探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 一体なぜ? パトカーにつきまといされている|実態調査レポート
公開日: 2020/08/19 最終更新日: 2020/08/20
探偵ニュース
 公開日: 2020/08/19 最終更新日: 2020/08/20

一体なぜ? パトカーにつきまといされている|実態調査レポート

パトカーや救急車といった緊急車両が自分に対してつきまといをする・・・こうした悩みをお持ちの方は、「ハッキリとした答えはわからないけど、いざ本当に問題が起きてしまったら遅い! だけど自分の力ではどうしようもできず毎日を過ごしている。」といった不安に駆られているのではないでしょうか? こちらのページでは、実際に寄せられたご相談を基に、専門家の調査と解説をしたレポートをご紹介しております。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
ストーカー調査レポート!

ご依頼者様
40代 (女性)

専門家によるつきまとい調査無料相談窓口

つきまといの相談レポート

40代女性のご相談

つきまといの調査は被害の規模や加害者の実態については必ず調査を行わなければ進展は望めないでしょう。以下で紹介するレポートを解決の参考としてご覧ください。

女性
ご依頼者様: 48才/女性 主婦
ご依頼内容: 緊急車両のつきまといを調査
ご依頼理由: 自分がコンビニに行くと、パトカーがハイビームでコンビニの駐車場に入ってきたり、散歩をすると二台のパトカーが徐行運転を行っていることがあります。 また、遠出をした時にもパトカーが付きまとってくる感覚があります。集団ストーカーの被害者さんの話を聞いて、警察も嫌がらせに加担していると思い、怖くなりました。私は生まれてこの方、犯罪などの行為には一切かかわったことがありません。警察ぐるみで私を監視して犯罪者に仕立て上げようとしているのでしょうか?
調査レポート:

ご依頼者の自宅近くに警察署や所轄の交番が近くにあるかをヒアリングし、実際に嫌がらせを目的としているのかを明確にする点から調査を開始しました。 200メートル先に警察署と2キロぐらい先に消防署がある点、新興住宅地ということで小学校や中学校、幼稚園が複数点在しているというご依頼者の証言から、もともと警邏中のパトカーに遭遇しやすいエリアではないかという推測を立てつつ、実際に一部の警察官が嫌がらせ行為に加担している可能性も考慮し、ご依頼者の外出時に意図的な付きまとい行為が実際に行われているかという確認を、実地調査により判明させました。

ヒアリングで、『周辺地域で痴漢や子供の声かけ事案などの犯罪行為を聞いたことがあるか』を確認したところ、『最近増えた』とのこと。その為、警察がパトロールを強化している可能性が高いという事を予めお伝えしました。その上で、実際に意図的な付きまとい行為があるのかを確認する為、ご依頼者の外出時に当社調査員を周辺に配置し、パトカーを含めた不審車両の有無の監視調査を行いました。7日間の実地調査の結果、ご依頼者への意図的な付きまとい行為は確認されなかった為、今後ご依頼者が頻繁にパトカーを見かけても、実際に職務質問をされたなどの後ろめたい事柄がなければ、警察がご依頼者を監視している可能性はないとの結論に至りました。

集団ストーカーの被害者証言の中では『パトカーをはじめとした緊急車両による付きまといがある』という訴えがしばしば見られます。警察を始めとした公的機関が組織として付きまといを行っているのであれば、それはご依頼者自身が何らかの犯罪の被疑者としてマークされているケースに限ります。ご自身が清廉潔白であるのなら、堂々と構えてしまって何ら問題はありません。 ただし、これが『一部の警察官の私的な行為』と仮定される場合は別となります。警察という組織も元を正せば人の集まりであり、中には公権力を私的に流用し、善良な市民を圧力により落とし込める場合もあります。その為、『実際に付きまとい行為があるのか否か』といった確認を取る事も重要となってくるのです。

つきまといについて

つきまといの特徴

ある人物に対して、嫌味や挑発して神経を逆なでするようなことを言ったり、笑い者にしたり、わざとぶつかってきたり、無言電話をかけてきたり、ネットで自分のことと思われる誹謗中傷を書かれたりと、不快感を与えるよう、色々な方法で嫌がらせをすることです。近年目にする「集団ストーカー」や、それに近い小規模なつきまといや、個人の恨みなどから来るつきまといなど様々ですが、「いつもの生活と何か違う」と何かしら不快感を感じたら「つきまとい」かもしれません。つきまといは、証拠がないと第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないので、専門家に必ずご相談ください。

一人で悩まない

執拗なつきまといは第三者に気づかないように行うと同時に、不特定多数の人が加害行為に加わっていることもあるため、誰が加害者なのか分からず混乱してしまうのが、被害者の辛さだと思います。それこそが、加害者の思う壺であり、心のよりどころを無くし「完全な孤立」にさせるために手段が選ばないのが加害者です。あまり警戒しすぎて、被害者の近くにいる人全員が加害者と思い込み、「誰も信用できない」状態が続き孤立してしまうのです。ここで大切なことは「一人で悩まない」ことです。つきまとい対策のプロに依頼するなど、心のよりどころを見つけると心に余裕ができます。だから決して1人で悩まないで相談だけでもいいので、皆さんの被害の状況を教えてください。

つきまといが起きる環境チェック

自宅周辺で起きるつきまといチェック

自宅を加害者に知られてしまうと郵送物の盗難や盗聴など、執着のひどい嫌がらせをされる可能性も高く、非常にやっかいです。つきまとい行為をエスカレートさせない為には、「自宅の防犯対策を徹底する」ことを行おすすめします。防犯対策は、想定されるつきまとい犯の動線上に防犯カメラの設置し、補助錠や防犯フィルム、人感センサーなどでつきまといしにくい環境を作ることです。

勤務先で身に覚えのない風評被害はありませんか?

勤務先では、同僚にプライベートを仄めかされたり、職場の外で待ち伏せされるたり、上司への評価を下げる行為を行い居場所を奪うために嫌がらせを行います。職場の責任者への相談は必須ですが、相手は部外者なので侵入は防げても周辺をうろつくことは禁止できないので、何かあったときに駆け込める場所を確保しておいてください。

偶然を装ったつきまといに騙されない

通勤に電車を使っていれば毎日のことなので、何か対策をとろうとしても限られてきます。今後つきまとい行為がエスカレートしたときのために早い段階から自分でしておかなくてはならないのが、「被害の記録」になります。被害の記録とは、「被害を受けた日時」「被害の詳細な内容」「相手に関して知っている情報・特徴」になります。

つきまとい対策専門家のコンサルタントサポート

つきまといにお悩みの方へ

ストーカー・嫌がらせ対策窓口では、「専門のコンサルタント」として、つきまとい被害解決に全力で活動しております。依頼人と直接お会いし、お悩み・ご要望にしっかり耳を傾けることを重要視しております。依頼人に身近な「探偵事務所」として、家族に相談できない小さな悩みから本格的な調査まで、ニーズに合わせて皆様の隣に寄り添いながら問題の解決まで、法に基づいたノウハウや専門機材を屈して解決後のアフターフォローまで誠実に対応させていただきます。

ご相談は土日、夜間も対応可能

ストーカー・嫌がらせ対策窓口は、皆様の生活スタイルに合わせて、フリーダイヤルで24時間無料相談窓口を設置しております。また、盗聴の疑いがある場合は、メール・LINEでご相談が可能ですので、安心してお問い合わせください。ご相談は、回数の制限なく応じますので、納得いただける解決方法が見つかるまで何回でもご相談ください。

※ご面談にはご予約が必要です。

つきまとい対策依頼方法

つきまとい被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしております。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

つきまとい被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop