探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 悪口による嫌がらせ│エスカレートする前にすぐ相談!
公開日: 2018/11/08 最終更新日: 2021/10/21
探偵ニュース
 公開日: 2018/11/08 最終更新日: 2021/10/21

悪口による嫌がらせ│エスカレートする前にすぐ相談!

誹謗中傷などの迷惑行為、掲示板やSNSによる悪口、プライバシー侵害、侮辱行為などの、「対処法」についてご説明します。

2021/10/6更新  嫌がらせ調査の記事作成者について

嫌がらせ探偵調査を10年以上の経験者の指導のもと、嫌がらせ相談専門スタッフが書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になります。

目次│悪口による嫌がらせ相談窓口

悪口による嫌がらせについて

悪口の種類

悪口とは、人のことを悪く言うことです。根も葉もない噂を広めたり相手の嫌がることを言ったりして、わざと困らせることが悪口による嫌がらせとなります。相手の信用を損じる可能性もあり名誉棄損罪としての対象として告訴されることもあります。

最近ではSNSによって知らない相手のことをよく知る現象が出てくるため、発言者にたいして悪口を言ったり非難する者たちを通称「アンチ」と言うようになりました。

悪口の種類がどのようなものか見ていきましょう。

悪口の種類
  • 嫉妬・コンプレックスの裏返し
  • ストレス発散
  • 怒り・恐怖心・憎悪
  • 嘘を拡散し相手を陥れる
  • 些細な話を大げさにして相手を陥れる
  • いじめのターゲットとして言うことなすこと相手をけなす
加害側の悪口を言うきっかけ

誰でも、悪口を言われるのは嫌な気のするものです。しかし、実は悪口の正体が『ただの暇つぶし』だったり、『劣等感の裏返し』であることがわかれば、気にせずスルーすることもできるようになります。

『怒り』とか、『憎悪』『誤解』といったマイナスの感情が渦巻くときは、必ず良からぬことが起こるもので、早期に解決することが必要となってきます。

SNS上では主観の違いなどで、発言者の気持ちを変えたいと思ったり内容が違うなどがきっかけで相手に不信感を持つことで次第に憎悪や不快に変わり「アンチ」へ変貌する人たちが多くなりました。

悪口を放置した場合のリスク

悪口を放置すると悪化する

「そのうち噂や悪口は消えるだろう」と放置することで更に新しい悪口が増えて風評被害が酷くなるケースが多発しています。特にSNS発信者は噂の中心人物になることが多くなりました。

悪口というのは、最近では学校や会社であからさまな悪口とはしづらくなってきました。表面的には普通の人間関係を形成しているのですが、裏ではSNSを利用し仲間内のやり取りで特定人物の悪口を話し合ったりしています。実際に悪口を言っていると、第三者に問題視される危険があるからです。

また会ったことはないが、いつも配信を楽しんでいるお気に入りのユーチューバーやTwitte発信者の人に「アンチ」は張り付いているのを見たことはないでしょうか?これらの「アンチ」もそれぞれの精神状態は異なっても相手を陥れたり状況が悪化することを待ち構えていることが多いものです。

放置していた場合、以下のようなさまざまな問題を引き起こします。

  • 嫌がらせに協力する人物が増える
  • 結婚、就職できない
  • 個人情報が拡散されている
  • 家族にまで悪影響が及んだ
  • イメージ信用の低下
  • いじめにあっている
  • 風評被害加速、拡散
  • 売り上げ低下、経営難
悪口は個人の感情的なものか、組織による意図的なものか

悪口の原因は、このいずれかを見極める必要があります。個人の感情的な悪口の場合、比較的容易に解決できる可能性があります。相手が「アンチ」や批判状態になった状況を第三者がうまく会話でキャッチボールすることで相手の「アンチ」を方向転換することが可能になるでしょう。

数人が悪口を言っているのは、相手が気に入らなくてそうなったのか、ひとりだけ浮いている、仕事があわず不器用で上司から睨まれている、会社で人が不要になったなどの背景によって最初から悪口を言うつもりだったのか冷静に見極めも必要です。

SNSでは匿名性・秘匿性が災いして過激で直情的な発言が頻発します。また集団で「アンチ」になり一見分かりづらいですが実は組織による工作員により「アンチ」活動に仕事として励んでいることが驚くほど多いのです。

悪口対策が必要な方へ

悪口による嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が悪口を言っているのか、犯人の特定や悪口の実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

悪口は複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

嫌がらせ相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

流れ
無料相談

悪口対策で選ばれる理由

安心の解決サポート

解決サポートは土日・祝日を含む365日、何度でもご利用可能です。追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者に直通つながるので、ご依頼者をお待たせしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者と調査責任者の複数体制で調査を進めて参ります。ご依頼いただいた案件は、複数の目で多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へ導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、ご依頼者がどのような被害に遭わされたのか、また、嫌がらせ内容や被害状況を徹底的に調査・分析します。そのうえで、無駄のない解決策を模索・検討し、調査方法をカスタマイズします。

5つの安心保障

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop