電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > それって電磁波攻撃?超音波被害の可能性も視野に!
公開日: 2019/10/16 最終更新日: 2021/04/16
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2019/10/16 最終更新日: 2021/04/16

それって電磁波攻撃?超音波被害の可能性も視野に!

電磁波や超音波についてインターネット上で検索すると、かなり多くのキーワードがヒットします。電磁波の被害者は、電磁波過敏症や電磁波で攻撃されてるという事例が多く「頭痛がする」「体がピリピリする」「体の痺れ」「不眠症」など生活に影響していることが確認されています。電磁波について、「正しく理解すること」で、ネットの情報に振り回されず、必要以上に怖がらないで対応することができます。

電磁波被害相談窓口│目次

電磁波とは違う超音波の正体

超音波の影響が原因

一般的には、「超音波とは周波数が高くて耳に聞こえない音」とされています。人間に聞こえる周波数の範囲(可聴域)は、低い音で20 Hz、高い音で20,000 Hz(20 kHz)くらいまでの間とされ、例えば時報に使われている音は約880 Hzですが、工業分野においては、2 kHzや14.5 kHzなど耳に聞こえる音も超音波として扱うため「超音波とは、聞くことを目的としない音波である」と定義しています。

超音波は悪用できるのか?

超音波は耳に聞こえないだけで、空気振動していますから、大音量の超音波を長時間聞かせれば、気が付かないうちに頭痛や不眠症などの健康被害を起こす可能性があります。しかし、超音波を悪用して「難聴にさせたり」「不眠症にさせる」行為は、手間がかかるので「耳に聞こえる音波」を使って嫌がらせをすることがほとんどです。

集団ストーカー被害でよく聞く「音声送信」

集団ストーカーの被害で、よく「音声送信」と表現されているものは、特定の人に音声を届ける「指向性スピーカー」のことをいいます。この仕組みも「有効距離」があり、どこでも遠隔に音声をとばすことはまだ先の話でしょう。対策としては、鉛シート入り防音カーテンなら、電磁波と超音波の両方に効果があるようです。

超音波対策はありますが、やはり根本を断ち切るよう、一日も早く専門機関への相談をお勧めします。超音波の測定でわからないことがあれば気軽にご相談ください。

真実を知らなければ何も変わらない

電磁波の影響で健康被害も

電磁波被害者の特徴

昨今、日本中の住空間において電線に囲まれていない地域はないといっても過言ではないでしょう。私たちが生活するさまざまな環境ではあらゆる電磁波に囲まれて暮らしているとも言えます。

身近な電磁波

電磁調理器、エアコン、洗濯機、電子レンジ、パソコンなどの生活家電は低周波電磁波と呼ばれるもので、低周波であっても長時間それを浴び続けていれば問題となり、電磁波過敏症やVDT症候群(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略)、慢性疲労症候群になる人もなかにはいます。

外からの電磁波

4G・5G等のスマートフォンやパソコンなどがネットワーク通信をするにあたりWiFi等ネット環境で外部と送受信を行います。住居間に設置された鉄塔や高圧送電線や携帯電話の中継基地などから電磁波が生活環境へ作用するようになりました。

四六時中365日、就寝中など人間が活動していないあらゆる時間においても知らず知らずのうちに電磁波は私たちの身体へ影響を及ぼしています。今挙げた例は、生活に直接干渉する電磁波の説明になります。

現代社会において、この電磁波を悪用入手・アクセスし意図的にターゲットとなった人へ照射するテクノロジー犯罪が増加傾向にあります。

ここではまず、電磁波が身体に与える影響がどのようなものかを見ていきましょう。

電磁波の影響があるという人の共通意見
  • ある時期から耳鳴りがするようになった(特定の部屋に入ると強くなるなど)
  • 不眠症に悩まされている
  • 息苦しくなり窒息感が続く
  • 体がよく疲れるようになった
  • 頭痛や後頭部が重い
  • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
  • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
  • 集中力の欠如で考えがまとまらない
  • 明らかに頭部や身体に放射されたり打たれている感覚がある

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になると神経が高ぶった状態で生活を送らなければならないと言われています。体の不調が精神的なストレスからきているのか電磁波による身体の不調なのかはっきりさせるために、電磁波を正確に測定する必要があります。

電磁波は日常生活でどのくらい気にしたらいい?

基本は意識しすぎないこと

日常の電磁波にきちんと対策していれば、必要以上に怖がる必要はありません。将来癌になるリスクがあるといわれていますが、因果関係がはっきりしていない以上、今まで差しっぱなしにしていたコンセントを使う時以外すべて抜くなど簡単なことから対策してみてください。

あとは、「アーシング」を意識して体内に電磁波を溜めないようにすること、アーシングのため、自然に触れることを心がけ、朝の散歩や、林の中を歩いたり、川に行って足をつけたりしていると、体の痺れがフッとやわらぐのがわかります。スマートフォンやパソコンも意味なくダラダラと使わず、調べものをする以外使わないようにして、日常の中で意識して電磁波から遠ざかることが必要です。

原因不明では終わらせない

体調不良や電磁波過敏症の諸症状が違法な照射によるものとわかれば、さらに踏み込んで誰が電磁波を違法照射していたのかを突き止めます。異常照射された電磁波の検出量と嫌がらせをしていた集団ストーカーを特定できれば、彼らの迷惑行為を立証できます。私ども「対策専門窓口」の調査員は電磁波測定士(一般社団法人日本電磁波協会認定)の資格を保有しています。

ご依頼をいただければ、違法な電磁波が照射されているのかどうかを調べに参ります。ご連絡をくだされば調査方法や調査プロセスなどをご説明するので、お気軽にお問い合わせください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

電磁波調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

探偵各社が提示している電磁波の測定料金を見るときに必ず確認していただきたい項目をご説明します。探偵社によっては「1時間いくら」で電磁波測定を請け負うところもありますが、気をつけなければならないのが、「予約した時間内に何も起こらない」ケースです。

何も起きなくても、利用者は1時間あたり「いくら」という料金を支払わなければならないので、電磁波攻撃の有無を調べるには改めて予約を入れる必要があります。何度も調査をし、そのたびに「何も起こらない」の繰り返しでは調査料金が膨れ上がるばかりです。探偵をご利用される方は早期発見、早期解決をお望みでしょうから、そのような事態は避けなくてはなりません。

集団ストーカーが「いつ」電磁波攻撃を仕掛けてくるかは調べてみないとわからないので、私ども「ストーカー・嫌がらせ専門窓口」では、朝から深夜まで現場(室内および屋外)に張りつき、電磁波の発生量を測定します。その際、料金の変動はありません。電磁波攻撃の有無を確認できるまで、電磁波測定士の資格を持った調査員が徹底的に測定調査をいたします。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かかることはありません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1お問合せご相談

    まずは面談のご予約をお取りください。年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフと面談していただきます。ご相談に関連する資料やメモなどの記録をお持ちでしたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務があります。お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありません。安心してご相談ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    ご相談の結果、アドバイスのみではなく、調査のご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて「委任契約書」を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、ご依頼者と受任者が同一内容の書類を1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    調査の後、訴訟をお考えの場合は裁判にも有効な報告書をご提供いたします。相手の顔がはっきりと映っているなど、訴訟の証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートにも配慮し、精神的被害を受けた心のケアが必要なケースではカウンセラーを紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop