電磁波測定調査関連記事

Electromagnetic-Waves

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波過敏症の方が選ぶ効果的な軽減対策
公開日: 2019/12/18 最終更新日: 2021/04/27
電磁波測定調査関連記事
 公開日: 2019/12/18 最終更新日: 2021/04/27

電磁波過敏症の方が選ぶ効果的な軽減対策

電磁波過敏症という検索キーワードがインターネット上でかなり多くのヒットする今日。「気にしすぎ」「考えすぎ」と思っていた電磁波での体調不良は故意に行われている可能性があることが分かってきました。ここでは、嫌がらせ対策専門窓口に相談して、電磁波被害が解決した相談者の3つの事例をご紹介します。

電磁波対策相談窓口│目次

電磁波過敏症かも?

電磁波過敏症の確認

電磁波過敏症や電磁波アレルギーの症状は、身の周りの電気製品などからの電磁波に敏感に反応する体質のことをいいます。

症状は目が、見づらくなったり、目が痛い、皮膚が乾燥する、赤くなる、できもの、鼻詰まり、鼻水、顔の痛み、ほてり、むくみ、ヒリヒリするなど、口内炎、金属の味がする、歯や顎の痛み、粘膜の渇き、頭痛、記憶喪失やうつ症状、疲労、めまい、吐き気、関節痛、肩こり、呼吸困難、動悸、腕や足の痺れなどがあります。

  • ズキズキと激しい頭痛がある。
  • 髪がボサボサになった。
  • 体が異常にむくむ。
  • 体がチクチクピリピリする。
  • キーンという耳鳴りがよくする。
  • 体が異常にむくむ。
  • 普段と同じように食べていても太る。
  • 原因不明の具合の悪さが続く。

電磁波によって起こる健康被害

電磁波の被害にあってる人の共通点で、体調不良を起こりやすい環境にいることがわかっています。電磁波を調査した結果では、低周波を毎日同じ空間に照射することで、ラジオの周波数を合わせるように人体に以下のような症状を作り出すことができると言われています。

  • 体のピンポイントに違和感や痛みを感じる。
  • ふとした瞬間に頭がめまいのようなどんよりとした感覚に襲われる、
  • 全身、あるいは下半身などの体の広い範囲でじりじりとした痺れを感じる。
  • 立っていられなくなるほど体が重くなる。
  • 体の表面を線状に這うような痛みを感じる。

電磁波過敏症の診断基準

体調不良の原因は電磁波の影響?

電磁波過敏症はその症状は存在していても、医学的に疾病として認知されていないという状況です。WHOは「電磁波過敏症は明確な診断基準を持たず、症状が電磁界のばく露と関連するような科学的根拠はなく、更に医学的診断もない」としています。

「また電気学会(IEEJ)」、「電子学会(IEEE)」と「人と放射線に関する委員会(COMAR)」が、誘発試験の結果を評価し、「電磁波過敏症の人達は、そうでない人達に比較して、電磁界を感じる能力に優れているわけではない」と指摘しました。

さらに「欧州委員会(EC)」の見解においても、これまでと同様の電磁界と電磁波過敏症の関連性について、明確な根拠は示されていないと結論づけました。これは、電力設備から生じる電磁界は国際的なガイドラインや国の規制値と比較して、十分に低いレベルとなっているため、「電力設備から生じる電磁界は、人の健康に有害な影響を与えることはない」と判断されてしまうからなのです。

しかし、電磁波過敏症も花粉症と同じように、人によって症状として表れる人も出てきてしまうものです。そして、電磁波は決して体に良いものではないため、電磁波過敏症の方は、なるべく電磁波とうまく付き合う生活を送らなければいけません。

なぜなら、生活において家電製品やスマートフォンは必要なものであり、それらを手放して生活することは非常に困難であるからです。電磁波から安心して生活するには、一度専門家に自宅の電波状況を調べてもらい、的確なアドバイスをもらうことが大切です。

電磁波過敏症の原因

根底の原因は本当に電磁波なのか?

電磁波過敏症は身体が電磁波に対してアレルギー反応を起こすものですが、私たちの生活には電化製品が必要不可欠であるため 電磁波に囲まれていると言っても過言ではありません。体質や生活習慣によるものも電磁波過敏症の要因のひとつとして考えられますが、あくまで小さな要因です。にもかかわらず電磁波過敏症の発症者が後を絶たないのは、意図的に電磁波過敏症に仕向ける力が働いているからではないでしょうか?

電磁波攻撃によって仕向けられた電磁波過敏症

現在、日本における電磁波過敏症の発症者数は総人口の3%〜5.7%と言われています。これは驚くべき数字で、一万人あたり300〜600人弱の人が何らかの症状を持っていることになります。

電磁波過敏症はもともとの体質や住環境によって起こることがありますが、電磁波攻撃によって人工的に電磁波過敏症になったケースも存在します。電磁波攻撃による電磁波過敏症は、それが誰かの仕業かどうか早期に判断することが難しい点や、攻撃されていることを自覚しても周りの理解が得にくいことです。

軽減対策のご紹介

住環境を見直す

住環境を改善することで、電磁波過敏症の症状を緩和が期待できます。電磁波対策には『電磁波の発生源から距離を置く』ことが基本となっています。しかし、住環境による電磁波の強弱を知ることは、肉眼では不可能です。

また、高圧線や送電線から発生している電磁波による影響を調査した海外の文献や国立環境研究所の疫学調査の結果などには、小児白血病が2.5%増加する、発ガンの可能性があるなど、さまざまな研究結果が公表されています。効果のある住環境の改善方法は必ず専門家の見解を得ることが近道です。

アーシングを行なう

アーシングは、『身体に溜まった電磁波のバランスをとる』行為のことです。電磁波過敏症は身体の電磁波に過剰反応を起こしていることから、電磁波のバランスをとることで症状の緩和が期待できます。方法は至ってシンプルで、『素足で土や草の上を歩く、あるいは座る』ことです。大まかな仕組みとしては、身体に溜まった余分な電磁波を素足から地面(地球)に直接放電し、余分な電磁波を除去することができます。

デジタルデトックスを行なう

デジタルデトックスとは、スマートフォンやパソコン、インターネットの使用を自主的に控えることです。電磁波過敏症は一度発症すると、日常生活でのあらゆる電磁波に強いアレルギー反応が出ます。そこで、自主的に電磁波の少ない環境を作ることで、症状の緩和ができます。先述のアーシングと併用できれば、高い効果が期待できます。

犯人を特定する

電磁波での身体被害を立証することは今の警察や法律では難しく諦めてる被害者の方もいます。しかし、電磁波を異常照射している数値を確認すれば、物的証拠となり迷惑行為で立証できます。まずは、電波法測定を専門家に調べてもらい、磁界を数値を確認することです。本格的な調査で、電磁波が照射されてる位置をたどり犯人を特定することができます。

電磁波過敏症対策依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop