探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/05/24 最終更新日: 2019/05/15
探偵ニュース
 公開日: 2019/05/24 最終更新日: 2019/05/15

自分だけが聞こえる騒音被害(音声送信)

テクノロジー犯罪の一つである騒音被害の調査についてご案内いたします。テクノロジー犯罪はターゲットのみを攻撃し、いくら被害を訴えても証明が難しいため、解決ができず被害を受け続けてしまう方が多数いらっしゃいます。さらに、テクノロジー犯罪は起訴に至るまでの事例が少ないことから、テクノロジー犯罪の認知度は低く、警察に相談しても取り合ってくれない場合がほとんどです。そのため問題解決には被害の実態を明らかにし、情報収集をすることが大切です。

騒音被害の相談事例とご案内

騒音被害(音声送信)調査とは何か

音波を人体攻撃に応用した技術

音波には様々な音域が存在し、人間はすべての音域を聞くことはできません。可聴粋と呼ばれており、人間に聴こえる音域は限られています。人間に聞こえない音は超音波と呼ばれているのが一般的です。音声送信は超音波の音域を操作することで、様々な効果を発揮する技術です。一般的には害獣駆除や野鳥の駆逐などで使われていますが、こうした音域は必ずしも人間に無害とは限りません。超音波そのものが人体に悪影響を与えることは証明されています。したがって一般に流通している特殊音波技術は、人体攻撃に応用することが可能なのです。

独自の特殊音波測定を使用した調査

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、超音波を用いた音声送信を専門とする調査を行っております。発生源の特定や加害者の特定など、被害の実態を明るみに出すために、様々な調査プランをご用意しております。また、加害者に対して法的措置をとる場合などの法的機関への相談方法など、アフターケアも完備しております。

騒音被害(音声送信)の相談事例

実際の被害に遭われた方の相談事例

事例1:自分にしか聞こえない悪口

家族と部屋で団欒してると「あいつ?」「そう!」「死ねや」「なんでこいつに家族なんかいるの?」など外から大きな声で話してる人がいるもんだと思っていましたが、職場で「あいつ!うざいよ!」とか仲の良い同僚とすれ違った際に「お前!クビ」とか聞こえてきました。

同僚にそんな権限はないし。自分の悪い噂が流れているのかと思い、総務部の同期に聞いたところ「そんな話は聞いたことがない。別の社員のことなのでは?」との返答でした。ボーナスもそれなりに出たし、仕事も順調。誰かに疎まれるようなミスはしてないはずと言い聞かせてました。

ですが、取引との電話で商談してたら明らかに第三者の声で「死ね」とか聞こえました。また、営業車に乗ってると真後ろから「調子こいてるじゃねーぞ!仕事やめろや!」と怒鳴り声が聞こえました。その時は僕1人で、ほかに誰もいません。この現象は一体、何でしょうか?幻聴なのでしょうか?

専門家のアドバイス

相談者の状況を見ると、「音声送信」の可能性があります。音声送信は電話配信、テレビ配線などを経由して故意に「特定の人」しか聞こえない音を聞かず手法があるのです。

職場でも、その声が聞こえるとなると、誰かが依頼人にしか聞こえない周波数を合わせて音を出す「パラメトリック・スピーカーとマイク」を使ってる可能性があります。営業車で移動の際、安全を確認してから耳に耳栓を入れて過ごしてみてください。

何も聞こえなかったら「パラメトリック・スピーカー」での音響被害となります。もし、耳栓でも音が聞こえた場合、電磁波を悪用した音声送信被害です。依頼主様がこの被害に遭う前に耳鳴りがすることがありませんでしたか。耳鳴りと音声送信は関係があるらしく耳鳴りが止んだと思ったら「家電から声がした」という事例が報告されています。

被害の事例をみても「音声送信の声はデタラメ」なので、聞き流すようにしてください。聞こえたらラジオや音楽を聴いてその声から逸らすようにしてください。自室に電磁波の数値を測ってみるのもいいでしょう。高周波 低周波 マイクロ波など悪用して音を出していると言われており、NPO団体で音声送信を研究してる技術者の話によると「450KHZの周波数が音声送信に使われてる可能性がある」とのこと。一度、本格的に調べてみて、明らかに異常電波であれば警察に相談して「電波法の違法」として調査してもらえる可能性があるかもしれません。

事例2:アパートの周辺からの罵声

「おい!でてけよ!」「みんな!迷惑してるんだよ」「あいつ?今寝てるからトラックでここまで走らせてよ」など、ベランダや窓を開けてリビングでゆっくりしてる度に、このような声が聞こえて参っています。家族に相談しても「被害妄想」とか「名指しで聞こえたの?聞こえないなら違うよ」となかなか相談に乗ってくれません。

いつも主人がいない時間帯に聞こえてきます。最近は、半グレぽい集団が「出てけ!」「いつまでここにいるんだよ!」とパトカーのサイレンとともに聞こえてきて怖いです。本当にアパートの周囲の人が私に対してアパートから追い出そうとしてるのでしようか。管理会社に電話しても「そのような苦情は聞いてない」という返答でした。

別のアパートの住人に対してのクレームなのかすごく不安です。警察に相談しても「事件性がない」ということで何もしてくれません。何かアドバイスをお願いします。

専門家のアドバイス

被害者を加害しやすい場所に引っ越しさせる「追い出し」という可能性があります。若い子や半グレ、自治会のおじさんがやたらと大きい声で被害者宅周辺で大声だしたり、バイクを暴走させたり、自転車の暴走行為や車のあおり運転行為などを行い、被害者を住んでる地域から引っ越しさせる嫌がらせの可能性があります。

ただ、声が聞こえる方向に人がいない場合、「パラメトリック・スピーカー」で被害者しか聞こえないように細工してる疑いもあります。心配であればアパートの周辺の人に罵声が聞こえてるかどうか、身辺調査をすることもおすすめします。

調査して、周囲の人から罵声が聞こえて困ってるという声があれば、騒音被害として警察に相談できますし、迷惑行為防止条例の違反で立証できます。半グレが罵声を飛ばしてるようであれば半グレの組織の特定して、問題を解決するのも手です。依頼主様に回覧板を回さない、郵便物の遅延があるかどうか確認して、罵声以外の被害があるのか把握して様子を見ましょう。

対策専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、嫌がらせの本質という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

騒音被害(音声送信)対策の調査料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

騒音被害(音声送信)対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop