / 97.50 免疫調整 / 11.50 / 19.50 / 26.00 / 58.00 / 68.00 / 84.50 / 97.50 毛細管 / 7.00 毛根 / 45.00 網膜 / 74.50 網膜、コントロール / 65.50 網膜剥離 / 66.50 門歯炎 / 93.00

薬剤に対する不耐性 / 47.10 夜尿症 / 45.50 夜尿症 / 96.00 勇気 / 77.50 幽門 / 58.25 幽門 / 73.00 夢の中枢 / 97.50 腰椎 / 69.00 腰椎 / 76.00 / 95.00 / 100.00 腰部リウマチ / 94.00 抑圧 / 91.50 / 92.50 / 94.50 / 99.50

卵核 / 57.00 卵管 / 13.00 / 89.00 卵管炎 / 58.50 卵管炎 / 58.50 卵巣 / 64.00 / 98.00 卵巣 / 64.00 リウマチ / 6.50 / 64.00 / 66.00 / 74.00 / 75.50 / 94.00 リウマチ性多発関節炎 / 64.00 / 73.50 リウマチ結節 / 74.50 流行性感冒 / 58.50 流行性感冒 / 58.00 / 84.00 利尿薬 / 86.00 利尿性 / 86.00 隣人愛の中枢(エゴイズム) / 82.50 リンパ液 / 27.00 リンパシステム / 75.00 / 95.00 リンパ性咽頭輪 / 33.00 リンパ腺炎 / 68.50 リンパ肉腫 / 25.50 リンパ肉腫症 / 76.50 涙腺機能 / 11.00 神経性食欲欠如症、精神的な原因 / 31.50 食欲欠如症 / 32.00 / 34.00 レガステニー / 56.50 冷淡 / 27.50 狼瘡 / 93.00 助膜 / 21.50 / 90.00 助膜炎 / 21.50 / 95.50 

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop