探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 謎の痛みの正体は音を使った嫌がらせ!?|音声送信被害
公開日: 2020/09/01 最終更新日: 2020/09/02
探偵ニュース
 公開日: 2020/09/01 最終更新日: 2020/09/02

謎の痛みの正体は音を使った嫌がらせ!?|音声送信被害

音による健康被害の苦情は全国で発生しています。健康被害は聴覚に関わるものから体に痛みを伴うものまで多岐にわたります。中には音を使った嫌がらせ目的で攻撃を行う者も存在し、音声送信を行ってターゲットを幻聴に仕向けるといった被害報告が寄せられています。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口はこうした嫌がらせ行為に対する解決・対策案を提供しております。

音声送信被害調査相談窓口

音声送信のメカニズム

パラメトリックスピーカーを悪用する

パラメトリック・スピーカーとは、超音波を使うことで鋭い指向性を持たせることができる音響技術のことです。特定の狭い範囲にいる人にピンポイントで音を流すことができます。

一般的には特定の狭い範囲にいる人にピンポイントで音を流すことができるため、アミューズメント施設などに利用されています。 日本では京都の「清水寺」入口の入場案内に使用されて広く認知されています。しかし、特定の人にだけピンポイントに音を流せるということは、ターゲットに嫌がらせをする目的で幻聴に見せかけ精神的に追い詰める、といった悪用するための目的でも使用できてしまうのです。

集団ストーカーによる嫌がらせでも使われる

特定の人間だけを追い詰める目的で使用されることもあるパラメトリックスピーカーは、集団ストーカーの嫌がらせ行為の常とう手段ともいわれています。被害者の中には「道行く人やすれ違った人間から悪口を言われる」「家の中にいるときに声が聞こえる」といった被害報告が寄せられています。こうした事例は集団ストーカーがパラメトリックスピーカーを悪用し、ターゲットにだけ聞こえる音を周期的、あるいは常時流していることによって遭われている被害と言われています。

音声送信被害体験談から学ぼう

体験談から学べること

自らが成功・失敗したことからは、学び成長し、また多くのことを経験することが大切といわれるのは理解できるはずです。そして、究極の理想形は、「他人の経験からも学ぶ」ことです。一人の人間が人生を通じて経験できることにも限界があり、同じような悩みで解決した事例、失敗した事例をどんどん吸収し、それを自分の状況に置き換えて問題解決に向けて行動することが理想でしょう。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、過去に経験した事例や体験談などの情報を発信しております。同じようなお悩みを抱えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

『耳鳴りと痛みと音声送信と』【30代男性体験談】

過去の被害事例を参考に解決のヒントを得る

過去の事例を知ることは、それだけ今遭われている被害をどのように解決するのか考える事柄が減り効率的に相談・依頼ができ、解決につなげるスピードアップにつながります。

男性
ご依頼者様: 35歳 男性 会社員
ご依頼内容: 音声送信調査
ご依頼理由:

集団ストーカーの被害が一段落した途端に、耳鳴りがひどくなりました。しかも、耳の中ではなく、耳の外から耳鳴りみたいな音がしてきました。 たまに、耳にあるツボの場所ばかりに『チクッ』という針で刺したような痛みがあります。

耳鼻科に行っても、異常がないと診断されました。 Twitterなどで同じ被害を持っている被害者さんに聞いたところ、『音声送信』を試しているんじゃないか?と言われました。 音声送信をする為に耳に電磁波を照射しているのでしょうか?

調査レポート:

音声送信の被害ときっかけは様々あり、例えば『音声送信の被害の前に突然の耳鳴りの被害が起きた』という事例や『耳鳴りなしに突然音声送信が始まった』などという事例があり、原因やメカニズムも含めて様々な角度からの研究が進められています。 今回ご依頼者が訴えるケースでは、電磁波が関係している被害が見られる為、総合的な電磁波測定調査を執り行いました。ご自宅内とご自宅周辺の測定調査を行った結果、意図的な照射行為と見られる測定数値は検出されなかったものの、ご自宅周辺に鉄塔が連なっている箇所が見受けられた為、環境として高出力の電磁波が飛び交うエリアであることは間違いないという結論に至りました。

耳鳴りがする時は、夜から明け方という場合から24時間の場合もあるという事で、なるべく普段は外出するようにおすすめしました。電磁波の強いエリアから外れた河川や海に近いところまで行くと和らぐ可能性がある為、様々な場所、かつ電磁波が弱い自然環境に足を運ぶ事が必要となります。

さらに、在宅中には耳栓とイヤーマフを付けてもらい、その際にも耳鳴りがするかどうかを確かめてもらう事にしました。後日、イヤーマフを付けて過ごした結果を伺ったところ、『イヤーマフや耳栓を付けている時は、耳鳴りがしなくなった。ただ、「ビシ」とイヤーマフの中に入り込もうとするような音がした』との事。ご依頼者が転勤に伴う引っ越しをするとの事なので、もし引っ越し先でそのような耳鳴りがしなければ、今の土地の環境に原因があると見てほぼ間違いはないでしょう。

引っ越し先での電磁波測定調査を行った上で、調査後の結果次第では、耳鳴りの被害が緩和されるかどうか。今後も、様子を見つつ適宜対策を講じるという事としました。引っ越しによって被害が少なくなった事例も多い為、鉄塔や送電線、ソーラーパネルなどの高出力の電磁波照射物がない、或いは少ないエリアであれば、期待できるかもしれません。

音声送信被害調査で失敗しない5つのポイント

探偵事務所を選ぶ際に重要なこと

探偵との契約は「本当にここに頼んでも大丈夫なのか?」「解決しなかったらどうしよう」という不安を持ったまま依頼される方がいます。過去に探偵が引き起こした悪徳な運営方針によって起きたトラブルがありました。そうならないためにも、下記の5つのポイントを参考にして、依頼される探偵事務所の指標にしてみると良いでしょう。

早めに相談しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、音声送信被害調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、音声送信被害調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

音声送信被害調査依頼方法

無料出張相談・オンライン相談実施中!

お住まいの場所から相談ルームまでの電車移動が不安、コロナウイルスで面談に不安を感じる方のために、ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では出張相談・オンライン相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop