テクノロジー犯罪関連記事

Technology

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪の種類
公開日: 2021/04/28
テクノロジー犯罪関連記事
 公開日: 2021/04/28

テクノロジー犯罪の種類

ここではテクノロジー犯罪の種類について解説していきます。被害者によっては、被害の内容に程度の差はありますが、これからご紹介するテクノロジー犯罪の加害行為を受けているかどうか、まずはチェックしてみましょう。加害側に振り回されないよう、第三者による確実な被害証明をとり加害を終焉させるために、まずは当社へご相談ください。

目次| テクノロジー犯罪の種類

身体の表面や内部に流れる電磁波の種類

生体電磁気

生体電磁波とは、人間が生命活動を行なう際に体内で発生している微弱な電気のことです。人間の身体は常に電磁波に晒されていると言っていいでしょう。人体の表面や内部に流れる電磁波は、主に以下のように分類されます。

  • 磁界
  • 生体電磁気は主に脳、心臓、眼球、肺、筋肉、脊髄の活動によって発生される微弱な磁界電磁波です。磁界電磁波は低周波に分類されており、主に医療分野で使われます。

    しかし、非常に強力な磁界を頭部に受けた場合、網膜が刺激されることで閃光が見える「磁気閃光」と呼ばれる現象が起きることがあるそうです。

  • 電界
  • 電界は電圧がかかっている場所で発生します。電界は人体の表面を覆って、誘導電流を作り出します。この影響によって、自律神経や皮膚に悪影響を及ぼすと考えられています。

  • 赤外線
  • 人間に限らず、すべての物質は赤外線を発しています。あまりに強力な赤外線を受けると眼障害や皮膚障害、熱中症を引き起こします。

  • マイクロ波(高周波)
  • マイクロ波は高周波よりわずかに高い周波数を持った電磁波です。人体は伝導性が高いことから、マイクロ波や高周波を浴びるとそのエネルギーを熱に変換します。電子レンジものを温めるのと同じ原理です。

サイコトロニクス兵器

電磁波による洗脳技術

サイコトロニクスとは、「精神工学」と呼ばれ、かつてソ連で研究された電磁波を使い人格や心理を人工的に変えようとする技術のことです。別名「超心理学」とも呼ばれ、「脳は高周波電磁波を送受信できる」という考えのもとで研究されていたそうです。

ソ連では洗脳を兵器として運用する研究が盛んに行なわれてきました。サイコトロニクス兵器の研究者にイゴール・スミルノフ(Igor Viktorovich Smirnov)がおり、「サイコトロニクス兵器の父」の異名を持ちます。彼は戦時中にロシア兵のPTSDの治療をする傍ら、被験者に対しサブリミナルメッセージを施して意思を潜在的に変える研究をサイコトロニクスの技術により実現しようと研究を重ねていました。

参照:WIRED The Weird Russian Mind-Control Research Behind a DHS Contract

RF-Pose

壁越しに位置や動きを把握できる

RF-Poseはマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が開発しました。微弱な電磁波の反射とAIを組み合わせることで、壁の向こうにいる人間の位置や動きを棒人間のように描写して透視できるシステムです。ワイヤレス電波信号と画像データをAIに学習させることで、壁の向こうの複数人の動きの骨格をリアルタイムに描画することもできそうです。

参照:WIRED 人の動きを壁越しに“透視”する技術、その秘密は「電波」にあり

テクノロジー犯罪の加害者はこの方法を借用して加害側のスマホなどで透視しているかもしれません。実際に被害者の方は加害側の複数人が砂画面のスマホの中に棒人間(おそらく本人と思われる)表示がされていたことを指摘していた方もいます。

真相は定かではありませんが、現代のテクノロジー犯罪では可能かもしれません。そして加害側はこの加害行為は特に意味があるわけでもないことに注目してください。本人に対しての嫌がらせでしかありません。なぜならチップなどを使わなくてもRF-Poseのように壁の向こうの生体の動きが分かる技術が現代にはあるからです。

マイクロ波にのせて指向性スピーカー

個室や、自分にだけ聞こえる音や声

指向性スピーカーはお店などで特定の人に聞こえて関係ない他の人には聞こえない配慮をする便利なデバイスとして活用されています。しかし残念なことにこの指向性スピーカーを無周波数マイクロ波など空中を伝いテクノロジー犯罪の被害者の居室や勤務先の部屋で撃つなどしてラップ音を出したりあるいは耳元で音を鳴らしたりします。

また部屋のどこから聞こえてくるのか分からない不自然さで機械音を出したりします。同じ部屋にいて自分だけが聞こえる場合と部屋にいるすべての人が聞こえる音の調整も指向性スピーカーでは可能です。

Voice-to-scull(V2K)

Voice-to-scull(V2K)について

Voice-to-scull(V2K)とは、他人には聞こえず自分の頭の中で声が聞こえるという精神病語でいう幻聴に相当する現象です。ですが、決して精神病ではなくアラン・H・フレイが最初の発案者でアメリカでの特許番号:3951134号でその後続々と改良特許を取得してきたマイクロ波聴覚効果のことでれっきとした科学技術です。

Voice-to-scullはマイクロ波聴覚効果(microwave auditory effec)とも言い換えられています。1961年フレイが発案しました。その後1989年にマインドコントロール用マイクロ波技術(特許:3951134号)、1992年にサイレント・サブリミナル・プレゼンテーションシステム(特許:458339号)、その後1997年に神経系のサブリミナル音響操作(特許:6017302号)として改変されています。

マイクロ波聴覚効果とは

神経科学者フレイの研究は、人の頭にパルス波形や変調マイクロ波6kHz(被害者が耳鳴りと知覚)を指向照射することで脳内にクリック音や変調音、単語、音声を育成し外耳を介さずに頭骨伝導音声を脳内に直接育成する技術になります。マイクロ波聴覚効果は短波長の電磁波で誘導されていき、近くの他人には聞こえません。

その後、1970年代にNASAによる研究では、マイクロ波聴覚効果は内耳にある聴覚を司るカタツムリ状の蝸牛(かぎゅう)の周りが熱膨張すると、信号変調し頭蓋内に送信された音や単語を育成されて聞くことができると発表したのです。コミュニケーションの分野で研究されていたことがアメリカと旧ソ連で非致死性兵器として研究開発されていった経緯があります。

脳内映像送信~人工夢

絵やCG映像を送信

物心ついたときから集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害に遭われている方で最近(といっても十数年前から)起きだした現象のひとつに、絵やCG映像などを脳内に加害側から送信されるというものがあります。人の手で描かれた絵や割と時間がかかって作成されたような合成絵やCG絵などさまざまです。

これらが絵だけを単体として送信してきたり音声とともに脳内に送信してくるのです。他にも実に変な夢を見たり、加害側に工作されている可能性が高い人工夢の話をする被害者の方もいらっしゃいます。映像送信は特許が出ておりますが、もしかすると人工夢も既に可能な技術になっているかもしれません。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop