探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 「相手(犯人)が分からない」嫌がらせは現状調査で解決できる
公開日: 2018/12/01 最終更新日: 2019/04/23
探偵ニュース
 公開日: 2018/12/01 最終更新日: 2019/04/23

「相手(犯人)が分からない」嫌がらせは現状調査で解決できる

様々な「嫌がらせの恐怖」が原因で、人と接することが不安でつらくなってしまい、日常生活や社会での活動に支障をきたしてしまうことがあります。なぜなら「相手が分からない」加害者(犯人)はありとあらゆる手段を使って嫌がらせをしてくるが、こちらは加害者(犯人)がわからない状況で「常に不安がつきまとう」状況は計り知れない恐怖であるのです。

加害者に心当たりが全くない方へ

加害者の特定は専門家まで

難しい事件を歓迎します

嫌がらせ対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。

加害者の特定には、「サーモグラフィー」「電波測定器」「赤外線カメラ」「周波数カウンター」など対策に必要な機材や専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

他社で断られた相談、解決できなかった加害者(犯人)特定を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。

現状調査について

全ては現状を把握することから

現状調査とは、主に犯人が特定できていない、おおよそは検討ついているが証拠がないなど、嫌がらせ被害に遭われている方の犯人を特定する調査になります。被害に遭われている方に対して調査員が尾行を行い、監視行為、不審人物、付きまとい、仄めかし等を行う人物を証拠として画像や動画に残して被害を立証するために行う調査です。

また自宅周辺や勤務先周辺に張り込みを行い不審人物等がいないかなど徹底的に調査を行います。また、ご自身で嫌がらせを行っている人物を特定している場合でも現状調査は有効的で、特定されている人物の尾行を行い本人に対して付きまとい、仄めかし等を行っている証拠を集める事が出来ます。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

泣き寝入りする前に

特定に必要な探偵選び

以前までは、泣き寝入りで終わっていた嫌がらせも、時代とともに解決へつながるまで対処できるようになりました。それは、法律の改正や機材の進歩・調査のスキルが上がってる背景があるからです。

最近では調査会社を紹介するサイトや比較サイトも作られ、簡単に見積もりを依頼することが可能ですが、まずは、調査会社(探偵事務所)に「解決事例」「調査手法」を確認して、嫌がらせを解決させる方法に適してる調査会社を探してみてください。

その次に、「調査費用」となります。見積もりを複数取るだけで、同じ調査内容でもコスパが高いプランが見つかり、地道に探すより時間も短縮され、いち早く調査の依頼ができることでしょう。

そのために、嫌がらせ行為がどんな状況で行われ、どのような被害に遭っているかなど、自分なりにわかる範囲で状況をまとめて、どんな対処が必要なのかノートにまとめてみましょう。

そのノートが調査会社をスピーディに探せて、リーズナブルな費用で実施してくれる資料となるので、心に余裕があれば資料作りから始めてみましょう。

専門家の選び方(必見)

  • 解決できない手法を繰り返さない
  • 解決に自信がない会社に依頼しない
  • 解決に必要な機材は揃っているか

まず、「手法」については独自の手法があり、公開していない探偵社もあるので直接聞くことをおすすめします。その際に、「自身がない」「同じ調査の繰り返し」「不安がある」と感じた場合は他の探偵にも話を聞いてみてください。依頼して解決できなかった場合も同じで、何かが足りない状況で依頼しても解決まで遠回りする可能性が高くおすすめいたしません。

現状調査に関連するQ&A

Q

加害者の特定方法

A

加害者の特定を成功させるには「サーモグラフィー」を活用することです。特に、「集合住宅」の場合、上下左右に部屋がありどこに犯人が潜んでいるかなど特定することが必要になります。探偵が行う「尾行・張込」などの調査が通用しない場合に効果的であると判断しています。

Q

ガスライティングの解決方法

A

ガスライティングを成功させるには「被害者に意識させる」ことで、無視する行為も意識していることになり相手の罠にはまってしまいます。解決方法としては「逆ガスライティング」が効果的でしょう。この、「逆ガスライティング」は犯人及び実行役など特定することが必要ですが、探偵が行う「尾行・張込・聞込み」などの調査より効果的であると判断しています。

Q

警察に被害届を出したい

A

物理的な証拠を突きつけましょう繰り返し行われている証明として、映像や音声など、物理的にガスライティングを証明できる証拠を入手し加害者に突きつければ、嫌がらせを止めるように忠告したり、警察に被害届を出すことができます。被害届が出て初めて認知されることが多いため、捜査を開始して欲しい場合は、被害届を出す必要があります。

現状調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

ストーカー・嫌がらせ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop