探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/09/21 最終更新日: 2019/08/24
探偵ニュース
 公開日: 2019/09/21 最終更新日: 2019/08/24

つきまとい相談┃被害体験談┃解決方法

つきまといの被害を一言で表すと「見えない被害」です。被害者以外の人から見れば、その日、その時間に起きた偶然な出来事しか思わないでしょう。それもそのはず、つきまといの被害はターゲットの性格や生活を長い期間に下調べを行い「分析」して分析結果に基づいて、つきまといを行っているため、被害者以外の人にはなかなか理解してもらえず、1人で永遠に悩み続ける日々を送るハメになるのを犯人は、指をくわえて待っているのです。

つきまとい体験談と解決方法のご案内

つきまといについて

つきまといの先にある目的

ある人物に対して、嫌味や挑発して神経を逆なでするようなことを言ったり、笑い者にしたり、わざとぶつかってきたり、無言電話をかけてきたり、ネットで自分のことと思われる誹謗中傷を書かれたりと、不快感を与えるよう、色々な方法で嫌がらせをすることです。

近年目にする「集団ストーカー」や、それに近い小規模なつきまといや、個人の恨みなどから来るつきまといなど様々ですが、「いつもの生活と何か違う」と何かしら不快感を感じたら「つきまとい」かもしれません。

つきまといは、証拠がないと第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いので、専門家につきまといぐらいと思わずご相談ください。加害者の目的は「孤立」「精神崩壊」「洗脳」など悪質なケースも数多く見受けられます。

執拗なつきまといや監視行為

執拗な嫌がらせのなかで厄介なものは複数による付きまといと監視です。何も悪いことをしてない「一般人」を不審者に仕立てあげて、近隣住民や加害組織の人間を使い、どこにいても付きまといを行います。

この時点で迷惑行為防止条例の違反になりますが、あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションで、自然に被害者を監視するように嫌がらせを行います。被害の年数が長いほど、組織の規模を把握できて、撃退するチャンスはたくさんありますが、身の危険を考えて、すぐに警察に連絡しましょう。事件性が高いのであればその場で対処してくれるはずです。

加害者自ら犯罪を犯すような真似はしませんが、万が一のことを考えてあまり加害者を深追いしないほうが無難です。

つきまとい被害体験談

事例:見知らぬ他人からのつきまとい

まず、生活圏でのつきまといです。私は七年半「集団ストーカー」被害に遭ったいたので、その時の体験です。まずは職場で、突然私についての噂話が始まりました。なぜか私がパワハラを受けていた社員と私があやしいと言うのです。噂が大きくなり、なぜか私が職場を追い出される形で辞めなければならなくなりました。

その後、帰りの電車で見知らぬ他人が、延々と私の噂話をしているのです。家に入るまで続きました。その後、アパートの両隣の住人が入れ替わっており、また私についての噂話をしているのです。気持ち悪くなり、アパートを一階ずつ降りて行き、様子を確かめて行きますと、私の噂話をする声が聞こえたのです。

夜も構わずその人達は騒いでいました。とてもたまらず、アパートを引き払い実家に帰りましたが、その道中、やはり噂話の人達がどこに行ってもつきまとって来たのです。精神的ショックを受け、しばらく働かず家の中にいましたが、やはりつきまといの人達が家の前に来て噂話をして行きます。

ずっとそうしているわけにもいかないので、しばらくして働きに出ました。そうするとまた、職場に行く途中、噂話のつきまといが延々と続いたのです。昼休みに喫茶店で食事をする時も、仕事が終わって飲みに寄った居酒屋でも、帰りの電車の中もつきまといの人が常にいます。家にいても、お風呂に入った時や、トイレに入った時に見計らったように噂話をして行く人達が窓の外を通って行きます。

さらに、その頃から無言電話がかかって来るようになりました。ひどい時は一日に四回も五回もありました。しばらくしょうがなくその生活を送っていたのですが、たまらなくなり、「集団ストーカー対策として、引っ越しも有効」と言う記事を読み、東京の方に引っ越しました。

「なぜ私なんかが大勢いる人から監視されてるんだろう。こんなことはばかばかしいんだからもうやめるだろう。」と思い、「集団ストーカーが今度はいないといいな。」と言う気持ちで東京に行きました。

しかし、東京に行くとさらに集団ストーカーの数は増え、さらに電磁波攻撃も加わり、とても働ける状態じゃないという所まで追いつめられてしまったのです。それでも何か仕事をしなくてはいけないため、職安に行きました。そうすると、職安の社員も私についてなぜか知っていて、私の噂話をしてくるのです。

美容院に行っても、何駅か離れたお店に入っても、やはり同じです。アパートも同じです。隣の部屋の人が私について何か言いながら、夜遅くまでギャーギャーと騒ぎます。また職場に行く電車でもつきまとって嫌なしゃべり方で私について噂してきます。

そうこうしてるうちに、電磁波攻撃がさらに強くなり、しかも電磁波を長年強く当てられていた影響で頭がごちゃごちゃになり、精神病院に入院しなければならなくなりました。

その時が一番攻撃が強く、その後は集団ストーカーの数も徐々に減って行き、なんとか日常生活を送れるようになったため「探偵事務所が集団ストーカーについて対策してくれる」と言う情報を人から聞き、ファミリー調査事務所に電話をして、現在に至ります。

事例:職場でのつきまとい

職場でのつきまといも激しいものがありました。新しい職場に行くと、まだ自己紹介もしていないのに、やはり私のことを知っていて、すでに噂話をしています。さらに、「昨日の夕飯はハンバーグだったんだ。ふーん。」などと、監視カメラでも付けて観察してるんじゃないかと思うようなことを仄めかして来ます。

たまらず職場を辞め、新しい職場に移りますが、またその職場でも同じことが繰り返されます。このように、集団ストーカーにつきまとわれている場合、六年も七年も同じつきまといが続き、集団ストーカーが終わるまでつきまといは過疎して行きますので、この記事を読んで心当たりがある方は、ぜひ一日も早く専門機関に相談されることをお勧めします。

大丈夫です。人のやっていることは必ずつきとめることができます。専門の方を信じ、早いうちにつきまといのない生活を取り戻してください。

事例:ネットストーカーによるつきまとい

ネットストーカーと言う言葉を最近よく耳にしますが、ネットストーカーも恐ろしいです。探偵の方とお話ししている時に、ネットでつきまとわれていると言う方から電話がかかって来ていました。ネットストーカーでも同じです。日常生活が苦痛な程、誹謗中傷を繰り返し、執拗につきまとって来ます。

ネットだけでなく、日常生活でもつきまとって来るかもしれません。ネットの怖い所は、文字で自分に対する悪口をはっきりと見てしまうと、精神的ショックも大きいです。ネットで書かれると、それを同級生や職場の人が見ているのではないかと言う心配もありますし、ネットで流されると永遠に消えないですから、一日も早く被害をなくしたいと思うでしょう。

また、集団ストーカーやネットストーカーではなく、恋人や知人のつきまといでも苦痛ですよね。その場合、つきまといがエスカレートして来ると実際に手を出して来るということもあるかもしれません。しかし、実害がないうちは警察は動いてくれないため、怖い日々を過ごさなくてはならないかもしれません。

探偵事務所のできることは、ストーカーの特定、特定したら犯人と同席し、警告することもできます。さらに、探偵がついていると言うことで、相手がおじけづいて、つきまといをやめることもあります。私の場合も効果があり、探偵の方が来てくれてからつきまといが目に見えて減り、気にならない生活が送れるようになりました。

前にも書きましたが、警察は実害がないうちは動いてくれません。しかし探偵は、今つきまとわれてるこの状況をなんとかする対策を立ててくれます。被害があってからでは遅いのです。一日も早い相談をお勧めします。

どうか一人で悩まないでください。調査だけでなく、あなたのことを心配して力になってくれる探偵もいます。ファミリー調査事務所はアフターケアまできちんとしてくれますので自信を持ってお勧めできる探偵事務所です。

専門家に相談することから始めよう

嫌がらせ対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

つきまとい調査料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

つきまといに関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop