集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > サーモグラフィーを利用した監視│嫌がらせ相談
公開日: 2022/03/22 最終更新日: 2022/05/17
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2022/03/22 最終更新日: 2022/05/17

サーモグラフィーを利用した監視│嫌がらせ相談

他社に調べてもらったところ、盗聴盗撮器が発見されない、電磁波の数値に異常が見られないなど解決できなかったことはありませんか?加害者が従来型の盗聴器や盗撮器を使わずに別の方法で被害者の生活や動きを監視していることが最近では主流なのでご説明します。

目次│サーモグラフィーを悪用した嫌がらせについて

専門家
監視特定調査
2022年3月22日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、監視行為でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「監視技術」サーモグラフィー

サーモグラフィー使用の嫌がらせ

あらゆる場面で使用されている

不特定多数による嫌がらせ(集団ストーカー)の共通点は、被害者が外に出た時に近所の人や不審車両が動きだすことです。

最近は迷惑行為防止条例の改正により目立たなくなりましたが、近所の人が被害者が玄関に出るタイミングを合わせて「扉を強く閉める音」「外出するタイミング」が続けば、家の中に盗撮器があるしか考えられないと疑います。

しかし、盗撮盗聴器は見つからない場合、サーモグラフィーによる監視を疑ってください。

サーモグラフィーは体温で居場所がわかるので、室内での監視はサーモグラフィーで行ない、外での監視は尾行、GPSを利用して被害者を監視しているかもしれません。

被害者の報告による監視の方法
  • サーモグラフィー
  • 音センサー
  • GPS
  • 目視
  • 盗聴盗撮

集団ストーカーが嫌がらせをする理由として、何かしらのデーターを収集して何かのサンプルを集めているとも言われています。

サーモグラフィーで監視するのも、「どんな行為が被害者にとって精神的に打撃を与えやすいのか」分析するために行なわれてるかもしれません。

監視技術の秘密

正確に行なう嫌がらせの理由

サーモグラフィーなどのハイテク機材で監視しているだけではありません。あまり知られていませんが集団ストーカーの加害者宅の居住空間には、無停電での電源装置があります。

これは言葉の通りに、停電せずに電力装置として稼働できるのでそれこそ24時間365日にわたって被害者宅をモニタリングすることで、ターゲットの動きを監視できるシステムです。

これはあくまでも一部であり全貌としては、家庭的な電力とは別の統計だった電力供給の元にシステム稼働があり、加害側の配置された人材へ指示を自動で振り分ける電磁的な動きがあることがあります。

加害に一時的に加担した人たちが組織の者から謎の機械を室内に置いておくように指示されるのは、このような裏事情があったからでしょう。

もちろん各々の機器は組織ぐるみの監視システムとして一元管理されているのは想像に難くありません。

技術的には可能だが実際は困難

現在のサーモグラフィーなどハイテク機材で監視しているのは被害者だけではありません。

ニュースで町の監視カメラがどこかの一般のお宅の室内が映っていたという映像が公開されているなど、集団ストーカーの被害者ではなくても、知らないうちに監視されています。

技術の進歩により都心部に暮らす人は、関与した人によっては四六時中監視することも難しくないのかもしれません。

常に「監視」していると見せかける

加害側による「監視」は心理作戦

組織的な嫌がらせの初期は誰も全く気づかないのが特徴です。最初はわざと気づかせず色々な人間関係の工作をします。

そしてある日ターゲットが「最近、不幸続きでこれはおかしい」と気づきはじめ、インターネット上で嫌がらせについて検索しているなど気づきはじめたら、加害側は一気に監視していることを仄めかすようになります。

特に気づきはじめた最初の頃や何らかのイベント時には必ず大量の歩兵人材をストーキングとしてターゲット周辺に配置してきます。そして「監視」の仄めかしをターゲットに執拗に行います。

これは集団ストーカーで被害者にたいして行なわれる確率が高いです。監視行為自体は、相手が意識しだすまで同じパターンや同じ人物、同じ場所で複数の人が繰り返し行います。

最初は偶然と思うことも、連続で続くことにより、ターゲットを常に監視していると思わせる仕組みが出来上がっていきます。出来上がると、何もしなくてもターゲットが加害者以外にも意識することで「全てが怪しく見える」状況がいとも簡単にできてしまいます。

いかに被害者に誤解してもらうかが重要になってくるというわけです。

被害者自身が分岐点を見極めよう

常に被害者が誤解放題の状況に追い込まれてしまうと、冷静な判断が難しくなり、自分の考えに囚われてしまってそこからなかなか抜け出せないでしょう。

ここが分岐点となります。ご自身で正しいソースを探すことに努めるか、あるいは真理の探究を放棄して延々と誤解ループ状態となり完全な引き込もりになるかになります。

問題なのは真理の探究をしても嫌がらせの解決は証拠収集と、証拠をもとに相手と対峙することで決着となります。それをひとりで行なうというのはあまりお勧めしません。

間違えれば嫌がらせの状況が悪化することで精神的な負担が増加し、解決への気力が失われてしまうかもしれません。

真実を知らなければ何も変わらない

加害者の罠に惑わせられないために

組織的な嫌がらせ、とくに監視行為で神経が高ぶっているときは、ただの通行人でも嫌がらせの加担者と思ってしまうので、心が安らぐ時間がない状態にも思えます。しかし、全員が加害者ではないことを意識していれば大丈夫です。

真実を観察することで冷静を保とう

咳一つでも「私にたいして向けられている」と思い込んでしまい、周囲の人たち全員が敵に見えてしまいます。その経験をそのまま周囲に相談すると、精神科に通院や入院する事例が実に多くなります。

「被害を相談する人たちは精神疾患」という言論統制の流れが生きているからです。あなたに何を勧めたのか、つまり誰がどのような言動をするのかも、監視されています。

そういった面から見えることは、ターゲットにされた人だけが社会で監視されているわけではないという逆説的な答えもでてきます。

やり過ごす対処法として

監視行為をどう捉えるか「私には関係ない」と意識することは危険です。しかし、没頭するほど集中するようなリモートワークをするなどある程度外の世界と遮断することも、監視行為をやり過ごす対処法でしょう。

もちろん室内も監視されている可能性はあります。あなたが動けば近所の人も動きがある場合は、室内に盗撮カメラが設置されている可能性があります。但し、監視される日々のなかでも、自分の時間を有意義過ごすことで心の余裕もできてくると思います。

加害に振り回されずあなたの人生を楽しまなければいけません。そのためにも加害にたいして毅然とした態度をとり、しつこい場合は専門家と連携して証拠収集を行ないましょう。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

嫌がらせ調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

サーモグラフィー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、サーモグラフィー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop