探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > どこにいても聞こえる音声送信の恐怖
公開日: 2019/12/26 最終更新日: 2019/12/23
探偵ニュース
 公開日: 2019/12/26 最終更新日: 2019/12/23

どこにいても聞こえる音声送信の恐怖

自分しか聞こえない音声は故意に行われている可能性があり、「まさか!自分が」という被害者もいると思われます。音声による被害の度合いは個人差がありますが、影響をうけている音声の原因を知り、それに対し被害を証明することが重要です。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、音声把握調査に特化しており解決事例も豊富で、依頼人それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案することで、音声送信の解決までスムーズに進めることを目指しております。どんな質問にも的確にお答えしますのでお問合せください。

音声送信被害対策相談窓口

音声を聞かせる目的

音声送信被害とは

音声送信を聞かせる大きな目的を最初に挙げると、「精神科に入院させる」「おかしくなった」と思わせることです。音声送信=統合失調症の幻聴と世間では捉えられてしまい、症状が酷いと家族の申請と特定保険医の診断と都道府県知事のサインがれば、精神科に措置入院ができるのです。しかし、むりやり第三者が精神科に入院させようとしても、特定医がいる病院と診断書などの書類が必要なため、ただ、音声送信を送信し続けても加害側の目的は達成されません。

  • 不審者として噂を拡散する
  • 地域から追い出す
  • 事件性のあるトラブルを起こさせる
音声送信の恐ろしさ

電柱、周辺の垣根にスピーカーを忍ばせておけば特別な装置を使ってあたかも、そこに人が井戸端会議してるかのような演出を生み出すことができます。被害者のことについて話してるわけではないことも、ピンポイントスピーカーで、被害者が思ってる「キーワード」を流せば、被害者の家に盗聴器が仕掛けてあるかもしれないと不安起こせる。

そして、盗聴器発見調査を依頼するが、結果、盗聴器は仕掛けられていない。でも、近所の人は、被害者しか知らない「キーワード」を知ってるのはなぜだろう?家族の誰かが近所の人に喋ったのかなど、どんどん憶測が憶測を呼んで、被害者の生活の全ては近所に知れ渡ってると思わせることができるのです。

音声送信は目に見えないので、音声送信の影響があると第三者に訴えても「被害妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないことが多いでしょう。今起きている声送信被害は「自分の精神的な問題なのか」「人為的に行われているのか」はっきりさせる必要があります。被害を訴えるだけでは解決しません!被害内容を専門に扱う探偵に必ずご相談ください。

ほっといた場合どうなる?

「決して音声送信と会話してはいけない」

被害者が共有するコミュニティを見てるみると、「音声送信に決して会話してはいけない」とされています。その理由は、音声送信と会話すると洗脳されやすくなり、どんどん深みにはまるというのです。音声送信の人たちが体験した事例をみると、

  • 不審な行動をとって警察に保護された
  • 急に自殺したくなった
  • いつのまにか大声で叫んでいた
  • 自分の異常行動に全く反応できない
  • 「ブレインジャック」された

「常に音声が聞えてくる」「居場所を変えても収まらない」と言うようなものが多く、常にしゃべり続けられるので、もうノイローゼに近い状態になってしまう方が多く見受けられます。故意におこなっている可能性がある場合は、下記対策と併用して専門家にご相談ください。

音声送信対策事例
  • 自宅周辺に不審な人物があらわれていないかチェック
  • 音声の内容が「事実」か「嘘」で盗聴やつきまといの可能性をチェック
  • 音声が聞える時間帯や方向など記録し集音機材で録音してみる
  • 常にICレコーダーを忍ばせチャンスがきたら録音する。

解決方法について

音声送信を無視する

音声送信が言ってる言葉は全てデタラメ。トラウマをもとに喋ってるとは思いますが、仕事での評価・給料が上がった・時給が上がったという事実があれば、音声送信の言ってる「仕事をやめろ」「迷惑だ」は嘘になります。音声送信を使って、職場や友人の声を使ってもLINEやSkypeなどのやり取りをみれば、音声送信が喋っていることは嘘だと見抜けるはずです。

脳に電磁波を照射して内耳から鼓膜へ音を発信する技術が使われているという音声送信。しかも高い周波数で(高周波電磁波)照射されますが、水に潜ると聞こえなかったり、汗を流すことで、体に帯電してる電気を放電するで改善できる事例もあります。「その時」だけかもしれませんが、「やったほうがまし」という考えです。根本的な解決を望むなら専門家の力を借りて調査する必要があります。

解決手段をどう選択するか

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。なんらかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

嫌がらせ専門対策室とは

音声送信調査依頼は必ず専門家に!

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。音声送信は、浮気調査とは違い音声送信対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった音声送信対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

音声送信被害に関する相談窓口

音声送信対策をお考えの方へ

音声送信では、直接被害者に音声を送信することで、「被害者にだけ聞こえる声」を作り出せます。被害者に、事実と嘘の両方を盛り込み、思考を変えさせようとしたり、声を送信されることで集中できなくなったり、不信感を抱くことになり人間関係をこじらせたり、事故やトラブルに発展する可能性もあり、非常に危険なことです。

音量も大きくしたり小さくしたり、はっきり聞こえるようにしたりごにょごにょとしか聞こえなくしたり、笑い声や、自身に関する噂話ももしかすると音声送信かもしれません。音声送信行為は人によって、様々な手法を使い、被害が人によって変わってくるもので、色々と事例があります。

音声送信機も必ず取り外せるものです。専門家に頼みきちんと取り外してもらいましょう。 嫌がらせ、つきまとい、電磁波攻撃、音声送信など悪質な嫌がらせは絶対にあってはならないことです。

まず、現状について相談することから始めましょう。

音声送信対策被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop