テクノロジー犯罪レポート

Technology report

ホーム > テクノロジー犯罪関連記事 > テクノロジー犯罪レポート > テクノロジー犯罪相談|特殊音波被害調査室
公開日: 2019/05/04 最終更新日: 2021/04/20
テクノロジー犯罪関連記事 - テクノロジー犯罪レポート
 公開日: 2019/05/04 最終更新日: 2021/04/20

テクノロジー犯罪相談|特殊音波被害調査室

テクノロジー犯罪の一つである特殊音波被害の調査についてご案内いたします。テクノロジー犯罪はターゲットのみを攻撃し、いくら被害を訴えても証明が難しいため、解決ができず被害を受け続けてしまう方が多数いらっしゃいます。さらに、テクノロジー犯罪は起訴に至るまでの事例が少ないことから、テクノロジー犯罪の認知度は低く、警察に相談しても取り合ってくれない場合がほとんどです。そのため問題解決には被害の実態を明らかにし、情報収集をすることが大切です。

特殊音波被害相談窓口

特殊音波攻撃とは何か

音波について

音波には様々な音域が存在し、人間はすべての音域を聞くことはできません。人間に聴こえる音域は限られており、可聴粋と呼ばれます。20kHzを超える非常に高い周波数を持つ音は超音波と呼ばれ、人の耳で聞くことができません。超音波は、一般的には害獣駆除や野鳥の駆逐などで使われています。

人間の可聴域を超える音というのは、超音波だけではありません。超音波とは逆に周波数が非常に低い「低周波音」と呼ばれる音も、人間の耳で聞くことが困難な音です。低周波音は主に100Hz以下の周波数を持つ音を指します。

こうした音域は必ずしも人間に無害とは限りません。音波そのものが人体に悪影響を与える場合があるのです。したがって特殊音波技術は、人体攻撃に応用することが可能です。

攻撃に応用できる特殊音波とは?

特殊音波は音域を操作することで、様々な効果を発揮する技術です。可聴域の音でさえ、大きな音が継続的に発生すると不快感を伴います。つまり、どのような音域であれ、人間に不快感や体調不良を起こすことができてしまうのです。耳に聞こえない音でも例外ではないのです。では、超音波と低周波音がどのような害を及ぼす場合があるのか見ていきましょう。

  • 超音波
  • 超音波は、人体には無害という見解が浸透していますが、頭痛や吐き気、倦怠感などの健康被害が及ぶ可能性が示唆されています。後述の事例にあるように、キューバでアメリカ大使館職員が音響兵器による被害を受けた事例もあります。

  • 低周波音
  • 低周波音にはイライラや不快感といった心理的な作用を及ぼすことや、疲労感、耳鳴り、動悸、腹部への圧迫感を引き起こすなどの研究結果があります。また、低周波音は共鳴増幅による窓の揺れなどを引き起こす可能性があり、不快感を増大させる要因にもなっています。

    また、低周波は超音波攻撃より難易度が低いことから嫌がらせに使用されることが多くなっています。

特殊音波被害の事例

特殊音波被害相談事例

特殊音波を受けたことによる被害相談を、事例として以下のようにまとめました。心当たりが有るか、まずは確かめてみましょう。

  • 自宅にいる時に、決まった時間に耳鳴りと頭痛が起こるようになった。
  • 外出先で奇妙な音が聞こえる。医者に診てもらっても、異常はないと判断された。
  • 最近吐き気やめまいがするようになった。
  • 感情のコントロールができずパニックなったり、体調不良が続いている。
  • 言葉がうまくまとまらず、コミュニケーションが難しくなっている。

海外で起きた事件

2017年にキューバのアメリカ大使館にて数十名の職員が音響兵器による攻撃を受けた可能性がある事件が起きました。職員たちは皆、感染症にかかっていないにも関わらず、嘔吐、鼻血、平衡感覚障害、脳しんとう、脳しゅちょうといった脳の損傷、記憶障害、会話障害など似たような体の不調を訴えました。さらに、同国のカナダ大使館でも同様に不調を訴える職員が現れたそうです。

キューバ政府はこの事件に対する関与について否定していますが、アメリカのキューバ系共和党員のマルコ・ルビオ上院議員はキューバ政府の主張に異議を唱えています。

事件に巻き込まれたアメリカ大使館職員のなかには、眠るときに耳をつんざくようなノイズや振動を感じたと証言している方がいます。よって、これらのノイズや振動は音響兵器によるものではないかと考えられていますが、真相はわかっていません。

出典:産経新聞 日本は大丈夫なのか? 頭痛・嘔吐…キューバの米大使館を苦しめている「音響兵器」

特殊音波被害調査について

独自の特殊音波測定を使用した調査

私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」は、超音波や低周波音を用いた特殊音波を専門とする調査を行っております。発生源の特定や加害者の特定など、被害の実態を明るみに出すために、様々な調査プランをご用意しております。また、加害者に対して法的措置をとる場合などの法的機関への相談方法など、アフターケアも完備しております。

第一歩として孤立せず相談すること

テクノロジー犯罪による被害を確実に一人で解決・立証していくのは難しいことです。なかなか人に言い出しにくくて辛い想いをしていませんか? 調査会社に電磁波調査や超音波調査を依頼して初めて証拠が明るみになったり、加害者の現行犯逮捕にまで及ぶこともありますから、被害を証明していく以外の解決策はなかなか見つからないものですよね。

多くの人にとって「テクノロジー犯罪」という嫌がらせは非現実的なので、理解してもらうのは難しいと思ったほうがいいかもしれません。現実を理解してもらうには、異常な数値を示す音波の測定値をはじめ、被害を証明する証拠が必要になってきます。

積み重ねた証明が重要

警察に被害届を出すには、テクノロジー犯罪(特殊音波攻撃)を受けていることを立証し、そのうえで健康を損ねた、あるいは身体的・精神的被害を被ったなどの証拠を明示する必要があります。しかし、現行法では「テクノロジー犯罪(特殊音波攻撃)の立証」はきわめて難しいため、警察に頼ることさえあきらめている方もおられるようです。

ターゲットが被害届の提出をあきらめ、泣き寝入りしていると知ったらストーカー集団はますます調子に乗り、嫌がらせをエスカレートしてくるかもしれません。警察に頼ることができないときこそ、私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。音波の放出量を測定し、異常が認められればその原因を探ります。

解決手段をどう選択するか

先述したように、泣き寝入りをしたところでテクノロジー犯罪が終わるわけではありません。根本的な解決は、犯罪集団の正体を突き止め、テクノロジー犯罪をやめさせることです。

そのために証拠の入手は不可欠ですが、ご相談もしくはご依頼をいただく際は、警察に被害届を出して嫌がらせをやめさせることが最終目標なのか、それとも、特殊音波攻撃による体調不良や不眠など、身体的・肉体的な被害と苦痛を被ったとして損害賠償を請求することを最終目標にするのかまで考えていただきたいと思います。どのような解決方法を望むかによって、調査方法やプランも変わってきます。

特殊音波被害の料金案内

事実の証明には証拠が必要

特殊音波被害の疑いを本人に追求しても否認されたりごまかされたりといった場合は、事実を証明する必要があります。証拠に基づき相手に特殊音波行為を認めさせることで、初めて問題解決に向かうのです。特殊音波被害解決方法として対策を行う場合の料金は、被害状況に対する証拠収集や相手の身元確認、その他必要な情報収集を行いますが、その情報の量によって費用が異なります。まずは特殊音波による被害状況を具体的にお聞かせいただきその事案に見合った調査プランを作成することが大切です。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、テクノロジー攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

特殊音波被害調査依頼方法

テクノロジー犯罪調査の依頼は必ず専門家に!

テクノロジー犯罪の相談・調査依頼をお考えの方は、当サイトのご利用をお勧めします。近年は探偵事務所が激増していると言われますが、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分だった」「高額な調査料金を請求された」など、調査のクオリティやサービスにご不満をお持ちの方も多くおられるようです。

テクノロジー犯罪調査は、犯罪手口の特殊性などから専門的な知識と経験が必要になるため、探偵社であればどこでも対応・解決できるわけではありません。他社で断られたご相談や、解決できなかった調査のご依頼を歓迎します。ご相談はメールまたはお電話をいただければと思います。私どもの経験と実績をご信頼ください。お力になれるよう尽力いたします。

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

特殊音波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、テクノロジー犯罪の被害の状況、テクノロジー犯罪対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop