探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 音声送信被害相談┃被害体験談┃解決方法
公開日: 2019/09/16 最終更新日: 2019/08/24
探偵ニュース
 公開日: 2019/09/16 最終更新日: 2019/08/24

音声送信被害相談┃被害体験談┃解決方法

テクノロジー犯罪の一つである音声送信の調査についてご案内いたします。テクノロジー犯罪はターゲットのみを攻撃し、いくら被害を訴えても証明が難しいため、解決ができず被害を受け続けてしまう方が多数いらっしゃいます。さらに、テクノロジー犯罪は起訴に至るまでの事例が少ないことから、テクノロジー犯罪の認知度は低く、警察に相談しても取り合ってくれない場合がほとんどです。そのため問題解決には被害の実態を明らかにし、情報収集をすることが大切です。

音声送信の被害事例と解決方法のご案内

音声送信調査とは何か

音声送信という特殊音波技術

音声送信の始まりは「ピー」などかすかに聞こえる音が遠くのほうから聞こえてきたという被害者の声が多数ありました。耳の外からピーという信号が聞こえてから音が聞こえる事例も後を絶ちません。一般的には害獣駆除や野鳥の駆逐などで使われていますが、こうした音域は必ずしも人間に無害とは限りません。超音波そのものが人体に悪影響を与えることは証明されています。したがって一般に流通している特殊音波技術は、人体攻撃に応用することが可能なのです。

独自の特殊音波測定を使用した調査

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、特殊機材を用いた音声送信を専門とする調査を行っております。発生源の特定や加害者の特定など、被害の実態を明るみに出すために、様々な調査プランをご用意しております。また、加害者に対して法的措置をとる場合などの法的機関への相談方法など、アフターケアも完備しております。

音声送信被害体験談

音声送信を解決するには

事例1:音声送信は精神崩壊させる

音声送信機を取り外すことは難しいと言います。なぜなら常に音声送信が行われているわけではないからです。あくまで私の体験ですが、音声送信はそこまで多くは行われていませんでした。はっきりと「音声送信だ」と確信したものは、「従え、従え、従え」と三回、とてもはっきりと聞こえたものでした。

あとは、朝起きる頃に妙にはっきりと、からかうような蔑むような笑い声が耳元で聞こえることでした。それと、外の私について噂して行く声が妙にはっきりと聞こえることでした。しかしそれは長年電磁波を異常に浴び続けたことにより、統合失調症の症状になってしまい、人の声が大きく聞こえるようになっていただけかもしれません。

統合失調症の症状の中に、「人の声や音が大きく聞こえる」と言う症状がありますが、私の症状は「人の声や音が大きく聞こえる」「同じ考えが頭の中をぐるぐると巡り頭の中がごちゃごちゃになってしまう」と言うものでした。こういった精神病のような症状も電磁波によって作られてしまうのですから恐ろしいものです。

「従え、従え、従え」と聞こえた時、集団ストーカーの私についての噂話では、「私がなんらかの罪を犯し、刑務所に入ることになる」と言うことを仄めかされている時でしたので、例えはっきりと音声送信が行われたのが「従え、従え、従え」の三回だけだったにしてもものすごい恐怖がありました。

それと、「笑い声が大きな声で耳元で聞こえる」と言うものは、統合失調症のような症状から来るものか、音声送信かはっきりしませんが、やはり毎日となるととんでもない苦痛でした。自分についての噂話も、本当に内容まではっきりと大きな声で聞こえますし、家の真ん前で、注意しても聞かずしゃべり続けられるので、もうノイローゼに近い状態になってしまいました。

音声送信が毎日のように行われている被害者の方は、一日も早く音声送信機を取り外すように専門機関の方に依頼された方が良いと思います。 集団ストーカーは放っておいてもいつかはなくなるものらしいですが、私が精神病院に入院しなくてはならなくなったように、何かしら被害者が不幸になるまで嫌がらせは続きますので、一日も早く専門機関に依頼した方が良いと思います。

解決法なのですが、私「探偵などの専門機関に依頼する」か、もしよっぽど精神的、肉体的にタフなら「集団ストーカーが終わるまで我慢する」しか私には思い浮かびません。このようなつきまといや、電磁波による犯罪は近頃ネットで話題になることが多く、知識として知っている方も多くなったかと思いますが、もしこの犯罪に巻き込まれてしまったら、信用できそうな探偵事務所などを根気よく探し、音声送信機が取り付けられてしまっているなら取り外してもらいましょう。

音声送信機は精神状態をおかしくさせる大変な攻撃です。一日も早く専門機関に依頼し、取り外し、集団ストーカー自体も解決してもらいましょう。

専門家のアドバイス

相談者の状況を見ると、「音声送信」の可能性があります。音声送信は電話配信、ICレコーダーなどを利用して故意に「特定の人」しか聞こえない音を聞かず手法があるのです。

自宅でも、その声が聞こえるとなると、誰かが依頼人にしか聞こえないように音を出す「ピンポイント・スピーカーとマイク」を使ってる可能性があります。被害の事例をみても「音声送信の声はデタラメ」なので、聞き流すようにしてください。聞こえたらラジオや音楽を聴いてその声から逸らすようにしてください。

自室に電磁波の数値を測ってみるのもいいでしょう。ご自身の「病気が原因なのか」「加害行為による被害なのか」一度、本格的に調べてみて、はっきりさせることで本当の解決方法を知ることができます。

音声送信は突然消えることもある

加害者側の都合による

被害者を付け回して情報が得られないと判断された場合、突然 音声送信や集団ストーカーが消えた事例があります。人件費や機材費の高騰だったり、加害者側が想像した以上に自分たちの情報を周知されたことなどが理由です。要因は様々ですが、被害者から得るものはないことがはっきりしたら突然のように消えていくそうです。

  • 組織が機能しなくなった
  • 首謀者が死亡
  • 集団ストーカーならびに音声送信をやる理由がなくなった
  • 過去のデータと被害者の今の状態が好転したため、嫌がらせの効果が激減した

加害者の都合で消えることは間違いないそうです。音声送信機は精神状態をおかしくさせる大変厄介な攻撃です。一日も早く専門機関に依頼し、集団ストーカー自体も解決してもらいましょう。

専門家に相談することから始めよう

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

音声送信調査料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

音声送信に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop