ホーム > 探偵ニュース > 下着泥棒を逮捕するには?刑事事件としての刑罰も紹介
公開日: 2024/04/18
探偵ニュース
 公開日: 2024/04/18

下着泥棒を逮捕するには?刑事事件としての刑罰も紹介

屋外や屋内のいずれでも、干しておいた下着が突如として無くなっていることがあります。

明らかに下着を置いていた場所を覚えていたのに無くなった場合、盗まれた可能性が高いです。

屋外に干しているならともかくとして、室内に干した場合の犯人は誰なのか気になるところでしょう。

もしかしたら、知っている人間が犯人なのかもしれません。

この記事では、下着泥棒をする心理や当探偵事務所が扱った事件の事例・刑罰・対処法を解説していきます。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2024年4月18日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

下着泥棒被害サポートの体験レポート

女性
ご依頼者様: 30代/女性
ご依頼内容: 下着泥棒特定調査
ご依頼理由:

気のせいかもしれないのですが、自宅の下着がなくなっていました。お気に入りなので捨てるわけがなく、ずっともやもやしています。

現在、交際相手もいないので家に入れている男性はいないのですが、過去交際していた男性くらいしか思い当たりません。

鍵を変えてしまえばよいのでしょうが、特定しないとずっと不安を抱えたまま生活するのも嫌なのでなんとか特定してください。

調査レポート:

今回のケースは、室内に干している下着がなくなっていることから「合鍵」を持っていることが想像つきます。

しかし、確信がないことといつくるかわからない犯人に対してどのように特定するかになります。

ご依頼者の希望は、「犯人特定」なので絶対にバレない仕掛けを用意しなければなりません。

他にも、ご依頼者の行動パターンを把握している可能性もあるので「ストーカー」行為がないか、盗聴盗撮は行なわれていないかしっかり確認してから仕掛けを用意します。

盗聴盗撮は仕掛けていなかったのですが、案の定、無断で合鍵を作った人物が現れ証拠を警察に提出することができました。

元カレではなく、意外な犯人でしたが顔はわかっている人なので身元を特定することもなく調査終了となりました。

下着泥棒の心理とは?

下着泥棒の心理

どうしても下着を盗みたい理由

下着泥棒は大概男性であり、下着収集の気質がある方がなりやすいでしょう。

彼らはただ下着が欲しいのではなく、女性が履いた形跡のある下着に所有する意味を持っています…。

彼らは決して、女性に危害を加えるとか何かをしようとは思っていません。

女性が、しかもできれば自分の好みのタイプの女性が履いている下着がいいのです。

そのため、近所で好みの女性がいたら自宅を突きとめて下着を干す場所をチェックし、ベランダなら気軽に塀を飛び越えてお目当ての物を取っていくわけです。

「色情狂い」と呼ばれる下着泥棒は、年間の犯罪でも少なくありません。

特に知人と同棲している女性がタイプであれば、家に訪れた際に下着を盗む者もいるでしょう。

触ったこともない女性の現物の下着を手に入れて性的に興奮する人と、あわよくば女性の下着を女性本人と置き換える心理で盗む行為にスリルを味わう人がいます。

下着泥棒をした場合の刑罰

塀を超えただけでOUT!

下着1枚を盗んだ代償とは

他人宅のベランダなどから下着を1枚盗んだだけで、窃盗罪・住居侵入罪・強盗罪の刑罰に問われることになります。

窃盗罪は他人が管理している財産物を自己所有する目的によって奪う行為が対象で、下着泥棒もあてはまります。

窃盗罪の場合、10年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

仮に下着を盗み損ねた場合でも窃盗未遂罪扱いに問うこともでき、有罪となれば刑罰を科されます。

また、下着を盗むために他人の住居に侵入したら住居侵入罪の対象です。

仮に泥棒で住居に侵入したわけでないとはぐらかしても、他人の住居に侵入した時点で立派な犯罪になります。

他に、相手が自宅にいる最中にベランダなどで相手が下着を奪い返してもそれをひったくったなど無理強いして下着を盗んでいった場合、強盗罪に問われることとなります。

たかが下着1枚でも逮捕されたら留置施設に身柄を拘束され、取り調べの後に検察へ送致される運びとなります。

下着泥棒被害の具体例

下着泥棒はダメ

なくなるわけがない場所で下着がない!

最も盗まれやすいのは、ベランダや庭などで下着を室外干ししている場合です。

ただし、なかには室内に干したのに下着がないということすらもあります。

たとえば、脱衣室などで干したまま数日自宅を空けた後に帰ってくると、下着だけがなくなっていたことも。

これは何者かが意図的に盗んでいった可能性が考えられます。

たとえば、知り合いや元カレなど一度でも自宅に招いたことがある人物全てに疑いがあるでしょう。

合鍵を勝手に作る、もしくは一時的に鍵を盗んで合鍵を作って返すことで犯行も可能です。

完全に犯罪ですので、対策としては防犯カメラを設置してチェックしたり、侵入したことをお知らせする罠を仕掛けることになります。

下着泥棒被害例

  • タンスの中の下着の数が減っている
  • ベランダの軒先に干してある下着を何度も盗られた
  • 近所宅の干してある洗濯物を物色している男を何度か見かけた
  • 家を空けている間、室内で下着を干していたが下着だけなくなっていた
  • ベランダに干してある家族の下着の中でなぜか自分の下着が盗まれており着用下着を犯人が選り好みした形跡がある

下着泥棒被害に対処法はあるのか?

下着泥棒をされた場合、証拠があればさまざまな犯罪で訴えることは可能です。

しかし、下着泥棒の相手を特定することは簡単ではありません。

大概、知らない間に下着を盗まれているからです。

その場合、調査が必要になってきますので私どものような専門家にご相談ください。

法的に解決することは可能ですが、犯人特定と証拠が重要になりますのでひとりで悩まないでまずは専門家に相談してみましょう。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談