探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > お店の情報を盗まれた30代男性の盗撮被害レポート
公開日: 2020/05/14
探偵ニュース
 公開日: 2020/05/14

お店の情報を盗まれた30代男性の盗撮被害レポート

盗撮の被害は、嫌がらせやリベンジポルノといった目的だけでなく、重要な情報を盗むために用いる場合もあります。今回の相談は、飲食店を経営する男性が、手口も全く分からない状態で情報を盗まれたという被害内容になります。そして、盗撮によって重要な情報が流出したケースでもあります。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
盗聴盗撮調査レポート!

ご依頼者様
30代 (男性)

専門家による盗聴盗撮対策相談窓口

盗撮調査レポート

お店にとって重要なレシピのデータを別のお店が持っていた!?【30代男性相談】

男性
ご依頼者様: 39才/男性 飲食店経営
ご依頼内容: 盗撮調査
ご依頼理由: 数年前から独立して小さな飲食店を経営しています。最近になって経営が軌道に乗りかけていたある日、新たなメニューを企画していた頃、研究のために訪れた隣町の飲食店にて、私が考えていたメニューと内容がまったく料理を見かけました。レシピも味も同じだったので奇妙に思ったのですが、私のお店で働く従業員が、メニューを盗んで他店に売り込んだ可能性があります。どのようにして調理方法やレシピを盗んだのか定かではないため、プロにお任せすることにしましました。どうか、調査のほどよろしくお願い致します。
調査レポート: 盗撮により新メニューの作り方を盗むことが可能です。ご依頼主様の厨房にて盗撮カメラが仕込まれているか調査を行いました。調査の結果、厨房の換気扇と、冷蔵庫に置かれた盗撮カメラを発見しました。二方向から盗撮を行い、調理方法の模倣をするために盗撮を行われていたと考えられます。次に、犯人特定のため、ご依頼者様がメニューを盗まれた飲食店周辺より聞き込み調査を行い、従業員のうちの一名がその店に訪れていたことが判明しました。調査によって集めた情報はご依頼者様に報告しました。後日、ご依頼者様から、犯人の従業員から話を聞き出したことについて報告を受けました。どうやら、盗撮だけでなく、レシピが保存されたパソコンから、情報を盗み出していたことが分かりました。パスワードは従業員に公開しており、誰でも入れる状態にあったそうです。結局、ご依頼者様は新メニューのことは水に流し、犯人の従業員から示談金を分割して毎月振り込む形で和解しました。また、パソコンにある重要データの外部流出を防ぐために、ご依頼者様に対してパスワードやデータ管理についての指導を行うことで、メニューの情報が洩れた問題についても解決することができました。

盗聴・盗撮調査とは

探偵事務所が行う盗聴・盗撮調査

探偵のイメージとして最初に思い浮かぶのが盗撮・盗聴調査ではないでしょうか。個人情報が厳しく社会で管理されてるにも関わらず、いとも簡単に盗聴器、盗撮器が市販もしくは、インターネット上で販売されています。その盗聴器や盗撮器をどんな目的で使われるのか。リベンジポルノであれば「いやらしい動画」や「声」をその類の業界で売買したり、インターネット上で拡散するリスクが高いです。そんな情報漏洩を防ぐために

  • 一戸建て
  • 集合住宅
  • 企業・店舗
  • 車両
  • つきまといによる盗聴盗撮
など、どんなところに盗聴器や盗撮器が仕込まれているのか、どのように盗撮しているかを確認してみましょう。最近ではコンクリートマイクを利用して電波を発しない巧妙な手口の盗聴など増えつつあるため、分譲マンション・アパートに引っ越しの際は注意が必要です。

盗聴・盗撮対策について

一軒家の盗聴盗撮対策について

盗聴器を家の中に仕掛けるのではなく、家の外の設備に盗聴器を仕掛け、電話を盗聴するなどの被害があります。日本の法律は、盗聴・盗撮行為(受信行為)で得た情報を、外部に漏らして損害を与えなければ法律上取り締まる事が出来ないのが現実です。被害に遭わないためには、日々の不安から目をそらさず、入居をする前にしっかり調査をしておくことで安心して生活を送ることができるのです。

集合住宅の盗聴盗撮対策について

賃貸アパートや分譲マンションのような住宅は、不特定多数の人が出入りするため盗聴器が仕掛けられていることがあります。賃貸物件の場合、リフォーム業者に紛れて行なったり、入居募集をしている時に内見をした人物が、ちょっとした隙に簡単に仕掛けることができます。また、平置き駐車場に侵入し「車に盗聴器やGPS」が仕掛けられているケースもあり注意が必要です。

つきまといが行う盗聴盗撮

つきまといや監視行為の時点で迷惑行為防止条例の違反になりますが、あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションで、自然に被害者を監視するようにつきまといを行います。つきまといで得た画像や動画は、悪用される可能性が高く、早期解決が必要とされます。つきまといを撃退するチャンスはありますが、身の危険を考えて、すぐに警察に連絡しましょう。事件性が高いのであればその場で対処してくれるはずです。

自分でできる盗聴盗撮対策
  • 他人に話していないことが知られていないか確認してみる。
  • 電話や家電製品周辺の変化に注意する。(コンセント・照明機器など)
  • 車内の「ダッシュボード」、「シートの下」「トランクルーム」も確認する。
  • 盗聴盗撮の疑いがあり、自分で発見できなかった場合「盗聴盗撮対策専門窓口」までお気軽にご相談ください。

盗聴・盗撮調査料金のご説明

盗聴盗撮調査のご説明

盗聴盗撮の調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。盗聴盗撮に関して一番重要なのが、「情報を漏えいさせない」ことであり、盗聴発見調査が相手にバレている状況で行うのは得策ではありません。また、電源が切られた状況での盗聴盗撮発見調査では効果がありませんので必ず時間帯を変えながら複数回チェックすることで発見率があがります。ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行う対策は、加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、盗聴盗撮被害を確認するまで朝から深夜帯まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

盗聴・盗撮対策相談窓口

盗聴・盗撮対策をお考えの方へ

盗聴・盗撮専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず無料相談のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。盗聴・盗撮発見調査は、一般的な引っ越し業者や不動産業者が行う調査とは少し違い盗聴・盗撮に関する調査経験と解決事例が必要とされますので、どこでも解決できるわけではありません。盗聴盗撮だけではなく、つきまといなどがからんだ被害に対しては専門家の力を借りましょう。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった盗聴・盗撮対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

盗聴・盗撮被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop