探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 嫌がらせ調査を依頼するなら理想の調査体制について知ろう!
公開日: 2018/10/11 最終更新日: 2021/10/06
探偵ニュース
 公開日: 2018/10/11 最終更新日: 2021/10/06

嫌がらせ調査を依頼するなら理想の調査体制について知ろう!

ご依頼者と調査担当の関係は、調査を担当に完全に任せるか調査担当と二人三脚で行なうかにわかれます。難しい調査、複雑な案件だと後者の方がいい結果に結びついています。ここでは、嫌がらせ調査を安心して任せられる理想の調査体制についてご説明致します。

2021/10/6更新  嫌がらせ調査の記事作成者について

嫌がらせ探偵調査を10年以上の経験者の指導のもと、嫌がらせ相談専門スタッフが書きました。お悩みを打ち明けていただくことが、大きなトラブルへの発展を防ぎ、問題を解決する第一歩になります。

問題解決できる理想の調査体制とは

探偵事務所に求める項目

こうであってほしい4つの項目

探偵事務所に「こうであってほしい」という依頼者の声です。皆さんの声も4つの項目に入っているのではないでしょうか。嫌がらせで調査を依頼することは人生のうち、あるかないかの異例の問題です。

  • 全て込みの料金体制がいい
  • 本当に解決できるか
  • 調査後のサポートをしてほしい
  • 嫌がらせが再発したらどうなるの

当然お金を支払うのですから、嫌がらせを解決してほしいと願うのは誰しも同じです。生半可な気持ちでは高い料金を支払ってまで調査を依頼しようとは誰も思いません。私どもの事務所では真剣に嫌がらせを解決したいお客様と真摯に向き合って調査をして解決してきました。

そのためご依頼者が探偵に依頼したいポイントを熟知しており、ご要望をクリアーできるよう日夜邁進しております。

本当に解決できるか

調査をお任せいただいたら、ひとつお願いがあります。それは依頼を受けたからには全力で取り組みますので、途中で「嘘の情報」に惑わされないようにしてください。

加害しているのも人ですし、調査している私どももまた人間です。また依頼者の被害によっては、複雑な加害体制となっていることもあり、一筋縄では調査が進まない過程もなかにはあります。正直なところ、ご依頼者のなかには少数ですが証拠がまったく撮れない方もいたことも事実です。しかし、多くの方が当事務所を利用して嫌がらせが終焉していきました。

調査報告が長引くと、途中で「もういいです!」と怒り出す方がいて、調査中でも放棄される方がいます。あるいは結局分割金のお支払いをいただけない方も証拠がとれていても残念ながら終了となってしまいます。

嫌がらせが再発したらどうなるの

この質問も実に多いです。当社を利用されるご依頼者は嫌がらせで悩まれている方が多いです。そのため加害が再発したらどうなるのか疑問を抱かれるのは当然です。

嫌がらせの再発は、調査後で双方話し合いにより解決した後に、ごく稀ですが加害が再発する方もいらっしゃいます。

もし加害が再発する場合、加害がもう二度とされなくなるまで何度でも当事務所で話し合いをして、必ず終わりにさせますのでご安心ください。

基本的には証拠を見せて双方話し合いがひとたびなされれば、嫌がらせが終焉し、再発しないことがほとんどです。

安心して調査依頼する為に

理想の調査体制とは

ご依頼した調査の早期解決のため有能なスタッフや機材を揃えているのは頼もしいことです。ですが、その後の生活など不安ですよね。

もし、復讐されたらどんな対策を行えばいいのかなどのアドバイスや、メンタル面のアフターケアを電話や無料通話アプリケーションなどで心境を伝える環境を整えている探偵事務所であれば安心して任せられるはずです。

理想の体制とは、ご依頼者との信頼関係を重視し、ご依頼者と二人三脚で問題解決に向き合う体制だといえます。

嫌がらせ加害側は、被害者にたいして「探偵に依頼しても無駄」「アドバイスを受けても無駄」というアピールを、意図的に見せるために目立たせる工作もできます。

藁をも掴む気持ちで被害者にたいして、「自分の嫌がらせは解決できないのでは?」と心理的に与える工作すらしてきます。

丸投げではなく連携が大切

調査前に加害情報をすべて教えてください。「いつから、どのようなきっかけで、24時間の間どこで誰が」仮におおよそ思われることであってもかまいません。調査中でも、今までと異なる加害をされるようになったら都度、調査担当者へご報告お願いいたします。よりよい解決にお客様のご協力が必要不可欠です。

見えない敵に怯える日々から、調査中は加害側と向き合う上向きの気持ちになってくるでしょう。そして調査が終わり証拠がとれることでようやく加害に向き合う日々から解放されて自由の身になるために。調査を依頼していただくことで、実際の変化を体感して頂きたいと願います。

少しの勇気が必要です

嫌がらせのきっかけはSNSからの侵入だったり、意外に目に見えない世界から浸透してくることもあるでしょう。最近の嫌がらせは、ネットでの風評被害や地域の回覧板、職場の中の趣味、宗教の有無から使える物はなんでも使って、嫌がらせターゲットを多くつくり、特定の人物を「孤立」に追いやるまで続きます。

目的はターゲットを陥れることですが、ビジネスとして継続をさせたかったりもします。嫌がらせを解決するのは困難でありますが、証拠さえあれば嫌がらせは終わります。

泣き寝入りする前に、少しの勇気を出して見ませんか?その勇気は調査に費やした時間や費用以上に大きな成果を出す力となるのです。

依頼前に確認すべきポイント

探偵事務所はどこも同じではない事実

ご自身が探偵や興信所業界(調査能力・実績等)を熟知していれば、調査士の能力や実績を見極めて選べばいいと思いますが、多くの方々はよく分からないと思います。では、探偵や興信所業界(調査能力・実績等)をよく知らない場合、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

  • 調査士の実務経験(経験年数)を確認する。
  • 調査士に解決事例を確認する。
  • 誰が調査を担当するのかを確認する。

ここで注意しなければならないのは、 ホームページ上の「相談実績〇〇件」「解決実績〇〇件」「〇〇を解決しました」「お客様の声」など、何の裏付けもない抽象的な「実績」や「解決事例」は参考にならないということです。少なくとも、裏付けのない「解決実績〇〇件」などの謳い文句は本気にしないで、直接確認した方がいいと思います。

嫌がらせ調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ対策で選ばれる理由

安心の解決サポート

解決サポートは土日・祝日を含む365日、何度でもご利用可能です。追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者に直通つながるので、ご依者をお待たせしません。

専属担当制サポート

嫌がらせ対策専門窓口は、担当者と調査責任者の複数体制で調査を進めて参ります。ご依頼いただいた案件は、複数の目で多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へ導きます。

徹底的に行う調査・分析

嫌がらせ対策専門窓口は、ご依頼者がどのような被害に遭わされたのか、また、嫌がらせ内容や被害状況を徹底的に調査・分析します。そのうえで、無駄のない解決策を模索・検討し、調査方法をカスタマイズします。

5つの安心保障

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop